閃刃―⑤―

午後 9:11 ハロ通りストリート

 

 雄羊の角が生えた美貌に、一筋の金色が疾走はしる。


 サミュエルの大鎌型命導巧ウェイル・ベオ “パラダイス”の一閃が、サロメの整った鼻梁より上を、胴体から切り離した。


サロメの下顎の切断面から、金色の砂が零れる。


金砂波刃スピール・オー。”リア・ファイル”のナノ強化させた特殊研磨剤を”パラダイス”の刃に乗せた攻撃だ。


三日月の様に反った大鎌は、相手の行動を奪えても、


研磨剤に仕立てた砂塵を刃の上に奔らせることで、古典で描かれた”死神の大鎌”を唯の””に終わらせず、確実な死を与える逸品にサミュエルは仕上げたのだ。


口と胴体を残したサロメの背後から、二つの羊頭蓋の眼光がサミュエルの眼と交錯する。


放たれた銃弾が、サミュエルに斬り離されたの肢体に、無粋な穴を複数開けた。


 捨て身どころか、を取るサロメに、サミュエルの中で、怒りの代わりに嫌悪感が渦巻き始める。


 象牙眼の中で、嫌悪感に歪むサミュエルに銃弾が迫る。


一発目は、左肩。


右太腿は二発目で、三発目は彼の額だった。


 サミュエルが気合を入れ、左手の掌底を顔面に突きつける。

  

左肩と右腿から奔る灼熱に耐えながら磁向防スキーアフ・ヴェイクターの防壁を展開した。


額への銃弾が跳弾に変わり、別のサロメの喉を貫通する。

 

 兄のロックとロブソン通りストリートで分かれて以来、サミュエルは、その向かいの住宅街の密集するハロ通りストリートで、サロメの大群を迎え撃っていた。


 ”ウィッカー・マン”と人気の多い道路で戦っている限り、市民を守る警察と”ワールド・シェパード社”を意識せざるを得ないだろう。


そんな彼らは、サミュエルにとって、足止めにしかならない。サロメが、避難をしている市民に紛れて、奇襲を仕掛けることは明白だった。


加えて、兄の様に”ウィッカー・マン”の熱源も見られない為、市民に変装したサロメを攻撃する度に、一般市民も巻き添えにしてしまう。


殆どの市民が外出を禁止され、誰もいなくなった住宅街に囲まれた裏通りは、サロメと戦う上で、サミュエルとシャロンに好都合だった。

 

しかし、それでも贅沢を承知の一言だが、


――やっぱ、多いかな……。

 

大通りから離れた路地で戦っている為か、狭い。


サロメが押し寄せ、ロブソン通りストリートやバラード通りストリートへの道も塞いでいるので、加勢も望めない。


現に、シャロンは、サロメ達の壁に阻まれ、サミュエルの元へ駆けつけることも出来なかった。


大勢のサロメに囲まれ、彼女の滑輪板による攻撃も活かせない。


シャロンはその一体を押し退ける為に、滑輪板を振りかぶる。


しかし、背後から来たサロメの圏の斬撃を受け、彼女の滑輪板を持つ手が緩んだ。背中の傷跡を守る様に後退したが、背後のサロメ達に挟み撃ちにされる。


シャロンの目印である、白と水色の尖がり帽子が、象牙色の眼の人形たちの波に呑まれた。


加えて、サミュエルも散弾銃の利点を活かせる、見晴らしの良い高所への移動もサロメ達に阻まれる。


その上、サミュエルにはがあった。


 彼の四方を挟む様に、サロメの恰好をした”フル・フロンタル”が距離を詰める。


右手の有角羊のしゃれこうべが、細い腕の胴体で鎌首を擡げた。


 サロメも馬鹿ではない。


自分の複製で、数を押しながら、味方も顧みずに混戦へ持ち込める利点を活かしていた。


 羊の角が、サミュエルの顎の先を擽る。


だが、サミュエルの金色に輝く大鎌の方が、角の刺突よりも速く、象牙眼と石榴色の唇の頭部を切り離した。頭の消えた、細い喉に鎌の刃を引っ掛け、背後のサロメの集団に放る。


空中で弧を描いたサロメの体は、申し訳程度に隠した臀部を晒しながら、もう一人のサロメの刺突に貫通された。


「女を粗末に扱う態度は、兄から遺伝したのですね?」


 三体目のサロメが蔑みながら、猛禽を思わせる速さで、左の羊頭圏を放つ。


「同じ顔の人海戦術を使って、二枚舌に、フェミニズムは不要!」


 サミュエルは、”パラダイス”の鎌を畳み、散弾銃部分の銃把をサロメの圏に当てる。


圏の羊の頭蓋を壊しながらサミュエルは一撃を流し、彼女の右手ごと撃ち抜いた。


 白磁の右腕と肩を抉ると、硝煙の臭いがサミュエルの鼻を突く。


サミュエルは時計回りで、サロメの残った左手の大振りを、鎌で受けた。


微かに斬撃の衝撃が銃身を伝わるのを確認して、サミュエルは彼女を突き飛ばす。


 鎌を畳んだ”パラダイス”の銃口から、砂塵が噴き出した。


金剛風波スプレア・ガイエッフ

 

 ”リア・ファイル”を研磨剤にした砂塵風射サンドブラストの発砲である。


砂塵風射サンドブラストは、風で砂が削り取られる様から由来。圧縮機から放たれる高圧力の砂は、錆取、塗装はがしや下水管の清掃、石材の加工にも用いられている。


しかし、その真価は、圧力で限界まで強化された貫通力と、衝突時の熱力の拡散による殺傷力にあった。


金色の一擲が一体のサロメに直撃し、周囲から来ていた他のサロメ達も、粉塵の爆風で吹き飛ぶ。


 サミュエルは、”パラダイス”の鎌を再度起立させ、サロメ達の両手の羊頭を睥睨した。


 ”スウィート・サクリファイス”。


 サロメが、”ブライトン・ロック社”より盗んだ圏型の”命導巧ウェイル・ベオ”。


サミュエルは”望楼ヴェルヴェデーレ”で、その存在を聞いたことがあった。


本来は、接近戦で刀剣類を弾きながら、命導巧ウェイル・ベオの熱力を使って、攻撃を加える。


圏と言う武器は、その特性上、大勢の攻撃を切り抜ける混戦用の筈だった。


それに、銃を付けた命導巧ウェイル・ベオで、ロックやサミュエルの得物よりも容易な構造から、大量生産も望めた武器である。


それどころか、生産見込みが出る以前から、既に


そういった利点の目立つ武器であるが、サミュエルの心中は、


――想定していたものよりも、使い勝手が良くない。それに――。


 サミュエルが考えていると、象牙色の煌きを放つサロメの両腕の羊――その二対の角から、放たれた。


 サミュエルは、右手から磁向防スキーアフ・ヴェイクターを浮かべながら、宙で止まるナノマシンで強化された弾丸を見る。


 弾丸は、サミュエルの喉と肺を捉えていた。


――急所を狙って来た……!?


 戸惑いを他所に、サミュエルの背に灼熱が降り立った。

 

サロメの右から振りかぶった斬撃に、サミュエルは叫ばず、噛み締める。


彼女の圏の横から突き出された雄羊の角に、サミュエルから飛び散る赤が振り返りざまに映った。

 

自らの血の色を見て、サミュエルの心臓の律動が加速。


 八の倍数に刻まれた拍動が加速し、体の活動を支配し始める。


サミュエルは振り向きざまに、磁向防スキーアフ・ヴェイクターで止めた二発の銃弾を背後から襲撃してきたサロメに放った。


二発の銃弾が、サロメの喉と肺に到達して、サミュエルは”パラダイス”の鎌刃を右に振る。


彼の血の味を覚えたサロメの腕の羊が、宙を舞い、彼女の胴体も分裂した。


 その屍を踏みつけて、サロメの集団はサミュエルとの距離を縮めてくる。


――こんな時に!?


 周囲から押し寄せる、無数の象牙眼と羊の頭蓋骨。


 サミュエルは、目の前のサロメ達を鎌で押しのける。彼自身の動作に、緩慢さが圧し掛かり、呼吸の乱れが表れた。


 ”パラダイス”を大振りしていまい、銃身を握る左手から力が、サミュエルから大きく抜ける。


 彼の力が弱まった左腕を、圏の円刃が刻んだ。飴色の上着の両腕が、血色に染め上がる。


サロメ達の大振りの圏を散弾銃と化した”パラダイス”で受け、撃たれた右太腿から、激痛が走った。


後方のサロメ達が、前にいたサロメ達を押し倒しながら、サミュエルを圏刃の波に飲み込む。


 弱く腕を上げながらも、彼はサロメの大振りの一撃を防いだ。


だが、横殴りの胴への斬撃を見逃す。


 浅い斬撃を腹に受けて、後退を試みた。


攻撃を躱そうと地を蹴ったサミュエルの右腕が、銃弾を食らう。


 サミュエルは、叫ばない。


だが、激痛の余り、を忘れかけた。


 戸惑ったサミュエルに、サロメ人形たちは、上段からの攻撃ではなく、横殴りに切り替える。


サミュエルは、両腕の痛みを堪えつつ、突き出した”パラダイス”の銃身で斬撃を防いだ。


だが、攻撃を受けた衝撃が彼の体幹を大きく揺らす。


右膝から崩れ、地に落ちる寸前、アパートの壁にサミュエルは背中を預けた。


背中を切られた血の温かさと、雨で湿った壁の冷たさで、呼吸を取り戻す。


「まあ、今回のは長い方ではないですか……サミュエル=ハイロウズ?」


 大勢のサロメの中から、声が聞こえた。


「兄のいない集団にいられたです。以前の記録は……まあ、、ノーカウントですね」


 白磁の肌の群れの腕が、蛇の群れの様に見える。


 言葉を紡ぐサロメの眼。


爛々とする二つの象牙色は、新緑の葉を照らす、南中の太陽を思わせる。


――いじめられていた妹のレナを守る為に、サミュエルが立ち上がったと同じだった。


 妹のレナは気弱で、兄のいない時は、周囲のいじめっ子にいつも泣かされていた。


兄は喧嘩が強く、決まってレナを守る。


サミュエルも加勢して乗り切ったが、相手も馬鹿じゃない。


ロックが怖い。だから、彼女だけの時を狙う。サミュエルは、そこに出くわした。


悪童たちは、を見くびっていた。しかし、兄程ではないが、サミュエルも抵抗を続けた。


それに面を食らった一人が、武器を手にした。


それが、サミュエルの頭を打った。


命の危機が、妹を守る意思を固くし、サミュエルは決死の反撃を仕掛けた。


両者で激しく血を流す事態となり、大人たちが止めに入った。


遅れて、ロックが駆け付けた時、サミュエルは意識を失っていた。


頭に傷を負った、サミュエルは精密検査の為、入院。


異常は確認されなかったが、それ以来、彼は集団に苦手意識を持つようになった。


サロメの言うだが、今、サミュエルの限界値に達しようとしている。


彼女は、眩暈と動機に支配されたサミュエルに向け、


「シャロンも呆気ないですね……”プロジェクト:アイオナ”の出来損ないにしては、でしたが、二人そろってでしたか……」


 サミュエルの視界の全てが、サロメ全てに覆われる。


彼がそう感じたのは、力尽きつつ、アパートの壁に凭れ掛かった自分の意識が、消えようとしたその時だった。

 

羊の頭蓋骨に宿る輝きが、無数のを灯す鬼火と化してサミュエルを囲む。


 体内が冷え切り、無慈悲な熱量を帯びた象牙色の視線に、サミュエルの眼の輝きが、消えようとしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます