刃夜―④―

午後8:17  西ウェストヘイスティング通りストリート


『アメリカ政府が絡んでいるだと……全くあの国は、左右関係なく、物事をややこしくする』


 エリザベスのぼやきが、ブルースの携帯通話端末の受話器から聞こえる。


 ロックから数分前に送られた情報を見て、エリザベスからの着信がブルースの携帯通話端末に届いた。


「正確には、そこのが。“ワールド・シェパード社”や“ホステル”の対応にも追われているのに」


『使えるものは使うというが、“使”後のことを全く考えないのがアイツ等らしい』


 スピーカー越しからのエリザベスのオチに、ブルースは大きく笑った。


使か、こっちも耳が痛いな……」


『耳よりも、の対応を優先しろ。状況は?』


 エリザベスに促されながら、頭痛の元凶を見つめる。


 赤と青の光が、雨に覆われたビル街の一角で散乱。


二色の光の大本である、警察車両の警告灯は、ビルの中で一際突き出た、大槌の様な陰影を浮かべる。


 ハーバーセンタービル。


円盤型の展望台は、360度回転するレストランで、西海岸の山々を楽しみながらの食事を取れ、気象によっては、隣国も国境線なしで一望出来る場所だ。


90年代のITブームの象徴にして、地元の大学という二つの顔を持つ。


だが、それはあくまで、に過ぎない。


目に見えない地下には、“ブライトン・ロック社”が資金援助をしている研究施設が人知れず存在していた。


企業で研究を行う場合、どうしても利益が優先となる。


必然的に、そう言った方向に舵が取られるので、“ウィッカー・マン”の解明というよりは、“殲滅”が主軸となり、殲滅方法を巡った営利競争が起きてしまう。


 純粋に利害を超え、未来に向けた建設的な研究が出来る大学に、“ブライトン・ロック社”は研究の許可を出しているのだ。


しかし、やることは“ウィッカー・マン”の残骸の分析やUNTOLD関係で亡くなった者の検視に限られていたが。


 今回の出来事で命を落としたキャニス、デュラハンに入っていた男も、その場所に保管されている。


 ブルースが、仲間のキャニスの遺体の対応について、協議をしようと施設へ連絡したが、通じなかった。


その後、ナオトから「ハーバーセンタービルで話したいことがある」という連絡を受け、ブルースは、警察の赤と青の警告灯で彩られた、ハーバーセンタービルの花祭を眺めるに至っている。


「結論から言うと、かと言われれば、と考えた方が良い」


 警察官との話を終えたナオトが、雨の下、ブルースに向かって来る。


 右手の携帯通話端末を、銀色の鎧を纏う”ワールド・シェパード社”の専務に渡すと、


「そちらの研究員の親類が、連絡のつかないことを不審に思って、関係者同士の連絡を取り合ったら――」


 ナオトが受話器越しに、エリザベスに状況を話し始めた。


 短文投稿サイトの様なSNSなど、職場の情報を公開してはいけないことは、情報管理として当然、徹底させている。


だが、人間関係まではそうはいかない。


労務管理がある以上、からだ。


 ナオトから携帯通話端末を返され、


『人の口に戸も建てられない。結婚や交際の自由も……仕事に支障が無い限り、否定できんからな』


 通話端末の向こうでエリザベスが鼻を鳴らすと、ブルースは端末を切る断りを入れた。


 隣のナオトともに、警察官の集まる場所へ向かう。


 背広の上に市警のマークの入ったジャケットを纏った男性が、ブルース達を出迎えた。


「ナオトさん、ブルース=バルトさん。レイナーズと言います。ミシェル=ジョアン=レイナーズ。警部です」


「ブルースで良い。レイナーズ警部」


 右手で握手を交わし、レイナーズが戸惑いながら、


「ナオトさん。この方が……」


人物だ」


 ナオトに紹介されたブルースは警部に向かって、愛嬌の瞬きを見せた。


「多様性の範囲は、も例外ではありません」


 レイナーズは、ブルース達を見て大きく笑う。


 雨に濡れた焦げ茶色の髪が、ビルのネオンと警告灯の明かりで映えていた。

 

