ひとにいえない

作者 うさだゆき

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

家庭内の軋轢や性暴力といった問題に晒されたとき人は傷つかずにはおれず、ましてや当事者が子供であれば尚更、人格形成に及ぼす影響は大きなものとなります。
PTSDに振り回される登場人物たちを見ていて、こうした体験を経ずに育ってきた人は(無論わたしも含めてのことですが)たまたま運が良かっただけなんだろうな、と再認識せずにはいられませんでした。

身を寄せ合って、互いに傷をさらけ出して。
彼女ら、彼らのこれからに幸多からんことを祈ります。

★★★ Excellent!!!

人間を語るうえで「性」は抜かすことのできない要素だけれども
やはり目をそらしてしまう要素でもある。
それこそ道を踏み外してしまえば、誰にも言えなくなるだろう。
心に深い傷を抱えた少年少女は、『自滅』を選ぶのか、あるいは
『別の幸福』を望むのかもしれない。ちょうど心理的に言うところの
共依存のように。傷をなめあうという「人間」の在り方も
あっていいんじゃないかと思った。

文章力があって読みやすかった。
続きが気になります。