ドア

作者 佑佳

人がいて、想いがあって、ドアがある。

  • ★★★ Excellent!!!

構想より十年以上の歳月を経て完成されたという大長編。間違いなく作者の魂が乗った一作です。

読みやすく、描写の秀逸な文章。
これにより、一話一話はスッと読めてしまうので、是非一日一話ずつでも読んでみるのをオススメします。

最初読者は、目覚めたときの主人公と同じく、なにがなにやらという状況です。しかし、一話、また一話と物語のドアを通って行く度に、散りばめられたピースが寄り集まり、いつしか、全体像を俯瞰できるようになってきます。

そこまで来たら、きっと多くの方々は「 みんな、はやく幸せになってくれぇえ!」と願って、読むペースもはやくなっていくはず。

皆様も、まずは一日一話からのドアチャレンジをしてみては?

作者様の登場人物に対する愛も含めて、読み終えた後にはきっと、心の中に温かい「想い」が残ることでしょう🐸

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@nora_gaeruさんの他のおすすめレビュー 46