体は、自分とナオトの中間位の背であるが、現場を活動するに足るガタイの良さが、自分と知り合いの東洋人に比べて引き立っている。


「鍵の選択として、自分を認めてくれたことに感謝する。レイナーズ警部」


 ブルースも、笑顔で返した。


 警察が、得体も知れない海外の勢力と共に、“ウィッカー・マン”と戦うことに拒否感を示す者は多い。


だが、何人かは、“ワールド・シェパード社”との協力関係が欠かせないことも理解していた。


レイナーズ警部は、”ワールド・シェパード社”内の少数派であるナオトを選んだ様だが、ブルースの視線に気づいて、


「あくまで、街を守るための選択肢です。最善と言われるものを取るか、引き出すための」


「それで、十分だ。応援は――」


「必要なし。ナオトさんとブルースさんが、事態を確認してからの連絡、ですね」


 そのあとに続く言葉をレイナーズに言われ、ブルースは面食らった。


「必要事項の確認はある程度済ませているよ、ブルース。問題は……」


「暗証番号を知っているか、だけです。知らなかったら、後ろに手を回して這いつかせ、取調室でに合わせます」


 レイナーズの皮肉に、ブルースは肩を竦めて、ハーバーセンターの入口へ向かう。

 

ハーバーセンタービルのドアを開けると、大学内の図書館がブルース達三人を出迎えた。


「図書館ですか……?」


 夜の帳が降りる午後5時に閉まる為か、教育機関に通う者達の醸し出す、独特の喧騒は無い。


「人の活動を律し、意思を決定づけるのは、何時だって言葉と文字と本だ」


 ブルースは鍵を、胡乱な顔と神妙な顔もちで、レイナーズとナオトの前で開けた。


 扉を開けて、静寂に包まれた図書館を進み、ブルースはルネッサンス期の文学の本棚に止まる。


 ブルースが取り出した本を見たナオトは、


「ダンテの“神曲”……ブルース、それ好きなんだ」


「家内が好きです。イタリア関係の文学……特に、ルネッサンス期は煩いですよ?」


 ナオトは大学時代、レイナーズは新婚旅行という、イタリア旅行の話を背に、ブルースは“神曲”のページを開く。


 そのページは、地獄篇の“第三歌”。



 憂いの国に行かんとするものはわれを潜れ。


永劫の呵責に遭わんとするものはわれをくぐれ


破滅の人に伍せんとするものはわれをくぐれ


正義は高き主を動かし、


神威は、最上智は、


原初の愛は、われを作る。


我前に創られし物なし、


ただ無窮あり、われは無窮に続くものなり。


われを過ぎんとする物は、一切の望みをすてよ



 ブルースが暗唱し終えると、機械音が響いた。目の前の本棚が、振動し、左へ滑る。


 本棚のあった場所には、鉄の扉。


 ナオトとレイナーズが息を呑んでいるのを横目に、ブルースは鉄の扉を開けた。


 奥には、更に同じ素材の扉がもう一つ佇む。


ブルースは、その隣にあった液晶受像機台の鍵盤を叩いて出た画面を一瞥して、


「レイナーズ警部。人が出入りをした場合、ここのコンピューターから記録が発信され、関係者に送られる。つまりに。しかし、俺たちは


 ブルースの言葉に、口を開いて呆けていたレイナーズの顔に緊張が走った。


「わかりました。応援を呼び、外で待機させます」


 携帯無線を掴んだ、焦げ茶髪の警部は、その場を後にする。


「死んでいるということか?」


「ああ、全員な」


 ナオトの言葉に、ブルースは短く答える。


 “UNTOLD”に目を付けられた者は生きられない。


 先程のナオトとレイナーズの会話で出たテーマではないが、地獄巡りの入口のドアノブを、ブルースは握った。


「安心してくれ、ドアは普通に開けられる」


「安心していいのかな……そこ?」


 ブルースの言葉に、背後のナオトは溜息と共に応える。


 我ながら、ダンテにちなんで言うが、ナオトは愚か、ブルースの内心も笑っていない。


 何故なら、二人を出迎えたのが白い冷気だったからだ。


 しかも、白い室内灯はその寒さで凍った空気により、その輝きが一段と映えている。


「UNTOLDの保管施設という話は聞いていたけど……ブルース、ここはこんなに寒いものか?」


 ナオトの言葉が示す様に、視界は白い蒸気が立ち込める白一色。


「液体窒素が噴出している。強化外骨格のヘルメットの酸素の残量を確認しろ」


 白い霧は液体窒素ではない。


 液体から気化した時に、冷やされた空気だ。空気中の酸素が、液体窒素に触れ、白い煙として圧縮。窒素が多くなり、呼吸困難に陥る。


 ブルースの背後でナオトが犬耳兜を被りながら、


『ブルース……君は、大丈夫なのか?』


……酸素もある程度、作ってある」


命導巧ウェイル・ベオ、正確にはブルースの命熱波アナーシュト・ベハで陰イオンを操作。その電気分解で予め酸素を、二丁のショーテル型命導巧ウェイル・ベオ、”ヘヴンズ・ドライヴ”の弾倉に入れておいたのだ。


「欲しければ一発やるけど?」


振り返りながら、ブルースは”ヘヴンズ・ドライヴ”を突き出す。

 

彼の背後には、銀色の犬耳の兜に覆われたナオトがいた。


 右手には、まるで背骨の様に連なる鞭がある。


『狙っていないよね?』


 右掌で鞭の取手を見せながら、両手を上げた。


 苦笑しつつブルースは、白い煙に包まれた部屋を背に、”ヘヴンズ・ドライヴ”の酸素入りナノ銃弾を放つ。


 命熱波アナーシュト・ベハで作り出した酸素を確認し、ブルースは地下に続く白い世界を歩き出した。


『そういえば、鬼火についてだけど……』


「自然発火現象だろ……起こしている奴は、見当が付いている」


 背後のナオトに、ブルースは歩を止めずに答えた。


「ヘンリー=ケネス=リチャーズ……発火能力を持つエクスキュース」


 エクスキュース。


 本来、ロックやブルース、キャニスは、疑似人格”命熱波アナーシュト・ベハ”の力を引き出す為に、命導巧ウェイル・ベオという武器を使う。


 その命導巧ウェイル・ベオには、もう一つの役割がある。

 

それは、命熱波アナーシュト・ベハを使う際に発生する、余剰次元展開の熱出力から能力者を守ることだ。


 エクスキュースの場合、命導巧ウェイル・ベオを持たない。命熱波アナーシュト・ベハを酷使することで、余剰次元発生の熱量の物理変換を行うのだが、


「エクスキュースは、分かりやすく言うと……手で、銃弾を”銃なし”で放てる。しかし、弾丸の発射薬や燃焼ガスは、体から作られる。攻撃する際もダメージを負うから、体の再生機能をして、結果的に”リア・ファイル”が回復機能を奪う」


