ドア

作者 佑佳

セピア 2」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 国の歴史や事情は文字にすると簡単に理解できます。
    ですが「痛い」「怖い」などの主観的、感情的な部分は当事者にとっては文字に表せられない何より大事な論点ですね。
    蘇芳はまだ高校生ですから、この主張+、仲間の心配と、さらに少しだけ相手を慮る理性的な発言もできたのは精神的に成長したように思います。
    「ドア」の旅を続ける以上常に想定すべき、頻繁に起こりうる事故だと思いますので。
    まだまだ面白くなりそうですね。楽しみです。

    作者からの返信

    弓チョコさん
    ふおお、深いところまで読み解いていただけて大変嬉しいです!
    すぅちゃんの精神年齢は旅の内容濃さや意味深さと共にぐいぐい上がっていくのでしょうねぇ。

    実は一番爽やかな砂砦編、ぜひお楽しみください!

    2019年10月24日 17:03

  • 佑佳さんの書き方やっぱ良いですねぇ…!
    特定のキーワードを定型句として反芻させるの好きなんですよね。
    これが来たら、これが来る。
    この流れが来たらこの単語が来る。
    じわじわと足場を踏み固めて言葉の意味を爆発させる感じの作りがツボです!

    作者からの返信

    えむ 様
    ほほほ本当ですか?!
    嬉しみの極み……ありがとうございます///

    ドアの先のそれぞれの世界観や縦軸を創ることでドアの向こうの出た世界の意味みたいなものを格付けられた気がします。
    そう仰っていただけて、モノローグを付けて本当によかったと思います(*^^*)
    ありがとうございます!

    砂砦編は、爽やかな展開になりますことをお約束いたします(・ω・)/

    2019年8月3日 00:50