踊り場の向こうで

作者 真乃宮

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全37話

更新

  1. 第1章 あきらとの出会い
  2. 第1話 途方のない角度に折れ曲がっていった
  3. 第2話 いつもこんな感じで終わっていく
  4. 第3話 のんきなものだった
  5. 第4話 それを私は特Sと呼んでいるのだ
  6. 第5話 ずっと騒ぎ通した
  7. 第6話 心の底からこんな無駄な時間を後悔した
  8. 第7話 振り回される必要なんてひとつもないんだ
  9. 第8話 ずっと止むことがなかった
  10. 第9話 それを行動に移す勇気を絞り出すだけだ
  11. 第10話 そうして、事件は起こった
  12. 第11話 あなたに出会えてよかったと心から伝えたいんだ
  13. 第二章 真崎くんの優しさ
  14. 第12話 自分の浅はかさを悔いることになる
  15. 第13話 一番楽しみにしていたアイテムを失ってしまった
  16. 第14話 聞き耳を立てずとも聞こえてきそうだった
  17. 第15話 三人もすぐにお風呂へ向かった
  18. 第16話 私は今でもずっと忘れることができない
  19. 第17話 輝かしいものに変えていってくれるような気がした
  20. 第18話 私の頭を痛ませた
  21. 第19話 かけがえのない友達の証だからさ
  22. 第20話 彼から貰ったカードをそっと重ねた
  23. 第三章 夏樹の想い
  24. 第21話 四人の名前を見つめていた
  25. 第22話 私は笑顔で答えた
  26. 第23話 祈りながら
  27. 第24話 ただ一言、淋しげに笑うだけだった
  28. 第25話 後半戦に向けた覇気を生み出した
  29. 第26話 代表リレーの時がやってきた
  30. 第27話 四人の力によって現実のものとなった
  31. 第28話 もう一度、走ることを選ぶと思う
  32. 第29話 陸上選手としてやっていくことはできないのだ
  33. 第30話 大声をあげて――泣いた
  34. 第四章 ふーみんとあーりー
  35. 第31話 力強く答えた
  36. 第32話 5限目を知らせるチャイムが鳴り響いた
  37. 第33話 生まれてきてよかったとさえ感じていることに涙しそうになった
  38. 第34話 ひときわ清々しかった
  39. 第35話 うんざりされない人間で居られる努力をしよう
  40. 第36話 学校に来ることは二度と、なかった
  41. 第37話 自分の脚と意志でその先の階段を上っていきたい