第47話 ゆらりん♪


 裂け目の向こうに広がっていたのは河川かせんじきで、鉄橋の下だった。


 俺の目の前に、ゆらりん♪がいる。


 ゆらりん♪はこちらに背を向け、橋脚きょうきゃくを背に身震いする金髪頭の不良、坂口さかぐちを追い詰めていく。その横には、見覚えのある背の高い不良と太った不良が倒れていた。


「ゆらりん♪!」


 俺が呼ぶと、ゆらりん♪はゆっくり振り返る。


「……私は忙しいんだ。何か用か?」


 ゆらりん♪の声は冷徹れいてつ抑揚よくようがない。


「この二人は、お前がやったんだな?」


 不良の二人は倒れているが、胸を上下させて息をしている。


 その様子に俺は安堵あんどしていた。


 魔法少女には、手加減しても人をあやめる力があるからだ。


「この二人はただの見せしめなのだ♪ 罰とは、深さによって度量を決めるべきだろう? 彼らはただ群れることを考えて、コイツに従っていた頭の悪いだけのくずだ。そんな人間にチヤホヤされて調子に乗り、気まぐれに罪を重ねたコイツとは立場が――」


「ふざけんな! くそったれが!!」


 坂口がわめいて、背を向けているゆらりん♪に向かって走った。


 体当たりでもするのかと思ったが、それは違った。


 坂口の手には、きらりと光るナイフが握られていた。


「くらえ!!」


 脇腹わきばらにナイフを突き立てられたゆらりん♪だが、そのナイフはゆらりん♪を傷つけることはできなかった。


 それどころか、ゆらりん♪の肌に刃が負けて欠けてしまっていた。


「嘘だろ!?」


 そんなナイフを見て、坂口は狼狽うろたえている。


「くっくっくっくっく♪」


 ゆらりん♪は坂口の手に握られたナイフの刃先をつかみ、それを素手すでで握りつぶした。


 そのまま坂口をにらみつけ、


「私の体は魔術により構成されている。そんな私の体を傷つけるためには魔力を使うしかないが、コイツには理解できないだろうな? それにしても、見たか? コイツはこういう人間なのだ。追い詰められる状況になっても許しをうどころか新たな罪を重ねる。いじめを行った事のある人間が、どんな大人になるのかを過去の記憶から参照したが、どれもひどいモノだった。やはり人の本質は変わらない。つまり、コイツがこのまま生き続けること自体が悪なのだ♪」


 ゆらりん♪が杖のままのSOUNDサウンド CONNECTコネクトを振るった。


 それは坂口の腹を的確に捉え、坂口はその衝撃で後方へと吹き飛ぶ。


 そのまま橋脚に背中をぶつけた坂口は、カエルの潰れたような声を出して動かなくなった。


手加減てかげんしてもこのザマか。しかし、貴様も安心していいぞ? コイツはすぐには殺さない。自分の罪を自覚して、泣きながら許しを懇願こんがんしたら――そこでようやく殺してやる」


「……もういいだろ?」


 ゆらりん♪の肩を掴む。


 しかし、ゆらりん♪は俺の手を払いのけ、


「貴様に何が分かる?」


 そう吐き捨てた。


「貴様は部外者だから綺麗ごとが言えるのだ。ただの暇つぶしの為だけに虐められた宿主やどぬし様の気持ちは、貴様には理解できまい」


 ゆらりん♪はそう言って、改めてSOUNDサウンド CONNECTコネクトを持ち上げる。


「そんな気持ち、わかる訳ないだろっ!!」


 俺はゆらりん♪の背中に叫ぶ。


「でもな! 分からねぇからこそ、言える事もあるんだよっ!」


 開き直ってしまえば、当たり前の事だった。


 瀧本たきもとの気持ちは、瀧本にしか分からない。


 しかし、それで俺の気持ちが間違っていることには、絶対にならない。


「瀧本は苦しんだと思うけれど、まだ何も失っちゃいないんだ! どんな風に言葉を変えても、ゆらりん♪がしようとしている事は殺人だろ!? それはやっぱり罪になって、瀧本を苦しめるぞ。そんな苦しみまで、瀧本が背負う必要なんてない。今ならまだ、引き返せる!」


 ゆらりん♪の背中が震えている。


 振り返ったゆらりん♪は、口をひん曲げた笑みを浮かべていた。


「宿主様の感情は――理由のひとつに過ぎん。こんなくずどもを相手に苦しんでいる人たちを、私は助けたいのだ。今の私は間違っているかも知れん。それに私は感謝をされようと思っている訳でもない。私が罪をかぶることで、少しでも被害者ひがいしゃを減らしていけるのなら、それは私には価値のあることだ。それが、私がここにいる意味なのだ。だから、私は止まらない」


「……止まれないなら、俺がお前を止めてやる!」


 ゆらりん♪が俺を見据えた。


「くっくっく。次は手加減してやらんぞ? バトルモード」


 SOUNDサウンド CONNECTコネクトが変形し、巨大な斧へと姿を変える。


STARスター LIGHTライト! バトルモード!」


 STARスター LIGHTライトの先端がとげの数を増し、槍状のモーニングスターへと変わる。


 俺はそのまま腕を伸ばし、リーチ差を生かして先制攻撃に移った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます