みーくんは今日も夕陽を眺める

作者 ゆうすけ

57

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 仕事のパートナーであり隣人でもある女の子、みーくん。
 勝手気ままな彼女にひとこと言ってやりたい主人公のショーくん。

 夕陽を背景に、やわらかな語り口で描かれるお仕事ファンタジー。

 おだやかで切なくて、胸の奥にじんと染み渡る。なぜ夕陽なのか。最後まで読めばきっとわかる。とてもあたたかい物語です。

★★★ Excellent!!!

気まぐれな同僚、みーくん(女の子)。彼女に振り回されている感じでありながら、実は優しく見守っている主人公、ショーくん。

ショーくんのみーくんに対する気持ちが、細かい描写と柔らかい語り口の中に表現されていて、二人のやりとりだけで十分満たされた、なんとも穏やかな世界が展開されていきます。

いつファンタジーが始まるんだろう、と思いつつ、終盤にかけて変化するみーくんの言動にショーくん同様疑問符を浮かべていると、意外にも切ないラストへと行き着くことになりました。実は最初からファンタジーだった。

二人の背景が夕陽であるということがまた美しい。なぜ夕陽なのか、読んだ後にはきっとわかると思います。