ドア

作者 佑佳

枩太郎 5」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 記憶は、なくっても覚束ないけど、一気に押し寄せたらパニックにもなりますよねぇ。先生も、がんばれー……!
    くぅちゃんは近くにはいるけど、親方に知らん顔して行くわけにはいかないでしょうし。どうする、蘇芳君。

    作者からの返信

    はとり 様
    夜さまは心配で寄ってきたのにトリガーになってしまったので、書いていてワタシも心中複雑でした(・ω・`)
    いろいろ教えてもらえない、わかりたいのにわからないみたいなもどかしさは、かつてすぅちゃんも感じていたことだっただけに歯痒いことと思います。
    すぅちゃんは義を重んじますしね、どう決着つけるかなー(他人事
    ご期待くださいー!(*^^*)

    2019年7月31日 16:31

  • じわじわ……次話が気になります。
    もどかしい。

    作者からの返信

    愛果 様
    じーわじーわきてますねぇ(>_<)
    恋愛のじれじれとはまた違ったもどかしさ!
    スカッとさせますので期待しててください!(と自らの首を絞める

    2019年7月31日 16:27