魍魎の婚約

作者 野沢 響

情緒豊かな言の葉で紡がれていて悠久の時を感じる作品ではないでしょうか

  • ★★★ Excellent!!!

魍魎である清流と人間の紅蓮が蔵でひと時の逢瀬を重ねていくのですが、清流と紅蓮の心の清さに心惹かれました。
人間の計り知れぬ魑魅魍魎の類と言えば、悪しき者は妖怪・善なる者を神様と言うのではないかと思います。
この物語に登場する清流は魍魎ではありますが清く純真で読み進めるごとに心を奪われていくような感覚を覚えます。

日々の喧騒を忘れ情緒豊かな言の葉に心癒されることと思います。
是非ともお読み頂きたいお勧めの作品です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

コウさんの他のおすすめレビュー 205