戦乱のドア

撫子 1

「すげぇ! 本当に時代を巡ってんのか」

 ぽっかりと口を開けてそう呟いた蘇芳の足下で、夜さまは「フン」と鼻を鳴らした。自慢なのか相槌なのかの意図すら読み解けない蘇芳は、苦笑を漏らす。


 『ドア』を開け出た時代は、土煙の舞う日本の小さな城下町であった。おおよそ一五〇〇年代だろう、と夜さまは小さく告げた。

 蘇芳たちは道の真ん中に出たわけではなく、軒と軒の間のような細すぎる小路こみちにひっそりと吐き出された。三人がすっかり『ドア』から出きるなり、『ドア』は音もなく下から上へと、まるでシュレッダーにかけた重要書類のように霧散した。蘇芳は眉を寄せ「やれやれ」と首を振り、思考をどうにか切り替える。


 小路こみちから数歩進めば、町の息遣いが感じられる大通りに出るらしい。蘇芳が興味津々に様子窺いをしていると、すぐに「引っ込め」と夜さまにとがめられた。蘇芳は渋々とそれに背を向け、素直に夜さまに従う。

 町行く人々は皆、簡単な着物を着、簡単に髪を結っている。蘇芳もくぅも『狭間』から出るや否や、すぐにそういった『時代に馴染む恰好』になっていた。

「へーえ。服も変わるし、髪も伸びんだな。便利」

 蘇芳の赤茶け硬く尖った地毛は、高い位置で結わえ付けられていた。白茶しらちゃ色の安っぽい小袖こそでを緩くまとい、薄汚れた濃紺の脚絆きゃはんはまるでレギンスのように感じた。

「あっはははは、なんかすぅちゃんすんごい似合ってるぅ! ビンボくさぁい!」

「全っ然嬉しくない」

 指を指しゲラゲラとお構いなしに笑うくぅも、蘇芳同様に薄汚れた着物を着ていた。

 同じような白茶の地に、紅色の大きく細い格子こうし柄の小袖着物を一枚着て、小さな手編みの草鞋わらじを履いている。髪は『狭間』に居たときよりも長くなり、腰の辺りでひとつに結わえられていた。

「すぅ、何か自身に変わったことは無いか」

 唯一変わらない夜さまは、ピョンとくぅの小さな肩に飛び乗り、蘇芳を見上げ訊ねる。

「変わったこと?」

「身なり以外で、異常はないかと訊いておる。ヌシは『ドア』を潜るのは初めてゆえ、何か異常があればすぐに対応せねばならんじゃろうて」

「え、いやー別に。特には無いかな」

 夜さまの薄いアメジストのような双眸が、きゅっと少しずつ細くなり、まるで蘇芳の心の奥を尖った刃物で刺していくようであった。

「例えば。産まれし地や両親の事など、事細かく憶えておるか」

「うん? まぁ、わかるな、大丈夫」

 蘇芳は「なぜそんなことを訊くのだろう」と眉を寄せたが、検討もつかない理由のことを考え続けはしなかった。蘇芳は深く物事を考えることが苦手である。

 ふいっと夜さまのその視線から逃れると、両手を頭の後ろへ持っていき、気怠そうに顎を上げる。

「なぁ、とりあえずさっさと次の『ドア』んとこ行かねぇ?」

「何を言うておるんじゃ」

「『ドア』はこれから探すんでしょー」

「はぁ?」

 頭ごとくぅへ戻す。夜さまの刺すような視線はまだ続いていた。

 まるで嘲笑うように、小さなピンク色の鼻先をヒクつかせる夜さま。

「まさかヌシ。未だ簡単に帰れるとでも考えていたのではあるまいな」

 くぅは「ブッ」と吹き笑いを挟み、にこやかに続ける。

「そんな苦労しないなら、わざわざ『手伝ってぇー』なぁんて頼まないよォ!」

「えーえー、そーですよねっ! 俺の浅はかな考えはもう捨てますよゴメンナサイ!」

 ブンっと勢いよく二人に背を向け、小路こみちから人混みへと一歩踏み出す蘇芳。

「う……」

 ザワザワとした喧騒や空気感は現代の都会のようでもあり、しかし全く違う匂いがする。自分だけが異物だということがありありと肌で感じられる。


 ここに住まう人々の誰も、蘇芳の事を知らない。


 その事実を改めて思い出し、背筋に氷を伝わせたかのような冷ややかさを感じた。ゴクリと生唾を呑むと、じんわりと所在ない恐ろしさが両手両足にぶら下がる。引っ越した先の見知らぬ土地での生活に慣れていくものなどとは、全然違う感覚だろうと考え至る。

