ドア

作者 佑佳

3 魔法の旅」への応援コメント

このエピソードを読む

  • これまでのお話が繋がってきました。

    個人的に撫子が亡くなると思ってなかったので切なかったです。

    次話、最終回なんですね。
    本当にお疲れ様でした!(´;ω;`)

    作者からの返信

    愛果 様
    ワタシも撫子のそこを画かねばならないのがホントに辛かったです……。
    実は煉瓦道編冒頭で既に明かされてはいたのですが、名前まで出してないのでね(T_T)うう

    最終回です!涙
    最後までよろしく頼みます!涙

    2019年10月23日 08:42

  • 長い長い旅をしてきましたよねぇ……。でも、一人っきりの旅路ではきっといつか力尽きていたでしょうから、くぅちゃんを巻き込んだのも運命の采配だったのかもしれないな、と今では思います。
    だって、二人分の縁ならより強く蘇芳君の元へと導かれるはずですもんね!
    最後の目的を、間違いなく果たせますように。

    作者からの返信

    はとり 様
    本当に、長い長い旅でした(T_T)

    仰るとおりですね!
    ワタシ自身も小夜のように、巻き込むことが罪のように思っていた時期もありましたが、書き進めていくなかで、それは違うのだと再認識したように思います。

    ラストシーン、お楽しみ(*^^*)!

    2019年10月21日 14:55

  • どっと流れてくる回想たちのように、長く険しい旅の思い出が……

    作者からの返信

    にぎた 様
    もう一度旅をしていただきました。
    なぞってみると、わかっているのに涙が止まらなくなったりして(T_T)
    小夜の心も相まって険しさが際立ちました。

    さあいよいよ最後です!

    2019年10月21日 13:12

  • これが、舞台裏なんですね。
    今までの旅路の、夜さまの胸の内。

    次でラストでしょうか。
    楽しみにしています。

    作者からの返信

    雪月花 様
    夜さまの胸の内は幼く儚くグラグラでしたが、老いたすぅちゃんと撫子の傍で幼少期を過ごしたからこそ奮い立つものがあったんですよね(T_T)ううう

    そうなんです、次回で最終話。
    はてさて、彼女の望みやいかに。

    2019年10月21日 12:45