『生きる為に能力を使うことで、死への階段を一段飛ばししているという意味か?』


 ナオトの一言にブルースは頷き、続けた。


「回復エネルギーを得る為に、暴食になる。場合によれば、“ウィッカー・マン”と同じ様に人をエネルギー変換して自分のものにする」


 ブルースは、言葉と足を止める。


 彼の前にあるのは、エレベーターだ。階数を示す電光板は、”B6”で止まっている


「エレベーターでしか、地下に行けない」


『地震が起きたら、出られないじゃないか?』


 ブルースはB6の鍵盤を押して、


「最下層のB6には、研究棟から市内へ繋がる非常口がある。しかし、これも電子管理されているので、使用した場合は、記録に残り、俺を含めた関係者に送られる」


 使われていれば、任務は『』に変わり、地下へ潜る必要もないだろう。


 階数が早く減少し、到着を報せる鈴の音が冷気で、反響する。


 ブルースは開いた昇降機の扉に入り、ナオトの搭乗も確認し、”B6”の鍵盤を押した。


 滑車の音が響くとナオトが、


『そういえば、“鬼火”ケネスは……“ウィッカー・マン”の様に、エネルギーを食べると言っていたけど……そうでない場合――つまり、命導巧ウェイル・ベオ使いは?』


 ナオトの犬耳兜を通した疑問に、


「俺たちのことなら、大丈夫。命導巧ウェイル・ベオが“リア・ファイル”の調整をするし、人を殺さなくても、“リア・ファイル”の粉末の入った水や食事を取っている。俺たちに過不足はない」


 ブルースの言葉に納得し、ナオトは矢継ぎ早に、


『でも、現に、ケネスは逃亡し、バンクーバー市内で潜伏していた。それは、ある程度目立たず、”が使われている……という意味じゃないのか?』


「少し前のワイルド・ハント事件で、命導巧ウェイル・ベオも無くなる。使い手も死ぬか、サロメ側に回る。その時の騒動で、当然、生命維持用の“リア・ファイル”はなくなっている」


 ブルースの語る事実に、ナオトの顔が曇った。


 欧州を滅亡から救ったのは、深紅の外套の守護者クリムゾン・コート・クルセイドというのが一般認識である。


 だが、何事も一人で大義を成しえることはない。


ワイルド・ハント事件が、人々の目を引いたのは、英国の主要都市に、未確認飛行物体――”救世の剣”とサロメ達が呼ぶものが現れたからだ。


世界を作り替える程の熱出力を発生させ、“ホステル”が望む存在の復活を目論み、阻止に払われた犠牲。


その中にナオトの親友も含まれていたことをブルースは、よく知っていた。


また、“救世の剣”の起動にロックが使われ、彼の愛した少女がその破壊と同時に、彼を守る為に命を差し出したことも。


 ブルースも含め、あの事件に立ち会った者たちは、世界を守る為の代償に、己の半身と言えるものを失っていた。


『発火現象だけど、ことがある』


 ナオトの言葉に、ブルースは振り返った。


「端的に言うと、死体がおかしい」


 昇降機が止まった振動で、揺れる。


 電光板の表示は“B6”。


昇降機に乗る前は、少し体を震わせる寒さだったが、ブルースの心身にまで達していた。


 ブルースは、口から白い息を出しながら、昇降機のシャッターの向こうを見据え、


「話は後でじっくりと、地獄の寒さを楽しみながら聞こう」


「……休暇が今すぐ下りても、“憂いの国”は願い下げだね」


 ナオトは、鞭を構えた。右脚を下げ、半身を切る姿勢を取った。


 昇降機の前に続く長い通路。


 液体窒素で圧縮された空気の白煙をかき分けながら、“ウィッカー・マン”:クァトロが二体突進してきた。


 一体目と鉢合わせを交わす直前、ブルースの眼前で、クァトロの顔面がXの字に割れる。彼のショーテル――“ヘヴンズ・ドライヴ”――の交差斬りが、四足歩行の疾走を止めた。


斬撃によって、全身を弛緩させる銀灰色。


ロックから教えられた“クァトロ”の左胸の急所に、銀色の骨が突き刺さり、倒れる。


 ブルースは、銀細工の刺突がナオトの鞭から放たれた分銅であることを視認した。


 銀騎士の攻撃に倒れた一体目を、二体目が飛び越える。


爪の二連撃が、ブルースの頭部を捉えた。


 銀灰色の前脚の爪を前屈みで躱すと、ブルースは背を向けながら上体の腰の発条を跳ね上げた。


 背中越しに突き上げられる、”クァトロ”の下顎。そこから掛かる衝撃が銀色の四本足の全体が天井に衝突した。


 ナオトから放たれた鞭が、”四つん這い”の首に纏わりつく。


 呻きの様な駆動音を漏らしながら、”クァトロ”の胴体は銀騎士の鞭捌きで天井から引き剥がされた。


ブルースは二刀のショーテルで、鞭に引かれる”ウィッカー・マン”を両断した。無論、左胸を含めることも忘れない。


「聞こうか?」


『今聞くことかい?』


 後をいつか言うのを忘れていた。ブルースの反応に、ナオトは面食らいながら、


『あそこにあるのを見れば、早いと思う』


 ナオトからブルースに指し示されたのは、扉が大きく開いた小部屋。


開かれた扉の向こうに、机、冷蔵庫にいくつかの椅子のある部屋――休憩室だった。


 ブルースがナオトに言われるまま入ると、液体窒素と空気の白煙が、生活臭ごと家具類を覆った風に思える。菓子や果実類にも霜が降り始め、バナナはその中で異質な明るさで映えている。


 生活空間が冷凍保存された中、防寒服に焦げ付き、熱で解けたプラスチック製繊維が焼けた肉体と接合している――炭塊が二つ。


『鬼火事件は、市街地で起きていた人体自然発火現象と言われているが……』


 ナオトの説明に、


「この遺体は、体内の放電とプラズマによるものだ。”ウィッカー・マン”によって殺されるのと同じだ。自然発火は、ケネスの場合、マイクロ波照射だから、どうしても皮膚表面の水分を振動させ、皮膚が泡立つ」


 ブルースは、部屋の遺体と化学凍結された生活用品を手袋越しに確認した。


『今回の遺体は、殆どが体内電流からやられたもの。しかも、地下だ』


 ナオトの推測を、ブルースは聞きながら遺体を触り、見渡す。


 鬼火とかで騒がれている事件は、”ウィッカー・マン”と繋がっている可能性が高いと考えた方が早かった。


「それに加えて、入り口は一つしかない。実験棟の避難口に使用形跡もない……」


 そのことに、ブルースも疑問はあった。


『なら、”ウィッカー・マン”は何処から来た?』


 ナオトの兜越しの声の電子音声を背に、ブルースは立ち上がる。


 休憩室を出ると、順路を足早に駆け、一室に踏み込んだ。


 一際、大きな白煙が密集していた場所には、”液体窒素”と書かれた金属筒が立ち並んでいる。圧力計は全て、赤色の扇に針を指し、金属筒は何れも原形を留めていなかった。


 ナオトの足音がブルースの耳に響いた時、人型の炭塊を二体確認。


 しかし、他の人型の炭と違うのは、


『穴が開いている……』


 遺体を見ても、”ウィッカー・マン”から乗られたことによる衝突の形跡や、前脚が掛かった形跡もない。


 それぞれの人炭には、喉と腹に穴が開き、焼かれた人体と防寒服の境界が炭と煤になっている。よく見ると、それは大の穴だった。


『言いたくないけど……デュラハン起動、サキちゃんに関わる騒動に、発火事件。全てが無関係というのは難しいかもしれない』


「或いは、何かの布石か……?」


 ナオトの推察に、ブルースも推理を出す。


これらの出来事は、”ワールド・シェパード社”や”ベターデイズ”、バンクーバー市内の反”ブライトン・ロック社”の派閥を超えた何らかの意思が、見え隠れしていた。


も良い方法があるぜ?」


 ブルースは部屋を出て、顎で示したのは、冷気を吐き続ける部屋――実験棟の扉である。


「あの部屋にいる馬鹿に聞けってこと!」


 ブルースは言って、腰を入れた右回し蹴りで、扉をぶち壊した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます