勇者様が帰らない

作者 南木

勇者様一行のエンディング後のお話。

  • ★★★ Excellent!!!

魔神王(ラスボス)を討伐した後の、勇者リーズとその一行の群像劇です。
はじめはほのぼの日常系かな〜と思いきや、中盤以降かなり読者の感情を揺さぶられる展開が続きます。
残酷表現も性描写もない(匂わせる程度)なのに、セリフの一つ一つにドクンと心臓が跳ねるのです。
栄誉と愛、自由の狭間で揺れ動く、かつての勇者パーティとそれを取り巻く人間たちの群像劇。
噛みしめるように読んでしまいました。
序盤のほのぼの展開が、のちにボディーブローのように効いてくるのです。
読み飛ばすところが一切ない。
面白かったです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

まるてさんの他のおすすめレビュー 135