ドア

作者 佑佳

ドアを潜り、時代を超えて、会いたい人がいました。

  • ★★★ Excellent!!!

時代を超えて、繋げる不思議な「ドア」。

ひとたび潜れば、そこは全くしらない時代です。
でも、どこか懐かしいような、知っている誰かがいるかのような、そんな気持ちになる。

このお話では、主人公たちがみな探し物をしています。
時代を超えても、危険を侵してでも会いたい人がいます。
そんな彼らを見ていると、応援せざるを得ません。

物語の展開、キャラクターの個性や関係性、そして、それらを物語の雰囲気に合わせた巧みな描写力のおかげで、私はすっかり彼らの旅の一員になれていた気がします。

だからこそ完結が寂しい、、、。
一緒に旅が終わってしまった気がして。

ですが、きっと彼らは前を向いて、しっかり歩いているはず!
私も見習ってがんばりたい。

完結おめでとうございます。
素敵なお話をありがとうございました。


にぎた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

違う時代、異なる場所へと人を誘う、不思議な『ドア』をめぐる、冒険ファンタジー。
お人好しで熱血な高校生、蘇芳と、魔法を操る不思議な黒猫、夜さま、ひと懐っこくてマイペースな少女、くぅ。一見すれば共通点… 続きを読む

にぎたさんの他のおすすめレビュー 265