ドア

作者 佑佳

セピア 6」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 夜さまの正体に「そ、そうだったのくぁ!!」と驚愕です…! そりゃあそれぞれの時代とかドアの事にも詳しいわけですね!

    夜さまの探している誰かの事も気になるし、くぅちゃん寝ちゃったし、今後ますます展開が気になりますねえ…!

    作者からの返信

    umecob. 様
    少しずつ少しずつ、明らかにしていきますので匙加減がほんとに難しくて。
    悩ましい物語を構築したなと嬉しくも苦しくもあった場面でした笑

    まだまだ半分も行ってないドアの旅、これからもよろしくです!

    2019年7月15日 14:28

  • 夜さまの正体もさることながら、猫の姿にも意味があるのかしら?
    言葉も話せるし、高度なまほうを使えるとなると、きっとすぅが生きていた時代とは違うのでしょうね。

    最後のセピアの顔。
    彼女もきっと、復讐にとりつかれているのですね。

    作者からの返信

    にぎた 様
    いつもありがとうございます!

    そうですね、猫で『ラッキーだった』とまでしか今は言えませんが、猫を選択していなければくぅちゃんとは出逢えてないでしょう。

    セピアは気高さを装ったりすることに必死でした。
    代わりにならねばと、女性的であることを止めてまで威厳を重視していたわけです。
    その裏に潜む憎しみは、決して軽いものではなかったでしょう。
    はてさて、セピア大丈夫?

    2019年6月3日 09:39

  • 夜さまの正体判明……って、えぇぇ!?
    その出来事がいつの時代、どこの世界かは、今後に大きく関わってきそうですね。
    こちらが動けば、そちらも動く。
    セピアさんは誰と縁のある人物なのか……我を忘れてる風なのがちょっと心配です。

    作者からの返信

    はとり 様
    ずっと言いたかったことが言えた気持ちの回でした!
    本当に我ながら情報量が難しい話です……

    一喜一憂をいつもありがとうございます!
    レビューまで頂戴しており飛び上がりました(T_T)!
    二億回『👍️』を押しました、ありがとうございます!

    2019年4月14日 19:46

  • 復讐、それはともすれば甘露とも思える猛毒……
    セピアはこのまま飲み込まれてしまうのか、それとも……

    作者からの返信

    雪月花 様
    事が動きました。
    セピアは憎き相手を前に我を失ってしまいましたね……書きながら心配をしてました。

    次回も引き続きご期待くださると励みになります!
    本当にいつもいつもありがとうございます(*^^*)

    2019年4月11日 01:58