光の示す道の先―④―

バンクーバーを巡る事件で、TPTP参入を目指さんとする、韓国の財閥、政界、官僚の醜聞も明らかとなった。


其々を代表する御曹司だけでなく、までもが、の青いSUVにで縛り付けられ、市街のど真ん中で、今朝、発見されたと掲載されていたのは、情報誌の第二面。


市場に出回っていない青いSUVが見舞われた、惨憺たる経緯に関して、ロックの預かり知ることでは無かった。


だが、ドラ息子と父親達の顛末は、の方が紙面よりも語れることだろう。


特に、ブルースは語れるどころか、に、彼らの父親――韓国の経済官僚、政治家、車会社社長――を張本人だからだ。


のか、のか、父親たちは打撲に裂傷で済んでいます。息子たちの診断にはの他に、も加わっていましたが


レイナーズ署長が、公式発表で簡潔に伝えた。


不良息子たちの性暴行の訴訟、兵役逃れの海外滞在――しかも、良心的兵役拒否でなく、――は、韓国の徴兵制に、疑問を持つ多くの知識人たちの反感も買ってしまったので、カナダと韓国の双方から追われることになるだろうと、二面は締めくくった。


無論、電脳世界にもこの動きは波及し、父親たちの韓国での悪事も明らかとなったので、彼らの安息の地は、と言ってもも、付け加えて。


同誌は、イーストヘイスティング通りストリートと南市街の周辺の土地の価格評価に大学も関わっていたことから、知識層の既得権益を狙った構図という批判の矢面に立たされていた。


“ウィッカー・マン”来襲後の市民生活に関わってきた”ベターデイズ”もと見做され、その在り方についてまでもが、槍玉に挙げられた。


“ベターデイズ”は、”ウィッカー・マン”被災者の救済の他に、配偶者暴力の避難場所、性的多様性を尊重する活動も行っていた為、その方面への影響が懸念されていた。


“バンクーバー・コネクション”の呼んだ関心は、“UNTOLD”と接点のあったカラスマの活動だけでなく、彼女のにもその矛先が向けられようとしていた。


“ブライトン・ロック社”と”ワールド・シェパード社”はそれを防ぐ為、彼女の子供は施設に送られることになった。


エリザベスの肝いりの場所らしいので、情報漏洩の心配も無いだろう。


また、”A Flash Of Nano”誌は、ロック達とリリスの戦った場所から、人間たちが保護されたことも伝えた。


 路上に敷き詰められたから発見された人々は――警察の身元調査によると――”の行方不明者本人であることが明らかとなった。


健康診断と共に、今後の生活を含めた支援が、市と”ワールド・シェパード社”の主導で進められる。


だが、彼らの政治的権利に付け込んだ政治闘争の動きを警戒して、記事は終わった。


”である、サロメの拠点を捜査したが、もぬけの殻だったと、ロックは報告を受けた。


“鬼火”ケネスの襲来によって、消えたキャニスの遺体と彼女の命導巧ウェイル・ベオの行方も知られていない。


何より、サロメの安否と、リリスの逃げ場所が、現時点でも未解明である。


“救世の剣”に入り込んだリリスに、ロックが攻撃を加えた後、サロメが体を差し出した所に放たれた、サミュエルの一撃を、彼は確かに見届けた。


だが、誰も彼女たちのを見ていない。


“救世の剣”のも発見されていない。


サロメに協力していた者達に、彼女との関係に加え、消息も含めた尋問が、現在行われている。


カナダと合衆国に加え、大西洋を横断する形で行われているが、有力な証言を得ることは叶わないだろう。


“A Flash Of Nano”誌を閉じようとしたロックの両手が、止まる。


彼の眼を引いたのは”深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイドについての記事だ。


欧州に”救世の剣”が到来した”ワイルド・ハント事件”以前より、彼の存在が確認されていることが書かれていた。


行政機関や経済団体に加え、”市民たち”は、彼に評価を下すことを求めた――つまり、と。


現に、電脳空間内でも、その名を知る動きが後を絶たない。


その正体については、徹底して秘匿されている。


仮に、ロックの顔を撮影し、画像検索に掛けても、画像検索用に用意された疑似人物ダミープロファイルが現れる様に、”ブライトン・ロック社”が電子空間内で隠蔽工作を行っていた。


名前に至っても同じであり、”ワールド・シェパード社”の情報分析部門の”ハティ”にも、ロックに関する情報を削除するよう、”ブライトン・ロック社”が働きかけた。


正体ロック=ハイロウズを見つけ出すことは、一般人は愚か、当事者でも困難となっていた。


“A Flash Of Nano”誌は、


深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイドと言う名がある限り、その名を背負う者が、を名乗る日は来ないだろう。UNTOLD語られざる力と向き合うことは、自らもUNTOLD語られざる者とならざるを得ない。しかし、深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイドUNTOLDとなる語られない日々が訪れる時、一人の市民として、あなたの隣に現れるだろう……朝の珈琲を片手に』


 そう記事の最後は、”ジェニー=オースティン”の名前と顔写真で飾られた。


――……手掛かりとしては、


苦笑いしたロックは、雲一つない空から照らされた日光に目を奪われる。


二つ折りした”A Flash Of Nano”誌を日傘代わりにして、考えた。


雨が止んで以来、ロックはフラッシュバックに悩まされることは無くなった。


サキの二つの命熱波アナーシュト・ベハも会話をしなくなったらしい。


だが、シャロンは、


「ロックの命熱波アナーシュト・ベハは相変わらず、半々。サキの体にも命熱波アナーシュト・ベハが二つある。その事実は変わらないよ」


 彼らの、”ウィッカー・マン”の動力炉が見える体質は変わらない様である。


 シャロンが“ウィッカー・マン”から得たを、ヴァージニアのフォトニック結晶の粒子で投影したサキは、電子励起銃を放った後、眩暈と共に倒れた。


 シャロンによる命熱波アナーシュト・ベハへの補助を以てしても、サキの守護者たちの制御が侭ならない事実に、エリザベスとナオトは、サキ専用の命導巧ウェイル・ベオの製作を急がせた。


“ブライトン・ロック社”と”ワールド・シェパード社”の二社による初めての命導巧ウェイル・ベオ製作計画――その名は、計画プロジェクト名は”信念フェイス”と付けられた。


 ミカエラは計画の被験者として、サキを契約社員としての雇用を決定。


学業との両立もあるので、その補填はどうするかは、近い内に伝えられるだろう。


――、か?


ロック達の戦いで、バンクーバー市はとは言えなくなるだろう。


イーストヘイスティング、南市街に加え、今回の“ウィッカー・マン”との戦いの爪痕を刻まれた場所は、まだ多く残っている。


そんな中、命を落としたキャニスへの弔いも、ロック達は満足に出来ないでいた。


“ワールド・シェパード社”――特にミカエラ――は、バンクーバー市の出来事に関しては、”ブライトン・ロック社”と協調路線を取ったが、ロック達を含めた”UNTOLD”への敵意は変わらない。


リリスとサロメの影は消えた訳ではなく、“ホステル”は組織として健在。その中の構成員が、ロックとサキへ干渉する為に、手薬煉引いているのも事実である。


先行きに立ちはだかる不確定要素群を考えていると、陽光がきつくなり、思わずロックはサキに目を向けた。


自分よりもイーストヘイスティング通りストリートを進んでいると思っていたら、彼女は立ち止まって左右に首を振っていた。


「……どうした?」


 ロックの呆れた声に、


「……分からないのです、ロックの家」


 サキが声を小さくして、項垂れる。


彼女の肩穴カットアウェイ・ショルダーから伸びる翼の様な両袖も、彼女の頭に倣った。


 TPTP加盟国ばかりでなく、世界中から寄付の受付と、開発についての会議が重なり、当面は、”ワールド・シェパード社”のナオト寄りの社員と、”ブライトン・ロック社”が贔屓にしている建築会社が、”ウィッカー・マン”占拠で放置された市街の整備に駆り出されていた。


”にあったロックの家も、”ウィッカー・マン”襲来時から放置されている。


 そう考えるロックを他所に、


「ロックの家、見てみたいかな……」


 サキが、突然言い出したのだ。


「家に帰れるなら、行っておいた方が良いよ……」


 本土でも、帰る家を失うことになったサキの言葉は、ロックに反論の余地を与えなかった。


 ナオトとエリザベスは、サミュエルとシャロンも合わせて、一時帰宅という名目で、イーストヘイスティング通りストリートへ立ち入る許可が下りた。


 行先は、筈だが、弟が一緒に来ることは叶わなかった。


望楼ヴェルヴェデーレ”は、”ブライトン・ロック社”や”ワールド・シェパード社”からも追われている。


サミュエルとシャロンは、事件が終息に近づいたことがわかると、姿を消していた。


――生きてりゃ、何時かだろ。


 そう思いながら、ロックが、サキを案内することになったのだが、


「道も分からずに飛び出す馬鹿がいるかよ?」


 鼻を鳴らして彼は、サキの前に出る。


 彼の眼に伸びる、陽光に照らされた瓦礫の通りストリート


 振り返りつつ、サキが自分の後から付いて来る姿を捉えた。


 柔らかい春の陽気を彷彿させる、サキの柔和な笑み。


彼女の黒真珠の瞳に映る、紅い外套の少年。


サキの双眸の中に映るロックの顔は、微かに笑っていた気がした。



 

End



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

クリムゾン・コート・クルセイド アイセル @Aethir0034

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画