「よ、夜さまっ」

 振り返ると、なんてことのない表情をして、きちんとそこに夜さまは居た。くぅも目をまん丸に見開き、蘇芳を見上げている。

「なんじゃ」

「あ、えと」

 それだけのことで、手足から順にじわりじわり、ゆっくりと現実感が戻ってくる。自分の居場所を再確認出来たかのような心地に、蘇芳は束の間の安堵を得た。

「『ドア』探すのってそんっなに時間かかるわけ? なんかヒント的なのくらいあんだろ?」

「そうじゃのォ」

 夜さまはひょいとくぅの肩から降り、空を仰ぎ目を閉じた。まるで吹く風の方向や匂いなどを嗅ぎ、気配でも察知しているように。

「ここより程近いところには在る、ということしか、わからんの」

「今やってたその夜さまの超能力的なので、もっとピーンときたりはしねぇの?」

 頬を緩ませ、弾むように訊ねる蘇芳。

「…………」

「…………」

 気まずい沈黙が五秒間。

 夜さまは顔を歪ませ、くぅはその柔らかそうな頬を染め肩を震わせた。

「……すぅちゃん何言ってんの?」

「うっ、るせぇな。ちょっと、願望だよ」

 蘇芳はくるりと背を向け、上半身を真っ赤に染めた。

「足で稼ぐしか方法はない。心して精進せい」

「うぃーす」

「でもラッキーだったよ、すぅちゃん」

「ラッキー? どこが」

「古い日本に出た、ってのが最っ高だよ!」

 再び振り返り、そう言うくぅを見おろす。目をキラッキラと輝かせ、にっこりと満足そうに笑んでいる。

「だってこの時代の扉は、ドアじゃないもん!」

「あ。あぁっ、そうか」

 なるほど、と蘇芳は頭の中がクリアになる。

「この時代に、洋風扉ドアがあんのは異常なんだ!」

 くぅと同じようにパッと口角を上げると、夜さまがニタリと笑った。

「ヌシも探せるな?」

「あぁ、そうだな! さっきよりは希望が持――」

 ドン、と後ろからぶつかられた蘇芳。言葉が遮られる。

「あっ、すんません」

 咄嗟に詫びる文言が飛び出したが、既に遅かった。低く土煙を立て尻もちをつき、地面に転がる人影がひとつ。

「大丈――ん?」

 男性のような身なりのその人へ、蘇芳は慌てて屈み手を差し伸べる。しかし、目の前の光景を怪訝けげんに思ってしまった。

 転んだ人間は、一見その辺を行く男性のような身なりをしているが、はだけた裾から見えた足首が、いやに白く細い。頭から、目深に砥粉とのこ色の小袖着物を一枚被り、何かから隠れるようにこそこそとしている。

 蘇芳がそうして眉を寄せているうちに、頭から掛けていた着物が人波に煽られ、はらりとずり落ちた。

「あっ」

 そう漏れ出た声も、あらわになった艶やかで長い黒髪も、蘇芳を見つめるまなざしの強さも潤んだ深い黒色も、確実に男性のものではない。明らかに、女性だ。

「ちょっ」

 超美人っ! と、言いかけた言葉をギリギリで呑み込み、蘇芳も彼女と同じように目を丸くした。

 パッと視線を逸らした彼女は、そそくさと着物を被り直し立ち上がろうと慌てる。今度こそ手を貸そう、と右手を差し出す蘇芳。

「あ、怪我し――」「よい」

 差し出された手には見向きもせず、彼女は簡単に静かに立ち上がった。地面の土で汚れたであろう腰回りを軽く叩き、蘇芳へチラリと一度だけ視線を移す。

「すまなかった。先を急いでいるゆえ、これにて失礼する」

 蘇芳の右脇を抜け、しかし左足をわずかに引摺りながら後方へ消えていった。

「…………」

 やがてゆっくりと立ち上り、彼女の足首の細さと引摺り方へ首を捻りながら、蘇芳はモヤモヤとした気持ちを抱えて立ち尽くす。

「すぅちゃんこそ大丈夫?」

 かけられた声は、くぅのもの。下から溢れ落ちそうなまあるい瞳でそうして見上げたので、蘇芳はフッと頬を緩めた。

「あぁ、俺は別に。あの人の方が怪我してたから、手貸そうかと思っただけ」

「すぅちゃんって、怒った顔してるわりにはケッコー優しいんだねぇ」

「怒った顔ってなんだ、賢そうって言えよ」

「賢くはなかろう」

「うん、賢くはなさそう」

「うるせぇな……」

 フッと鼻で笑った夜さまは、もう一度静かに「行くぞ」と声を掛けた。


 蘇芳らはそれからしばらくの間、町の中をぐるぐると歩き回った。蘇芳の体感時間で一時間程度ではあったが、しかし『ドア』らしい茶色い一枚板は見当たらない。

 くぅが「お腹空いたー」とダラけた声を上げたため、間近に見えた茶屋へ入った。入ったと言えど、店先に長椅子のような腰掛けが並んであったため、そこへ座っている。

 団子や雑炊のようなものを少し出してもらい、三人で分けようとしたが、「二人で食せ」とだけ言った夜さまは地面にうずくまってしまった。

「なぁ、夜とかどうすんだ?」

「お宿か野宿かなぁー。多分今日はお宿になるかもォ。くぅ、さっきみつけたし、空いてるのかも訊いてきた」

「へぇ、さすが。慣れてんなァ、チビのくせに」

「ふっふうーん! くぅね、ただの子どもじゃないからねぇ!」

 小さく肉付きの良い小さな手で、店から出された簡素な箸を綺麗に持っている。蘇芳はその箸使いに感心していた。

「盗っ人だーっ! 誰か捕まえてくれェー!」

 突然、蘇芳らの前方からそんな叫び声が上がる。

 向かいの米問屋からタッと駆け出す人影に、蘇芳は目を凝らした。

「わあー。物騒だね、すぅち――」

 くぅがそう蘇芳に話しかけ見上げたが、しかし蘇芳はそこから姿を消していた。

「す、すぅちゃん?!」

 くぅが驚き辺りを見渡すと、先の米問屋前から「わあっ」と歓声があがった。しかし砂埃が舞っていて、様子がよく見えない。

 間近で見てこようと、長椅子からポンと降りたくぅであったが、夜さまの方がわずかに早かった。「そこにれ」と残し、先へ駆けて行ってしまう。

「イデデデデ! 放せよっ、ちくしょう!」

「黙れ。盗む方がワリー」

 砂埃が風に散り、やがて落ち着くと、うつ伏せに倒された痩せこけた年配男の上に、蘇芳がどっかとのし掛かっていた。右腕を捻り上げ、痩せこけた年配男自身の後頭部に今にも届きそうである。

 苦しそうにもがいているのは、蘇芳ではなく年配男であった。野次馬の外側から夜さまは静かに肩を下げた。

「米屋のオヤジ、コイツで合ってる?」

「ああ、間違いねぇっ!」

 たっぷりとした体格の米問屋の主は、地面に突っ伏す年配男に睨みかかる。

「痛いって! 悪かったよ降参降参っ。もう離してくれ!」

「で、どうするコイツ? 警察――じゃねぇや、何だ、役所? トノサマ? そーいうなんかお偉いさんとこに突き出すか?」

 年配男の両手首を捕まえながら、彼をゆっくりと立たせる蘇芳。米問屋の主へ、首を傾げ問いかける。

「いんや、とりあえずこっちで話聞かしてもらう。捕まえてくれた兄さん、ワリィけどそのまま押さえててくんな。まァた逃げられちまう」

「あいよ。なぁロープ、じゃなくて紐! 紐あったらそれで縛った方がいい」

「そうだな、こっちにあるから見てくんな」

 そうして蘇芳は、年配男を捻り上げたまま米問屋の主について行ってしまった。

「ほう!」

 始終を見ていた夜さまは尻尾を翻し、くぅの元へと戻る。

「夜さま、どうだったのォ?」

「すぅめ、盗っ人を捕縛した挙げ句、尋問に付き合うそうじゃ」

「へぇ! すぅちゃん強いんだぁ?」

「やはり、そのようじゃの」

「夜さま、くぅたちも行く?」

 ポンと長椅子を再び降り、夜さまへニィと笑いかけるくぅ。薄いアメジストのような瞳をぐるうりと回し考えたところで、「そうするかの」と、夜さまはその小さな頬を持ち上げた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る