津々谷くんは猫が怖い

作者 竹神チエ

43

18人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

少なくとも私はそうでした。

津々谷くんが話し出す猫が怖い理由。
それを読んでいると、段々と怪しい方向に話が進み、そしてーー

ラストの流れがとにかくすばらしい。うわぁ、って思いましたよ……。
私も猫、少し怖くなってしまいました。
短いですし読みやすいのでおすすめです。

★★★ Excellent!!!

自分は猫が好きです。飼ったことはありませんが大好きです。なぜなら可愛いから。
ですから、この話に出てくる津々谷くんは自分とは反対ですうね。彼は猫が嫌い、というか怖いのです。
いったいなぜ?こんなに可愛いのに。ですが最後まで読んで、その理由がよく分かりました。こんな事があったら、自分も猫が怖くなるかも:;(∩´﹏`∩);:

★★★ Excellent!!!

津々谷くんは猫が嫌い。猫好きな自分は、『何故?』って思ってしまいましたけど、読んで納得。まさか昔、彼女とそんなことがあったなんて……
津々谷くんが語る、不気味な話。語りがとても上手で、読んでいてだんだんと恐怖の世界に引き込まれていきました。

★★★ Excellent!!!

これね、最後まで読むでしょ。
そしたらね、ぞわっ、てするわけ。

ホラーいつ来るかなー、いつ来るかなーって読んでたんですけど、小説のホラーって映像と違って、ばばーん!はい、怖いよー!!みたいなの無理じゃないですか。だから、「?」「??」「???」みたいな段階を経て怖くなるっていうか。

こちらも、そうなってます。

え?
ええ?
うわうわうわ……!!

って。
読んでみてください。
ぞわり、としますから。