閃刃―⑨―

スプリングプレイス・ホテル 駐車場


 雨の湿気と空調設備の臭いが、プレストンの鼻腔を突く。


「大丈夫です、お嬢様。サキ様」


 そういって、プレストンに続いて出てきたのは自分が仕える少女たちではなく、五人の屈強な男たち――”ブライトン・ロック社”の私服警備員だった。


 アニカの盗聴によって、サキの安全が脅かされた今、拠点を変える必要があるというのが、主人の意向である。


 街全体は、非常事態とも言えた。


 その為に一般人の外出が規制され、屋外の住民も、商業施設に避難するよう、行政と”ワールド・シェパード社”から指示が出ている。


当然、スプリングプレイス・ホテルも避難場所に指定されていた。


「ブルース達と連絡が取れない。それに、ロック達も」


 プレストンは、アニカを届けた後のエリザベスの言葉に顔を曇らせた。


 戦闘要員が大幅に減らされている状態では、このホテルは敵の手に渡ったも同然である。


 アニカを部屋に留めた後、彼らはサキに今の状況を話した。


アニカが情報を流していたことは、無論伏せている。


他人の為への献身を追及する彼女に、その話題は、精神の平安を崩す以外の何物にもならなかった。


 改めて、話す機会を設ける必要がある。


ついでに言えば、それが出来る場所と時間も。


少なくとも、それは此処でもなければ、


 プレストンとエリザベスに加え、ロック達とも打ち合わせているが、この場合は、郊外のリッチモンドへ行く手筈になっていた。


 コンドミニアムの様に、生活用品が揃っていないので、当面、移動の自由は制限される。


 サキもそれを理解しているのか、拒否の言葉もなく、駐車場に来ていた。


 エリザベスは、何時ものファーの付いたジャケットを着たままである。


サキの恰好は、アニカの洗濯した衣類から、トレーナーを着せた。


 衣類に盗聴器が仕掛けられた形跡は、さり気なく見た限り、確認されていない。


 サキへの良心がアニカの中で働いたのではと、考えながら、プレストンは前を向いた。


 五人の護衛の男たちが、駐車場で並ぶ、市民を確認。


彼らの頷きを見て、プレストンは主人の為に、扉を支える。


 エリザベスと共に出てきたのは、フードを被り、帽子を深く被ったサキだった。


サキ自体が、存在どころか一呼吸も含めた全てが、地元の眼を引く存在である。


その姿のまま外に出たら、市民たちがそれに様々な反応をする。


ある者は、拠点の安全性が損なわれることを恐れるだろう。


また、ある者は、「グランヴィル・アイランド崩壊」の後ろめたさに逃げたと受け取り、市民裁判染みたことを起こしかねない。


 そこも理解しているのか、サキの着替えは上手くいった。


――殆ど、疲労による思考停止かもしれませんが……。


 プレストンにエリザベスは、サロメが糸を引いている事件で、てんてこ舞いとなっている。


その際に起こり得るを、想定し避けることに尽力していた。


だが、サキは当事者である。


疲れは、自分たちよりも多大かもしれない。

 

それでもサキは、


「私が前に行きます」


 疲れから来るとは言え、その時の声は元気で凛としている。


プレストンは、不思議とそう感じていた。


 彼女を前にして、エリザベスと共に歩く。


 地下駐車場を歩きながら、客室はおろか、フロントにも入れない避難者を見回した。


携帯端末の動画を見る者もいれば、配給されたサンドイッチを摘まむ者もいる。


 警官、”ワールド・シェパード社”隊員、ホテルの従業員達に、不満の声をぶつけている者も後を絶たない。


 プレストンは、喧騒を避けようとしたが、黒犬耳の隊員に老紳士の一歩先を塞がれた。


「失礼、どちらへお越しでしょうか?」


 男性の声で、訛りは無い。


「私たちは――」


「エリザベス=ガブリエル=マックスウェル殿に助力を申し出、本部に連れて行くところです」


 プレストンの声を遮ったのは、サキだった。


「”ブライトン・ロック社”に、バンクーバー市への協力……その為の障害を、取り払う。その協力を仰いでいました」


 プレストンは、サキの言動に息を呑む。


 サキが、


“バンクーバー市への協力”という、彼女の言葉。


主人であるエリザベスから、ホテル”ウェイブ・スウィーパー”の会合で、”ブライトン・ロック社”の知る情報を全て差し出す様に圧力があったことを、プレストンは聞いていた。


プレストンの隣で、目を見開いた主人の少女。


それは、サキには話していないということを表していた。

 

 主と同じく不可解さを抱えるプレストンを他所に、


「……サキ=カワカミさん。あなたのことは存じています。謹慎中の身で、こちらにおられることも。しかし、あなたが、そこまでのことを行う必要はありません」


 犬耳姿の兵装の声は、冷徹にサキの言葉を返す。


 謹慎先として”ブライトン・ロック社”の施設とも言える、”スプリングプレイス・ホテル”に、サキがいるのは結果論だ。


注目を浴びたからと言って、結果を出す必要性はない。


その点で、目の前の”ワールド・シェパード社”社員の指摘は正しい。


 しかし、


「いえ。避難をしている市民の為に出来ること。それは、”ワールド・シェパード社”社員として、障害を取り除くことに務めることです。謹慎を受けている者が、『』という理屈はありません。違いますか?」


 そう言って、サキはフードを取る。


 彼女の姿を見て、周囲は騒然とした。


「私は、市民とは言えません。しかし、ここにいる以上、この街で、本当に出来ることを明確に提示している者に、電話だけで済ませる。更に、謹慎中だから黙ること。それが、協力関係と言えますか!?」


 プレストンは、サキの凛然とした口調に息を呑む。


 自分はサキを含め主人であるエリザベスも、守る。


エリザベスも同じだったろうが、それは、あくまで市民の眼を逸らす為のものだ。


 だが、サキは違う。


 自分たちに守られるだけでなく、周囲も頭に入れている。


 市民の為と言いつつ、小手先で誤魔化す者は多いが、彼女は自分を理解し、その目標を示していた。


 サキの凛とした声が、駐車場にいた避難者の顔を上げる。


 その視線が、サキを守る後光の様に、彼女の足を止めた男に注がれた。


 犬耳兜の男は戸惑いながら、通信装置に連絡を入れる。


 数人の”ワールド・シェパード社”社員たちが、集まり始め、


「……わかりました。車を回すよう手配します」


 犬耳兜は右手を兜に抑えながら、言葉を交わしてプレストン達を先導。


 ”ブライトン・ロック社”の護衛の男たちを挟む形で、”ワールド・シェパード社”兵士も合流を始めた。


「エリー、プレストンさん……ごめんなさい」


 サキが小声で、俯く。

 

「場所は違うところよね……これから――」


「いや、本部だ」


 プレストンは、主人の言葉にも驚かされた。


だが、音量は抑え、兵士に聞こえない様に戸惑う執事に、エリザベスが耳打ちしてくる。


「どのみち、ロック達と連絡は取れない。ナオトもな。恐らく、サロメ関係に加えて、”ワールド・シェパード社”の一部が、その原因に大きく絡んでいる。この場合は、少しでも高い場所から見た方が良い」


「追うものの懐に飛び込む……。敵陣に入りますが、確実です」


“ブライトン・ロック社”と”ワールド・シェパード社”は、”ウィッカー・マン”を含めたUNTOLD関係で協力を結んでいる。


今回の出来事によって、以前の取り決めが反故になることは無いだろう。


「それに……サキが顔を見せても、誰も銃を構えるどころか、未だに。彼女の活躍についての評価と謹慎処分を支持する者の膠着は思った以上に尾を引いている」


 エリザベスの言葉に、プレストンは舌を巻いた。


 ナオトの様に、サキを擁護するもの、そうでないものが”ワールド・シェパード社”を二分化している。


だが、どれだけ得体が知れなくても、”ウィッカー・マン”の弱点が分かる少女を処理するようなことをすれば、分裂は、に発展するだろう。


行き過ぎた戦力は警戒される。だが、使えると判断出来れば、話は変わって来る。


「どう出るかが分からなければ、行くしかない」


「恐れていたことが……起きましたな」


 少し前に触れた、サキがエリザベスからの悪影響を受けることの懸念を、皮肉で言ったのを思い出した。


「違うな、プレストン」


 エリザベスは、首を振って笑顔で、


「私がサキの影響を受けたのだ。良い方向に、な」


 兵士がプレストンたちに向かって、


「用意できました。こちらへ!」


 兵士たちも集団で、囲む様に、プレストン達を地下駐車場から案内した。


 バンクーバーの雨が、止む気配はない。


 それどころか、雨脚は強くなっていた。


 冬梅雨は、春の訪れの前に訪れる冬の洗礼を思わせる寒さがある筈だが、


「温かく感じますね……」


 プレストンは言いながら、5人の護衛を見る。


サキとエリザベスを背後にしながら扇のように広がっていく。


犬耳の兵士たちも言葉を交わさず、扇形に広がる護衛の反対側に構える。


 ちょうど、一人の老紳士と二人の少女は、異なる陣営の背中を見守る形となった。


「人の出入りが激しくなっている……街がそれだけ、混乱しているからな」


 エリザベスは、サキに背を向けて話す。


「……それだけじゃない」


 サキの言葉に、プレストンはふと背筋が寒さを覚えた。


忘れていた雨の冷気が戻る感覚が、老紳士を呼び覚ます。


「血の様に雲が流れ、息のような温かい湿っぽさ……」


 サキの歌う様な口調に、エリザベスの鋭い目が、大きく開いた。


 プレストンは、雨がふと背中のジャケットに入った様に感じる。


 降りしきる大雨の小さな一滴のように、象牙眼の女がサキの背後に降り立った。


「撃つな!」


 一瞬の内に行動したのは、エリザベスだった。


 犬耳とジャケットの護衛の構えた得物が、プレストンの女主人の凛とした声に制される。


だが、彼女の一言よりも速きに制したのは、サキの背後から飛び散る血潮だった。


「……これで、完遂――」


 金色の砂を体の至る所から血の様に流しながら、象牙眼の女――サロメ――が崩れる。


 プレストンの前で、サキは痛みに叫ぶ時間も与えられず、白と黒の光の奔流に呑み込まれた。


やがて、彼女の周囲に二色の光の柱が立つ。


二柱は天に突き刺さらん勢いで、街を覆った。


「サキ……この命熱波アナーシュト・ベハは……?」


 隣にいるエリザベスの言葉は、プレストンの記憶を思い出させた。


 スコットランドのダンディーを壊滅させかけた、破滅の光とその担い手。


 プレストン達の前で、サキの姿はいなかった。


 光が女性の体を作り、満月色の眼が輝く。


月白色の肌が、サキの上を包み込み、生まれたままの姿を作った。


薄掛かった夜色の肌の上を、星なき夜の黒が食い込む。


黒に浸食された豊満な胸から臀部は、月食色の真珠に覆われた。


月白色と月食色に彩られた女は、整った目鼻の下で、紅く吊り上がった半月を描く。


月輪の様な髪が、彼女の首筋を覆った。


 老紳士と女主人が見上げる女は、艶めかしくもどこか、作られた均整を感じさせる。


浮かぶ均整から放たれる芳香から、プレストンはとはを思い出した。


 エリザベスと出会う前、伴侶としていたから香る


 プレストンの隣で、エリザベスが苦々しく吐き出した。


「……リリス」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます