刃夜―⑥―

 ブルースとナオトは、ケネスの肩をそれぞれ抱えて、昇降機に乗っていた。


 念のため、研究用の遮光眼鏡を目隠し、タオルや布も使って、腕と脚も拘束することも忘れない。


 ケネスを倒した後、研究室に繋がる非常出口――電子制御されているもの全て――を、ブルースは開けた。


 事態が収束しても、地下の為、電話が通じない。電子通信も制限されていたので、“解錠”が必然的に無事であることを伝えることにも繋がる。


 また、ブルースは非常出口の制御を行う際に、命熱波アナーシュト・ベハ使い用の、回復水を口にした。その後、二、三袋程、苔色の外套に入れておいた。


 ケネスが、”ブライトン・ロック社”の施設に潜入したとなると、ロックもサロメから攻撃を受けているかもしれない。


 度重なる猛攻を乗り切る為の備えは可能な限り、用意しておく必要があった。


『ケネスだが……どうする?』


 犬耳兜越しのナオトからの疑問。


「そっちが生け捕った証として、渡す。それから、俺らの監視下だ。カイルも文句言わない筈だ」


 ブルースは答えながら、エクスキュースの男を見る。


肩を抱えられたケネスの口角から流れ落ちた、吐瀉物の筋に霜が付いていた。


目隠しで寝ているのか分からないが、意識を失っていて、揺らしても起きない。


 階数の扉が地上を表す、G表記となり、扉が開く。


 “鬼火”ケネスを両脇から抱えたブルースとナオトは、早々と図書館を抜け、入り口に向かった。


 犬耳の一団が、ハーバーセンタービルの入り口で立っている。


その先頭には、焦げ茶色の髪が目立つ、市警のジャケットを纏ったレイナーズ警部もいた。


 雨が強くなったのか、犬耳兜の集団は愚か、警部の顔すらも見えない。


「ありがとう、警部。皆、このケネス通称、鬼火を拘束して――」


 ブルースの脇に出たナオトは、言葉を紡げなかった。


 言葉よりも先に、一団が電子励起銃を突き付けたからだ。


『ブルース=グザヴィアー=バルト、ナオト=ハシモト……あなた方を、”鬼火”ケネスと共に拘束します。罪状は、情報隠匿、及びTPTP提携国への毀損行為――TPTP基本法違反である』


 TPTP基本法。


 利益追求の為に、外部との敵対勢力の接触を禁止する法案である。


 しかし、経済協力を基準にしている為、対象は限定されている筈だった。


 ブルースの疑問を他所に、犬耳の一団の背後で、陽炎が揺らぐ。


 空気の揺らぎに包まれたそれは、三メートルの陰影を作り出した。


 陰影の数は6つ。


蟹の甲羅に、細い手足が生えていた様だった。甲羅を覆う一筋の紅い光は、得物を目の前にして輝く唇を思わせる。


「まさか……噂だと思っていたが、人型戦車”蹄鉄”」


 ナオトの言葉に、ブルースは内心毒気づいた。


 TPTPによる”ウィッカー・マン”対策は、実質、”ブライトン・ロック社”中心と言っても良い。それをよく思わない者による、独自の兵器を開発の動きがあると言うのを、ブルースは聞いたことがあった。


 犬耳の一団と共に、制服の警察官も押し寄せてきた。


 レイナーズ警部は、ブルースとナオトと視線を交わす。


目を伏せ、首を左右に振り、協力関係が行き詰まったことを無言で示した。


「バンクーバー市警と”ワールド・シェパード社”の協力関係……ここまで、作れたのか」


 ブルースの驚愕に、


『お互い様だ』


 夜の闇に蠢く甲羅から、加工された電子音声が雨の路上に響いた。


「カイル隊員……」


 隣でナオトは、声を静めながら見据える。その様子は、来るべき時が来たと、覚悟しているように噛み締めている。


『この際、隠し事はなしだ。お前たちが、TPTP加盟国の利益を損ねる為に、望楼ヴェルヴェデーレと手を組んでいるのも分かっている。加えて、そちらのロック=ハイロウズによって、何人かの隊員が負傷された。少なくとも訴える用意はある。他には無いか?』


 カイルの口から紡がれる状況をブルースは考えた。


ロックが、弟とその連れとの接触をしようとした時、”ワールド・シェパード社”がその二人を拘束しようとして、彼が反撃をしたのだろう。


それは、ブルースのに値しなかった。


「いや、ある――正確には、二つのだ」


 カイルの声に、ブルースは声を上げた。


? ?」


 隣のナオト、正面のカイルはその陽気な声の問いに戸惑う。


 すると、ブルースは、足元が震えたのを感じた。


 地響きは、間もなく、周りのナオトと”蹄鉄”に乗ったカイルにも伝わり、周囲がどよめき始める。


 彼は、構える”ワールド・シェパード社”と警察に、拘束されたケネスを放り投げた。


 戸惑いながら受け取る隊員の傍で、鉄の蟹は地団太を大きく踏む。


 突然の地響きに、血の気を引かれたナオトをブルースは、精いっぱい引いて、走った。


 奔り抜けるブルース達の背後で、爆発音が路地を包みこむ。


 液体窒素のタンクは、殆ど閉じられていた。


ケネスは、ブルース達を引き付け、高圧ガスによる窒息で葬るつもりだったのだろう。


しかし、ブルースが非常扉を開けたのは、通信の為だけでは無かった。


膨張した液体窒素は、大気に触れることで、体積を更に増大させる。


長時間放置された液体窒素は、”液体酸素”に置換される。


液体酸素の沸点は―183℃。


窒素より少し沸点が高いが、不安定な物質で、炭素などの有機物と反応して爆発を起こす特性を持っていた。


 ブルースの声はおろか、カイルの電子変換された避難指示の指示も、化学爆発の轟音と共に消える。


液体窒素の膨張圧力と空気の爆発が、間欠泉の如く路地のマンホールを打ち上げた。


地下空間の崩壊から解放された圧力で発生した熱力が、図書館と路地に大きな罅を刻んだ。


“ワールド・シェパード社”と警察が現場を離れようとしたが、路地の罅の侵食に足を取られる。


ブルースは、ナオトの足を右腕、左手で彼の背中を支えて跳躍。


ブルース達の立っていた、西ヘイスティング通りストリートの路地に大きな穴が開く。


隊員たち、警官たちに鋼鉄の甲殻類は、白い水蒸気で互解した道路に吸い込まれていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます