閃刃―⑧―

午後9:37 スプリングプレイス・ホテル フロント


 ホテルの受付に殺到する人々の顔は、行き場のない感情に染まる。


その中で子供をあやす母親は、憔悴し切っていたが、何処か安堵を抱いた表情を浮かべていた。

 

プレストンは、そんな人々の織り成す喧騒の中で考える。


 トルストイは、著作“アンナ・カレーニナ”で「幸福な家庭は全てよく似たものであるが、不幸な家庭はみなそれぞれに不幸である」という言葉を冒頭に置いた。


しかし、プレストンはそのことに疑問を持っていた。


は、


言葉は一つの様であるが、その取り方は多様。“幸せ”と言う文字を見ても、主観的では必ずしも、


他者の幸せを自分と共に感じることが出来れば、それを受け入れられない者もいる。


幸せを享受者と、不幸せな自分の現状を比べて貶めるものもいれば、幸福を向上させようというものいる。


 そうして、世界は変わっていく。


自分が目の前のものを選び、考えながらそこから広がる新しい道を歩いていく。


この向かう方向が同じであることを鑑みれば、幸福が同じに見えるトルストイの冒頭は正しいが、とも言えた。


幸福が、成功の果てに得たか、失敗から生じたものであれ、当人が何らかの意味を見出せば、先へ歩める。


 その体現者が、今の主人のエリザベス=マックスウェルだった。


彼女の知己である、ブルースと彼の下で働くロックに加え、主人を友として認めるサキ。


 人生の質を求める求道者が、集うのは、その方向性を同じとしているかもしれない。だから、喧騒の中で、唐突に、彼は戸惑いを覚えた。


――アニカさん……?


 プレストンは、自分が公平であると断言はできない。


しかし、人を個人として扱い、労務とそれ以外の切り分けは出来ている自負はある。


 だから、アニカが後ろめたさで、顔を曇らせているのが、プレストンの眼を一際引いた。


客室清掃員の東南アジア系の女性が、周囲を見ながら歩く度に人波が少なくなっていく。


 プレストンは彼女に気付かれない様に、後を歩いた。


それが、外れて欲しい。


しかし、


トルストイの著作の主役、アンナ・カレーニナに忍び寄る破滅の影を、アニカから感じ取った。


「アニカさん……」


 プレストンの声が、人気のない通路で響く。


 その声に、後を付けられた中年女性は、振り向いて目を強張らせた。


 彼女の右手には、同じ大きさの携帯端末が握られている。


「サキ様の部屋に盗聴器を仕掛けられたのは、貴女だったのですね……」


驚愕の余り、プレストンは声に感情を含ませることが出来なかった。ネクタイとベストを纏ったプレストンの感情と抑揚のない顔を、見開いたアニカの目が離さない。


 ロックとサキが、会話をしている間、情報通信端末を見ていた。


予定の確認の他に、”ワールド・シェパード社”の活動も監視するためだ。


バンクーバーは、TPTPの元で行われている実験都市であり、”ワールド・シェパード社”はその前線に立っている。


しかし、”ブライトン・ロック社”は、冷戦期のフォークランド、中東で無人爆撃機の操作に必要な情報処理も行っていた。カナダは、英連邦の関係もあり、海外市場での影響力も衰えていない。


実質、バンクーバーは、英国と環太平洋国家のどちらかが、”ウィッカー・マン”を倒すかの、覇権戦争の舞台となっている。


 そういった場所で、長期滞在が出来るだろうか。


 方が、早く、且つ現実的だった。


「wifi回線を使うのは良いでしょう……しかし、目的別に端末を用意されることをお勧め致します。まして、を使うというのは、良い考えではありません」


 プレストンが、ロックとサキを監視していた時に、見つけたのは、”ブライトン・ロック社”の情報端末用の基地局で暗号化された記録だった。


解像度や音質を上げると言うことは、その分を意味する。


複雑化すればするほど、その情報はモノとだった。


「本来こういう任務は、誰かの用意したものを使う筈です。従業員用のネットワークを使ったということは、それほど、逼迫され――」


 プレストンの言葉を、携帯端末の床に落ちた音が遮った。


東南アジア系の清掃員は一本の短剣を両手に握り、老紳士の心臓を狙う。


 彼女の眼は鋭く、短剣の切っ先も一心不乱。


 だからこそ、彼女は気づけなかった。


 プレストンは、アニカの短剣を握る両手に、自らの両手を重ねる。


彼は一呼吸も入れず、彼女の褐色の両手を押し出した。


 中年女性は、後へ引っ張られるかのように、盛大に倒れる。


 人間が、安定して掛けられる重心の広さは、肩幅ほどだ。


だが、攻撃する際はどうしても、に重心がずれる。プレストンは、彼女に掛かる重心を背後に流したのだ。


 短剣の落ちる音が、廊下に響く。


 痛みに歪んだ東南アジア系の従業員が膝を付くと、プレストンは右足で短剣を自分の方に寄せた。


「貴方たちは……危険よ」


 アニカの吐き出した顔から、南国の太陽を思わせる包容力は消えている。


 プレストンは、短剣を拾う様に目をやりながら、


、あなた達のことを聞いたわ。サキちゃん……あんな酷いことになっても、優しいわ。何故、あなた達は、あんなに冷静になれるのよ!」


 プレストンは、アニカにを見た。


 眼の前の東南アジア系の女性に、娘がいたことを思い出す。


 大学を卒業して、就職が決まったことも。


 プレストンも何回かその話題に触れたことはあった。


「娘」と言う意味で言えば、自分の娘や、今仕えているエリザベス=ガブリエル=マックスウェル、アニカの娘やサキは、彼女と同じ話題で共有されたである。


「こんな世の中でも……移民でも、働きづめで、ここは良かった。でも、それでもお金は掛かる。学生ローンの支払いも、子供だけではどうにもできない」


 高等教育と将来への保証。


 それを確約する為の未来の値段は、高く付いた。


 人として裏切るには十分すぎ、プレストンにとって驚くことは無い。


だが、アニカの口から出た言葉は、老執事を突き刺した。


「あなた達と接して分かった……。あなた達は、人を選ぶ理屈を探している。為に、全てを切り捨てる真似をしている。私と会ったサロメも……。あなた達は、それだけで傲慢なのよ!」


 アニカの叫びは、プレストンの息を呑ませた。


 サキの留学と現地での生活。


 サキはその中でも、良い成績を収めていた。


だが、結局プレストン達の都合の良い方向へ、サキを導いている事実は変わらない。


「サロメに、あなた達は……サキちゃんに何をさせようとするの。あの子は……ただの、よ。一体、何をさせようとしているのよ!?」


 アニカの恐怖に歪んだ顔に、悲しみの色が宿り始める。


 だが、褐色の中年女性は、敵意の視線を、プレストンの背後に向けた。


 プレストンも背後の闖入者に驚き、息を止める。


 エリザベス=ガブリエル=マックスウェル。


 顔色が陰に隠れていて、表情は見えない。


 プレストンは、感情を見せない主の意図を見守る。


 その主人を見るアニカが、体を動かした。


――お嬢様!?


 身構える彼を、制する主の視線。


 エリザベスは、そうして老紳士に無言の諫言を放つと、懐から紙束を取り出す。


 それをジャケットの懐から取り出したペンを紙の上で流した。


「サキを…………心に留めてくれて、ありがとう」


 紙束をちぎって、アニカに渡す。


 プレストンの眼に映ったのは、小切手だった。


彼女の労働契約で得られる報酬の倍と、その他が加えられた額が記されている。


「サロメの……報酬より上ね。私は、お金を捨てられない。それもお見通しよね。サロメもあなた達も悪魔よ……人を制御できると、見るもの全てを変えられると思いあがっている!」


 エリザベスは、何も返さなかった。


 プレストンは、小切手を見て蹲るアニカに避難場所へ行くよう、促す。


 歩き出したアニカは、呪詛を吐き続け、二度とプレストンを見ることは無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます