ドア

作者 佑佳

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    文章にやさしさが溢れていて、読むたびに幸せな気持ちになりました。

    夜さま達が無事出会えてよかった、本当によかった……涙

    完結おめでとうございます!😭

    作者からの返信

    こと。 様
    物語の最後まで丁寧に追ってくださり、本当にありがとうございました!涙
    すぅちゃん、くぅたん、夜さま並びに演者共々、心から感謝申し上げます!!

    再公開してよかったとワタシも思えました。
    みつけてくださってありがとうございます(*^^*)

    2021年8月25日 09:38

  • 8月20日  日向太誕生日小話へのコメント

    "ドア"を巡る誰にとっても記憶に、心に残る旅だったんだなと感じる小話でした。
    勿論、私にとっても、ね。
    1日遅れたけど、ハッピーバースデイ。
    あなたの一年に祝福あれ。

    作者からの返信

    雪月花 様
    日向太「ご丁寧なご挨拶、ありがとうございました! あの旅があったから、今の僕たちがいるだなと思える出来事だなって。雪月花さんも、この前はおめでとうでした!」

    2021年8月21日 21:19

  • 8月20日  日向太誕生日小話へのコメント

    日向太くん、お誕生日おめでとうございます🎂

    作者からの返信

    岩﨑藍 様
    おめありです!!(*^^*)

    日向太「藍さんありがとー! わー、生クリーム乗ってるケーキじゃん! 小夜と分けてくるけど、藍さんもおいでよう!」

    2021年8月20日 23:43

  • 胡桃 5へのコメント

    色々な物語が一つに繋がってくるのが分かり、読めば読むほど惹き込まれます。✨

    胡桃さんが蘇芳さんの後頭部を一打した場面では、不意打ちでお茶吹きました(笑)

    作者からの返信

    こと。 様
    ありがとうございますー!!涙
    すぅちゃんとケンカしつつ苦心しながら書き進めた甲斐がありました(T_T)!

    記憶の曖昧なくぅがノリノリですぅちゃん撲ってるのオイオイ、と思いながらもやっぱり笑てまいますね……笑笑

    2021年8月3日 11:23

  • サニー 10へのコメント

    みんな幸せになってほしいですね……(;_;)

    作者からの返信

    こと。 様
    ひーーーーん……涙
    ありがとうございます涙
    お見届けいただけたら嬉しいです涙

    2021年7月30日 20:59

  • 4 魔法の終わりへのコメント

     ユニークな設定です。本当に文庫本にありそうな。
     話が進む度にキャラクターへの想いが深まっていくようなよい作品。
     各章まとまっているため、構成力の勉強になりそうだと感じました。
     罪だとか代償だとか、ちょくちょく挟まる回想の正体だとか、伏せ字の中身だとか。
     読者を惹き付けるのがうまいなと感じました。
     いままでの回想が全部つながるのが気持ちよかった。
    一人の人生を見ていくような感じでよかった。懐かしいやり取りが再現されているようで、感慨深い気持ちになった。
     全部通して見ると夜さまの印象がだいぶ変わりましたね。そのままひっくり返ったといってもいい具合に。ある意味主人公というか、キャプションの文章も彼女のもののような気がしますし。

    作者からの返信

    白雪花房 様
    恐らく一気読みでしょうか、ありがとうございました!
    気が付いたら全話分のPVが増えていて驚きました、感動です涙

    一気読みだけでなく、たくさんお褒めのお言葉まで嬉しいです(T_T)
    完成まで15年かけたかいがありました!
    三人のためのお話で、夜さまのためのお話だったわけで。
    ドアに於けるワタシのエモい!となった全てを読み解いてくださってありがとうございました!!

    2021年7月4日 14:33

  • セピア 2へのコメント

    佑佳さんこんにちは(*^^*)
    再公開、待ってました!うれしいです。

    蘇芳さんの矢傷とても痛そうですね。( ; _ ; )
    手当してもらい一安心です。脇腹に矢が刺さると、やはり消化器系にダメージがあるのでしょうか。血が失われて食事ができないのは辛いので、水とご飯が食べれそうでよかったです。(^^)

    作者からの返信

    こと。 様
    こと。さん、こんばんはー!!
    お待たせいたしましたが戻って参りました!!
    こちらこそ再来訪とっっっっても嬉しいです(T_T人)

    びっくりですよね、当人は意識が戻って認識するわけだから「は?!」というね(・ω・`)
    すぅちゃんぷんすこしてますが、先々たくましい奴になってくので、コントラストお楽しみいただけたら嬉しいです(*^^*)

    2021年6月19日 22:48

  • 思い出しし希望へのコメント

    はじめまして、企画から来ました。
    まだまだお話は途中なのですが、これから夜さまやくぅの大切な人がどんな風に関わってくるのかが楽しみな作品ですね!
    個人的に夜さまが好きなので、もっとスポットを当てていただきたいと思います。
    夜さまを何卒、よろしくお願いいたします!
    企画に参加していただき、ありがとうございました!

    作者からの返信

    星道三 様
    ここまで一気読みありがとうございました!
    物語自体は完結しておりますが、転載がまだ終わっておらず、小出しになってしまい申し訳ありません(>_<)
    最高のエンドをご用意してますので、章毎の再公開にはなりますが、すぅちゃん、くぅたん、夜さまと共に全貌を追ってくださると嬉しいです(*^^*)

    2021年6月18日 10:55

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    うわぁ…もう心がゆるゆるです…

    こんなにも、あたたかく、優しい素敵な旅を届けてくださり、本当にありがとうございます!彼ら彼女らの旅を最後まで見届けることができて、わたしは本当に幸せ者です。

    これからもご無理のない範囲で頑張ってください。応援しています!

    作者からの返信

    岩﨑藍 様
    お返事大変遅くなってしまい、申し訳ありません!!涙

    読了ありがとうございました。
    8/8を待ちきれないと仰ってくださり、【ドア】へ赴いてくださり、更にはこうしてお涙を戴きつつ読了まですぅちゃんと共に旅をしてくださった。
    言葉にならないほど嬉しいです。
    こちらこそ、幸せです。
    ありがとうございました涙

    2020年9月27日 17:58

  • 10 2051年09月へのコメント

    幸せすぎて疲れが吹き飛びました…!
    読んでいるのが電車内でなければ、ふかふかのクッションに顔を埋めて足をばたつかせているところです。

    すぅちゃんと撫子だけでなく、小夜に日向太まで…。ようやく逢えたかと思うと、もう感慨深いなんて言葉では表せません。枩太郎先生の名前が日向太へと繋がっているのも、心が温かくなります。人の思いは大切に受け継がれていくんですね。

    作者からの返信

    岩﨑 藍 様
    ワタシも岩﨑さんからコメント頂戴できてとってもハッピーになりました!!!涙

    そう、そう、そうなんですよ……これがエモいというやつでしょうか、なんだ!!涙
    自分で書いていて「ぬおおお///」と悶絶したことを覚えています///

    残り数話となりました。
    怒涛の展開に、涙腺ご注意ください涙

    2020年9月8日 20:10

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    とても面白かったです……!

    (この度は、僕の自主企画に参加していただき、誠にありがとうございます……! よろしければ、他に自主企画に参加されている方の作品を読んで、コメントしたり、評価などしてみてくださいね☀️)

    作者からの返信

    夏@工房 様
    お付き合いくださりありがとうございました!

    2020年8月30日 17:42

  • そしてドアは閉じられるへのコメント

    じわじわ涙がたまり、すぅちゃんが自分の流した涙に気がつくシーンで決壊しました。

    わたしの魂も震えています…。練りこまれた設定と緻密な伏線、繊細な心理描写。もう何もかもがすごいです。
    先を読みたい気持ちと読み終わってしまう寂しさが混ざり合いつつも、やっぱり彼らの先を見届けたい、と思ってしまいます。

    作者からの返信

    岩﨑藍 様
    あああ泣いていただけましたか!!涙
    ありがたい、ここまですぅちゃんと旅をしてくださって、本当にありがとうございます涙

    ワタシも、終わってしまいたくない終わらせたくないと泣きながら推敲していたのを鮮明に覚えています。

    すぅちゃんが、みんなが、ここからどうなるのか。
    ここからが、佑佳のお涙頂戴本番です!笑

    2020年8月26日 21:15

  • そしてドアは開かれたへのコメント

    謎の多い冒頭に強く引き込まれてしまいました。やはり佑佳さんの作品の虜になってしまったようです。8/8まで我慢するぞという決意はどこへやら。こちらの作品を一足先にゆっくり読み始めようと思います。

    暑い日も続きますが、体に気をつけつつ頑張ってください!これからも応援しています。

    作者からの返信

    岩﨑藍 様
    ヒャアアア!!
    岩﨑さんんん!!
    【ドア】にようこそ──いえ。ドアをよくぞお開けくださいました(*^^*)

    【ドア】は、絶対に後悔はさせません。
    ワタシが記憶喪失になったら、始めに読んでぐちゃぐちゃに泣きたい物語に仕上げました。
    蘇芳くんと共に真っ黒の謎に足を踏み入れて、進む度にどんどん色付いていく世界をご覧いただけたらと思います(・ω・)/


    しかもしかも、8/8をお待ちくださる予定だったなんて輪をかけてうれしいです!
    ありがとうございます!
    ワタシも楽しんで書いていきますので、岩﨑さんもどうぞ楽しんでくださいませ(*^^*)

    2020年8月4日 00:28

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    Twitterでも申し上げましたが、くぅ×すぅ、が一番好きです🐸

    このイレギュラーな旅、本来とは違う姿形ゆえに発生した絆であり、帰還後も、すぅの方ははっきりと思い出すことはなかったという事実。色々たまりませんね。

    あの旅では兄と妹のようであり、帰還後はまるで姉と弟のような関係も含めて、とても好きな二人です!

    作者からの返信

    nora_gaeru 様
    本当に、三人の長旅にお付き合いくださいましてありがとうございました!
    心の底から感謝申し上げます(*^^*)

    あああ二人のそこをご共感くださいますか!!涙
    そうなんですよ、そうなんです!!涙
    枩太郎もそうですがくぅのすぅちゃんとの関係で最も悶絶するのはそこなんですよ!!涙

    で、すぅちゃんとわからんままに旅を始めたはずの読み手の方は覚えているからこそ、再びなんもわからんくなったすぅちゃんにもエモいものを感じる……!!

    伝わってよかったです。
    本当に、いろいろとありがとうございました!

    2020年7月24日 07:57

  • 撫子 8へのコメント

    自主企画「予想外の展開がある話」から来ました。こと。です。

    物語の謎が少し分かり、わくわくしております。
    以前に、主人公の夢で鍵がガチャリと開く音がしたのは、そういうことだったのですね(*´ `*)
    他にも色々と伏線が隠されてそうで、楽しみです✨

    企画では、なるべく多くの方の作品を読みたいので遅くなってしまいますが、後日、必ず続きを読ませて頂きます!

    企画へのご参加ありがとうございます。

    作者からの返信

    こと。 様
    こちらこそ、企画へ参加させていただきましてありがとうございました!

    はい、ぜひともこと。さんの読みたいものを優先してください(^^)
    ご無理なさらない程度で楽しんでくださいね!

    各所で謎がバシバシ解けていくので、引き続きお楽しみ戴けると嬉しいです(*^^*)
    この度はこちらこそ、ありがとうございました!

    2020年6月7日 17:45

  • どうでもいいような小ネタばらしへのコメント

    この数日で一気読みしてしまいました!
    短い期間で読んだのに、三人の旅が終わっちゃう〜って寂しくなるほどツボに入りました…
    最初は「???」ばっかりでしたが、繋がりがわかってくると気づけば三人が愛おしくなっていて…
    みんなが目的を達成できて本当によかった(泣)

    蘇芳くんだけがわかってないのがもどかしい…けどそれがいい…(何様)

    小夜ちゃんの喋り方が旅立つ前からお父さんの真似してたのか!とか、声色がセピアと繋がったりとか…最後まで驚きいっぱいでした

    すてきなキャラたちに出会えてよかったです…みんなに幸あれ!

    作者からの返信

    marushi SK 様
    駆け抜けてくださって、本当にありがとうございました!!涙

    すぅちゃんと共にハテナで始まり、すぅちゃんと共にわかってくると、くぅと夜さまと共に涙するっていうバイヤーな仕掛けでした(T_T)

    そう!すぅちゃんのそうそれです!!
    なんかそれ、エモいってやつです(T_T)およよよよ
    アアーーワタシも何周も読んでしまう……本当にありがとうございました!!

    ☆まで頂戴しまして、感謝感激です!

    2020年4月12日 08:02

  • 9 2013年03月25日へのコメント

    涙が……止まらん……

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    お涙頂戴いたしました、本当にありがとうございます(T_T)!!

    2020年3月20日 17:21

  • 7 2013年03月24日 昼へのコメント

    きたぁあああああ!!!!!!!

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    再会成し得ました!!!
    さーーて、どうなりますやら?!!

    2020年3月20日 16:59

  • 4 2008年12月へのコメント

    ああ、あああ………
    一言で言い表せない物事を下地に
    再会して、未来へ再開していく

    うあああああ…………!!

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    そうなんですうううう……涙
    あの旅が地盤にあるからこその三人の関係であってあああああーー!!!涙

    2020年3月20日 16:54

  • 胡桃 5へのコメント

    蘇芳、殴られるのは定めなのだな……

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    すぅちゃんが優しいことは、夜さまが既に知っていたわけですからね笑
    ドンマイ☆すぅちゃん

    2020年3月20日 12:40

  • サニー 10へのコメント

    うががががが………!!!(切なさやら悲しさでエラー)

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    お涙頂戴いたしました(T_T)
    はてさて、どうしますやら。

    2020年3月20日 10:42

  • 撫子 9へのコメント

    やべぇ……(T_T)

    作者からの返信

    USAGIOTOKO 様
    ここまで一気読みありがとうございます!
    お涙戴きまして、本当に嬉しく思います。
    すぅちゃんを引き続きどうぞ、お見守りくださりますと幸いです(*^^*)

    2020年3月19日 16:56

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    素敵な物語でした。
    ちゃんと、全部、うまい具合になりましたね。
    同じシーンが流れる毎に、文や台詞は同じなのに伝わってくる情報と抱く感情、視点が違って引き込まれました。

    蘇芳が喧嘩の腕を不本意ながらでも磨くことになったことも、この旅を無事に終えるには必要だったのですね。

    条件だけで言えば物凄く不安定で過酷な旅を、年若い少年少女がやり遂げた、という自信はその後の彼らの自信となり、人生を豊かにするでしょう。

    沢山大変な思いをしたけれど、終わってみれば一瞬で。正に魔法のような大冒険でした。

    読了いたしました。
    おまけにもお邪魔しますね。
    ありがとうございました。

    作者からの返信

    弓チョコ 様
    最後までみんなと共に旅をしてくださりまして、本当にありがとうございました!!涙

    事務的な裏話にはなりますが、全てに無駄がないように気を配りまして、こうして無事に丸く集約できたことはワタシ自身でも感動的でして。

    ☆レビュー文まで、本当にありがとうございました!!涙

    2020年2月26日 08:55

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    読了!

    あっという間に読み進めてしまった気分ですが、終わりに近づくにつれそれぞれの時代の回想が入り「ああ、そういえばこんなこともあった。あんなこともあったよな」と懐かしさにも似た感慨が湧き上がりました。きっと夜さま、すぅちゃん、くぅちゃんと一緒に僕も時間旅行をしていたのでしょう笑

    そして時間旅行が終わると同時に「ここに記された物語は人生であり、誰かに想いが繋がっていく早大なドラマだったのだな」としみじみと感じました。
    誰かと出会い、想いを巡らせ、未来へ繋いで作っていく。
    うーん、生きるって素晴らしい!(´∀`)

    作者からの返信

    鴨志田千紘 様
    あれよあれよと進んでくださり本当にありがとうございました!涙
    ワタシも書きながら「こうだった」「こんなこともあった」と何度泣いたかしれません(T_T)
    人生だと、人間ドラマだと仰ってくださり、本当にありがとうございます!!

    そして、お返事大変遅くなりまして申しわけありませんでした!!!涙

    2020年3月13日 10:28

  • 枩太郎 2へのコメント

    〜〜〜ッ
    繋がりかけの〜〜要素が〜〜ッ〜〜(悶絶している

    作者からの返信

    えむ 様
    お好きでしょう、お好きでしょう?!!
    こういうのお好きでしょう?!!グイグイ

    2020年2月11日 14:21

  • 胡桃 5へのコメント

    なるほど、こうなるのか…!
    くぅ…

    作者からの返信

    えむ 様
    こういうことでごぜぇました(・ω・`)
    はてさて!!
    はてさてですよ!!(??

    2020年2月11日 00:09

  • 胡桃 2へのコメント

    揺れる乙女心の黄色とピンクが見えます…!
    ■■■のやらかい感じも相まって、甘酸っぱいデス…!

    作者からの返信

    えむ 様
    んっふふふふ///
    ドッキドキの甘酸っぱさは得意分野なだけあって、筆が進んで進んで目まぐるしかったですよ笑

    ありがとうございます(^^)

    2020年2月11日 00:09

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    やはり、最後のコメントはここに書くことにしよう。そうしよう。

    そう言いつつ、もう、胸がいっぱいで言えることがないんだ……。もう、ラストの夜さまの旅を一挙回想していくところとかもう。本当に長い旅を越えてきた。その旅の途中ですぅちゃんが旅をともにしてくれて、夜さまが救われていくのが、たまらんかったです。

    キャラクターとしてはやはりすぅちゃんが好き。でもすぅちゃんが好きだということは、すうちゃんを導いた先生が好きということであり、先生を好きだということはやはり先生を導いたすぅちゃんが好きで……ええと…………巡りました。

    コンビで、となると夜さまとサリー。再会から、皆のためにもう一度別れを決意するくだりでティッシュ一箱を持っていった罪深いコンビ。ありがとう、再会をありがとう。


    しっかりと作り込まれた素晴らしい物語、本当にありがとうございました。途中、夜さまの夢まで見ました。素晴らしかったです。

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    まさかの一気読みにワタシのが感動しております……こんな文量(書いといてあれだけど)、本当にお腹いっぱいだと思います。
    ありがとうございました(T_T人)

    ほんとにそうなんですよう……くるっと回って夜さまを追うともう言葉がなくなるんですよぼぼぼぼ(T_T)

    夜さまの夢!
    いいなぁワタシも視たいです!!涙

    ほんとにほんとに、みんなと旅をしてくださってありがとうございました(T_T)!

    2020年2月6日 17:43

  • 枩太郎 12へのコメント

    >ワシらはほんに、いい夢を見ておった

    親方の優しさをすべて詰め込んだような一言(;´Д⊂)

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    半ばワタシの代弁でした。
    ワタシもそう思いながら書き綴り、浪漫編でみんなの旅の終わりを泣き惜しみました。
    親方はワタシの分身かななんて思いながら笑

    2020年2月6日 14:55

  • サニー 10へのコメント

    ティッシュが空でやんすよ……セレナーデにもう一段積んであった(;´Д⊂)

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    積んでありました(´ω`)
    うぼぼぼぼ、と涙が流れるスイッチ入れておきますね(まだ泣かせるたぬき

    2020年2月6日 14:53

  • サニー 7へのコメント

    自分でも扉ものを書いた関係で、『鍵』と目にするとなぜか『ふぉっ!』となりました。

    それで夜さまなのか、そうか、そうか(泣)

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    アアアそんなところまで///

    これからまだもう少し、夜さまについて明かしますね(T_T)

    2020年2月6日 07:57

  • サニー 2へのコメント

    先生のお言葉に引っ掛かりつつ……先へ!

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    ほぉーん?!ニヤニヤ
    さてさて、どう関わってくることやらー?!ニヤニヤ

    2020年2月5日 17:22

  • 珊瑚色の珠へのコメント

    すぅの胸に何があるんですか夜さまぁ!

    あれもこれもそれも気になる事だらけですが、とにかく次の世界へ!!

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    夜さま「未だ教えられん。代償を払うなら別じゃがな」

    夜さまが怖いこと言ってくる……

    続々とありがとうございます(T_T)!
    よろしくです(*^^*)

    2020年2月5日 14:37

  • そしてドアは閉じられるへのコメント

    物語の大きな部分がようやく落ち着いた、といった所でしょうか。
    大変満足しております。
    旅の記憶が無くなれば彼の精神的な成長も失われてしまうのでしょうか。
    残り話数的にももうひと波乱ありそうな……?
    佳境ですね。撫子とどんな出会い方をするのでしょう。

    作者からの返信

    弓チョコ 様
    大きな区切りまで辿り着いてくださり、本当にありがとうございます(T_T)!

    再会編をおよみいただきながら、すぅちゃんの転換期をお見届けいただけたらと思います(´ω`人)

    2020年2月4日 18:06 編集済

  • そしてドアは開かれたへのコメント

    ドアですね!とってもドア!

    謎のドア、しゃべる猫様、女の子。これは不思議な始まり!楽しみです。

    作者からの返信

    水凪らせん 様
    いらさいませー!
    とってもドアですが、らせんさんのドアとは色味が反対色でしたね(´ω`)
    らせんさんは白、ワタシはチョコのような茶色!笑

    引き続きよろしくです!

    2020年2月4日 17:52

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    佑佳さんんん涙が止まらないーーーーー本当に本当にすごい。本当泣いてる。佑佳さんーーーーー😭😭😭😭😭みんなが大好き!!!

    作者からの返信

    日梨はつき 様
    ヒアアアア!!!涙
    ありがとうございます、ありがとうございます(T_T人)
    みんなのために涙を流してくれて、本当にありがとうございます!!!(T_T人)

    すぅちゃんもくぅも夜さまも、いつだってみんな、ここにいますよ(´ω`)

    2020年2月4日 01:19

  • そしてドアは閉じられるへのコメント

    ああもう本当に涙が止まらない佑佳さんたすけて

    作者からの返信

    日梨はつき 様
    ウワアアアとてもよくわかります!!!涙
    ワタシも泣きながらオイオイ言いながら書きましたアアア(T_T)

    2020年2月4日 01:18

  • 枩太郎 12へのコメント

    泣いたぁ………言葉が出ない

    作者からの返信

    日梨はつき 様
    ううう、ありがとうございます(T_T)

    2020年2月4日 01:17

  • 胡桃 2へのコメント

    ■■■さんがめちゃくちゃに好きになってしまいましたどうしよう

    作者からの返信

    日梨はつき 様
    ひょえええ!!!
    嬉しい!嬉しいー!!涙

    良二とどっちが好きになるかなァー??ニヤニヤニヤ

    2020年1月31日 17:21

  • そしてドアは開かれたへのコメント

    一式鍵様のツイッター企画から来ました。

    第一話だけを読んで褒めて褒めて褒めちぎる!!(笑)

    「ドア」を拝読させてただいてよかった点
    ・謎が謎を呼ぶ重厚感のある第一話。
    ・主人公が意識不明から始まるので、彼がまず、どんな状況なのか注目しなければならない、と言う興味の引き方がとても良いと思います。
    ・主人公の言う通り「なにが」「どうなっていて」「ここはどこ」なのか、読者も一緒に惹かれるところ。
    ・「なにがどうなるのか」をあらすじなどからサクっと判断できる最近流行のウェブ小説とは異なるアプローチの仕方。こういうやり方もアリか、と目からウロコです。
    ・工場の煙突がデカデカと見えるその国道沿いは、こんな雨の日ですら嫌気がさすほどキラキラと光る、と言う表現とか、世界の描写が奇麗。
    ・元々主人公(すぅ)のいた世界自体が、現代とはちょっと異なるファンタジー感がある点。重厚な世界観の一端が垣間見れて、ファンタジー好きにはワクワクします。(ファンタジー好きです)
    ・登場人物がいきなり多くはないので、キャラクターを把握しやすいです。
    ・そのそれぞれが、とても個性的。会話文だけで、キャラクター識別ができます。
    ・夜さまがもふもふ好きにはたまらない。(はい、もふもふ大好きです)
    ・まだ何も始まっていないし、何が始まるのか分からないので、次が読みたくなります。

    普段は、軽いなろう系が好きなので、そう言う俺TUEEEとか、成り上がり物とかを読んでいるので、新らしい世界に触れられて楽しかったです!!

    作者からの返信

    伊坂 枕 様
    お越しくださりありがとうございます(^^)
    良かった点がこんなにも多く戴けて、嬉しい限りです!

    一般文芸系に腰を据えてしまっているので、いわゆる『なろう系』の方には好かれないのかなと自信を欠いていましたが、その界隈を舐め尽くしたであろう伊坂さんよりここまでお褒めいただけますと、心の支えも取れた心地です(*^^*)

    すぅちゃんと共に眉を寄せて、どういうことだよと夜さまに詰め寄りつつ物語は進んでいきます。
    もしご興味を引き続きお持ちくださるのであれば、また不可思議な【ドア】を是非ともお開けくださいませ(^^)

    みんなはいつでもここにおります。
    この度は本当にありがとうございます!

    2020年1月28日 23:08

  • サニー 5へのコメント

    夜さま……涙

    作者からの返信

    日梨はつき 様
    ワタシもこれは泣いた……(作者

    2020年1月28日 18:03

  • 【ドア】を愛し、追いかけ、共に旅をして…へのコメント

    完走させていただきました。

    ご本人も書いていらっしゃる通り、蘇芳たちと長い旅をしてきた、という気持ちがあります。

    またレビューにて詳しく書かせていただきます。ありがとうございました。

    作者からの返信

    三文士 様
    完読ありがとうございました!!!涙
    嬉しすぎます、ほんとにありがとうございます(T_T人)

    ☆もレビューもあわわわわ……嬉しすぎます、ううう、ありがとうございました!!!涙

    2020年1月18日 18:22

  • 胡桃 1へのコメント

    蘇芳で「すぅ」ですからね。
    楽しみですね。

    作者からの返信

    弓チョコ 様
    おおっ!
    まぁこれは簡単でしたね(*^^*)

    よろしくお願いいたします(・ω・)/

    2020年1月10日 09:45

  • どうでもいいような小ネタばらしへのコメント

    GARNET CROWの曲がインスピになっていたり、地元が登場していたりと、興味深そうなお話でした。
    早速「夕月夜」から聴いてみるとします(๓´˘`๓)♡

    作者からの返信

    長門 様
    ウアアアありがとうございます!!涙
    夕月夜流しつつの本編初回~撫子導入がもうワタシの涙腺崩壊ポイントなんですー(T_T)
    未完成な音色は、全く意識してないでたまたま聴いて「小夜オオオオ!!!!」って泣きました……笑

    ありがとうございます(*^^*)

    2020年1月9日 17:25

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    全てのドアが本当の意味で閉じた音を聞いた気がしました。心地よい後味です(*´ω`*)

    いい物語でした・・・( ;∀;)
    多くの人に、彼らの旅の道連れになって頂きたいな、と感じてます。

    完結お疲れさまでした💐💐💐

    作者からの返信

    長門 様
    【ドア】も読了、本当に本当にありがとうございました!!(T_T人)
    嬉しいお言葉も戴けて、とっても感動です(T_T)

    構想から数えて14年越しになってしまいましたが、ようやく完結とできて形に残せたこと、後悔はありません(^^)
    本当にありがとうございました!

    2019年12月1日 10:06

  • 思い出しし希望へのコメント

    今までは蘇芳だけ話や状況に付いて行けず、ただ「一人」が三つあっただけに感じていましたが、ようやく「三人」の旅になったのではないでしょうか。
    お互いを尊重し支えあう良いチームだと思います。

    まさか彼のケンカが軍人にも通用するとは……。
    これからの展開にも期待です。

    作者からの返信

    弓チョコ 様
    まさしくその通りですね(^^)
    砂砦編で互いを想い合えるようにようやくなりつつある頃だったと思います!
    ここでの結束が、追々関わってくるわけですが。

    引き続き新たな扉の向こう側でも、よろしくお願いいたします(*^^*)

    2019年11月20日 15:26

  • 鍵の宿りし身へのコメント

    蘇芳ってやっぱり優しい…

    作者からの返信

    えむ 様
    すぅちゃんは、この旅で本当に優しくなったと思います(>_<)
    嬉しい……すぅちゃん!!(感動の涙

    2019年11月10日 18:43

  • サニー 10へのコメント

    近付いたのに遠のくとはこれ如何なセツナレンサか……!(鼻がグズグズ

    作者からの返信

    えむ 様
    辛い展開でしたが、必ずやハピエンにしてみせますのでご期待くださいっ(T_T)!
    夜さまもサニーもごむぇえん……(T_T)

    2019年11月10日 18:42

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    完結…ッッッ…!!!
    おめでとうございます!!!!!

    終始ハラハラしっぱなしでした…でもその分、後半の正しく時間が進み始めた部分から、諸々繋がっていく感じが爽快だったなぁ…!

    キャラとしては蘇芳くんの真っ直ぐさが好きですが、セットで推したいのはしょーたろー先生とくぅちゃんです…あの二人本当に見てて癒されるし可愛いし苦労が透けて見えて胸がきゅんきゅんするんじゃ…(幸せのため息

    そんな二人が手塩にかけて育てたからこその蘇芳くん…ある意味彼は、二人の子供みたいなもんなんだよなぁと思うと、たまらんです…(涙

    本当に楽しませて頂きました。ありがとうございます!
    (おまけも全力で楽しみます)
    (レビューはまた後ほどっ!!)

    作者からの返信

    湊波 様
    完走ありがとうございました!!!(T_T)
    長い旅路、そして終わらないハラハラらに「どうなるんや……」と眉間が寄ったことと思います(T_T)

    枩太郎と胡桃をまさかセットで気に入ってくださるなんてともうもう嬉しすぎて倒れる///
    そうなんですよ、そうなんですよ!!
    二人が手をかけ目をかけてなかったら大学行ってなかったろうし……ンンンン!!(I'm作者

    また別のお話でも、どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

    2019年11月8日 15:26

  • 10 2051年09月へのコメント

    羽織りを頭から被る撫子ちゃんが本当に可愛い上に感慨深いです…。
    それにしても、日向太くんの名前の由来にしょーたろー先生が入ってくれてたのが個人的には嬉しい…嬉しい…繋がってるって、まさにこんな感じですよね…!

    作者からの返信

    湊波 様
    感慨深い、戴きました!!涙
    そーなんですよう(*^^*)
    こういうどうでもいいようなさりげない繋がりも、いわゆる『萌ポイント』ですわ///

    さてさて【ドア】ももう少しですね、いつもありがとうございます!

    2019年11月5日 15:20

  • 7 2013年03月24日 昼へのコメント

    撫子に会えたー!!

    と一人で盛り上がってしまいました(笑)

    思えばここまで来るのにどれだけ苦労したことか・・・(ノω・、) 我が事のように嬉しいです😹

    作者からの返信

    長門 様
    わーーん、長い長い旅の末の再会でした!!
    すぅちゃんのモヤモヤをやっと、やっと解放してあげられてワタシもスッキリしましたよ(T_T)
    お待たせしました、本当に!

    2019年10月31日 16:57

  • 4 魔法の終わりへのコメント

     完結おめでとうございます。
     この長い旅の終わりに立ち会えたことを幸運に思います。
     素敵な物語をありがとうございました。

    作者からの返信

    爪切り様
    いつもいつも、追ってくださっていて本当に嬉しかったです。
    何度も何度もになりますが、本当にありがとうございました!

    みんなと一緒に旅をしてくださって、心から感謝しております(*^^*)

    2019年10月24日 20:06

  • 【ドア】を愛し、追いかけ、共に旅をして…へのコメント

    完結おめでとうございます!
    終わっちゃいましたねぇ……
    嬉しくもあり、寂しくもあります。
    大円団で良かった良かった!

    作者からの返信

    雪月花 様
    ありがとうございました!!
    そしてずっとずっと追ってくださって、本当に感謝ばかりで(T_T)

    おまけ、お待たせいたしました!
    リクエストあったらまだやりますよフフフフ笑

    2019年10月24日 18:50

  • セピア 2へのコメント

    国の歴史や事情は文字にすると簡単に理解できます。
    ですが「痛い」「怖い」などの主観的、感情的な部分は当事者にとっては文字に表せられない何より大事な論点ですね。
    蘇芳はまだ高校生ですから、この主張+、仲間の心配と、さらに少しだけ相手を慮る理性的な発言もできたのは精神的に成長したように思います。
    「ドア」の旅を続ける以上常に想定すべき、頻繁に起こりうる事故だと思いますので。
    まだまだ面白くなりそうですね。楽しみです。

    作者からの返信

    弓チョコさん
    ふおお、深いところまで読み解いていただけて大変嬉しいです!
    すぅちゃんの精神年齢は旅の内容濃さや意味深さと共にぐいぐい上がっていくのでしょうねぇ。

    実は一番爽やかな砂砦編、ぜひお楽しみください!

    2019年10月24日 17:03

  • 【ドア】を愛し、追いかけ、共に旅をして…へのコメント

    読み始めたときは、まさかこんなに長くなると思いませんでした(^^
    長さでC-LOVERSを超えちゃいましたね!
    一緒に時代を巡る、楽しい旅路でした。

    次作は、アレですね……楽しみ。
    体調に気をつけつつ、創作楽しんでいきましょうね!

    作者からの返信

    はとり 様
    ワタシもまさかこんなに長くなるとは……善一もビックリでしょうな笑
    構想とかで時間を取られるかなと思ってたので1年計画にしてましたが、思ったよりもみんなが協力してくれたので会話などがバンバン弾みまして早まりました(*^^*)
    頭を使ったり時間を跨ぐのでごっちゃになってしまってないかとハラハラでしたが……わからないことがあったらいつでも訊いてくださいね!!

    次回作はあれです!(*^^*)
    はとりさんのご協力あってこそ、進められているあれです!!
    お楽しみに(・ω・)/

    2019年10月24日 12:28

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    おかえりなさい。


    夢のような旅路は終わり、あるべき場所へ、あるべき姿へと。
    そうして、胸に託された優しさと勇気が残って、二人の未来を彩っていくのですね。

    この二人も可愛い夫婦になりそうだなぁ。
    完結、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした!(^^

    作者からの返信

    はとり 様
    本当にありがとうございました(T_T)!!
    人から人へ、継がれるものが画けて良かったかなと一安心です(´ω`)
    心から、すぅちゃんのお陰でみんなのお陰ですね(T_T)

    日向太「ただいま!」
    小夜「長らく、ありがとうの」

    2019年10月24日 12:24

  • 【ドア】を愛し、追いかけ、共に旅をして…へのコメント

    お疲れ様です!(*’ω’ノノ゙☆パチパチ
    こちらこそ素敵なお話をありがとうございました。

    作者からの返信

    にぎた 様
    追いかけてくださっている、共に入り込んでくださるにぎたさんに励まされていたことは紛れもない事実です!
    またいつでも、すぅちゃんやみんなに会いに来てくださいね(*^^*)
    にぎたさんの心の中にも、鍵はきっとあります。

    2019年10月24日 09:33 編集済

  • 4 魔法の終わりへのコメント

    うわああああん!泣
    グスングスン(ノ_・、)涙

    二人の真の再開も、
    みんなが待ってくれていたことも、
    そして最後の台詞も、、、(ノ_・、)涙

    ひとまず、完結お疲れさまです。
    続きのあとがき?も楽しみに読ませていただきます!グスン

    作者からの返信

    にぎた 様
    わああーーー(T_T)涙
    追いかけてくださって本当に本当にありがとうございました!

    「え?は?」って反応するサニー大好きなんですよ……笑
    多分『じいちゃん』と同じ顔して驚くから笑

    2019年10月24日 09:25

  • 3 魔法の旅へのコメント

    長い長い旅をしてきましたよねぇ……。でも、一人っきりの旅路ではきっといつか力尽きていたでしょうから、くぅちゃんを巻き込んだのも運命の采配だったのかもしれないな、と今では思います。
    だって、二人分の縁ならより強く蘇芳君の元へと導かれるはずですもんね!
    最後の目的を、間違いなく果たせますように。

    作者からの返信

    はとり 様
    本当に、長い長い旅でした(T_T)

    仰るとおりですね!
    ワタシ自身も小夜のように、巻き込むことが罪のように思っていた時期もありましたが、書き進めていくなかで、それは違うのだと再認識したように思います。

    ラストシーン、お楽しみ(*^^*)!

    2019年10月21日 14:55

  • 3 魔法の旅へのコメント

    どっと流れてくる回想たちのように、長く険しい旅の思い出が……

    作者からの返信

    にぎた 様
    もう一度旅をしていただきました。
    なぞってみると、わかっているのに涙が止まらなくなったりして(T_T)
    小夜の心も相まって険しさが際立ちました。

    さあいよいよ最後です!

    2019年10月21日 13:12

  • 3 魔法の旅へのコメント

    これが、舞台裏なんですね。
    今までの旅路の、夜さまの胸の内。

    次でラストでしょうか。
    楽しみにしています。

    作者からの返信

    雪月花 様
    夜さまの胸の内は幼く儚くグラグラでしたが、老いたすぅちゃんと撫子の傍で幼少期を過ごしたからこそ奮い立つものがあったんですよね(T_T)ううう

    そうなんです、次回で最終話。
    はてさて、彼女の望みやいかに。

    2019年10月21日 12:45

  • 2 魔法のすれ違いへのコメント

    あー、なるほど、それで「夜さま」であの口調なわけですね。素だったのか……。
    そしてこれはタイムパラドックス案件ですね。思った以上に年月が隔たっていて、思った以上に状況が変遷しているという。
    帰る場所は、時代はどこなのか。気になりますね。

    作者からの返信

    はとり 様
    そうだっだんですよ……ワタシはここから始めるか胡桃スタートにするか本来のスタートにするかでとてもとても悩みました(T_T)
    結果的にものすごく多くの時間を跨ぐことになったので、時間計算諸々頭がぐちゃぐちゃになって笑
    なので完結まで執筆するのにすごく時間が……笑

    ある意味スッキリ!!涙

    2019年10月19日 10:35

  • 珊瑚色の珠へのコメント

    まだまだこれからと言った感じですね。くぅや夜さまについてはほぼ明かされていませんし。いや、蘇芳についてもですね。
    長い旅になりそうですね。

    作者からの返信

    弓チョコ 様
    長くて濃くて、彼らにしてみたら短い旅になります(´ω`)
    涙と感動をお約束します!
    いつもありがとうございます!

    2019年10月17日 15:38

  • 10 2051年09月へのコメント

    どこまで読んだっけ? と一瞬迷子に!
    駆け足で過ぎてゆく日々は、まさに人生行路。そしてこの孫たちとの出会いは、ある意味で再会でもあるのですねぇ。

    作者からの返信

    はとり 様
    きっとすぅちゃんに記憶が残ってたら、こんな風にはいかなかったのかなと思いつつ(^^)
    複雑ですが笑

    おまけとして末端に加えたら本編迷子になることがわかってしまって、ワタシも焦りました(T_T)
    ご迷惑おかけしました(>_<)

    2019年10月17日 11:50

  • 10 2051年09月へのコメント

    ああ……どうしてこんなにも暖かいのでしょうか。
    読んでる私まで幸せになってしまいます笑

    作者からの返信

    にぎた 様
    赤峯家が幸せすぎてワタシももう……!!涙

    Twitterにも書きましたが、前後させてしまって本当にすみませんでした!(T_T人)

    2019年10月17日 09:25

  • 1 2004年12月24日へのコメント

    待って…この二人…尊い…尊い…(拝

    変に気取らず、ナチュラルにイチャつけるのがいいなぁと思うのですほんとに…(涙

    作者からの返信

    湊波 様
    尊い戴きました!!!(感動
    ワタシの中ではホントにリアルタイムくらいで長い付き合い(マジの2008年とか)を二人がやってくれてるので、ナチュラルすぎて新鮮味が心配でしたが笑

    いやー、いい二人ですわ(T_T人)

    2019年10月17日 08:28

  • 4 2008年12月へのコメント

    ちょっと言葉にならない尊さです♪(/ω\*)
    くぅちゃん嬉しそうで何よりです、すぅちゃん羨まし過ぎるぞコラ(*´・∀・)

    作者からの返信

    長門 様
    尊いありがとうございますっ!///
    すぅちゃんのラッキースケベが……笑

    2019年10月15日 18:49

  • そしてドアは閉じられるへのコメント

    蘇芳くん、まじでイケメン好きで泣きます…。。
    いやでも、それも旅してきたからこそなのかな…。

    誰かを探してる気がする。作中で何度も出てきたこの文言が、一番身に染みて…感じられました…。

    作者からの返信

    湊波 様
    ふえええ、お涙頂戴いたしました、ありがとうございます(T_T)!

    旅をして、いろいろを見てきたからすぅちゃんはあんなにも頼もしく大人になったかなと(´ω`)
    ぐうう、ある種「これから」なので、もう少しお付き合いください(*^^*)!

    2019年10月15日 15:43

  • 9 2013年03月25日へのコメント

    撫子さんに前世記憶があるのは、夜さまの「魂のリンク」のお陰なんですかね……。二人で想いを確かめ合ったなら、きっともう大丈夫!
    よかったねー二人とも! 今度こそ幸せになってね!

    作者からの返信

    はとり 様
    ありがとうございますー!

    夜さまがどうしたのかは実はちゃんと決めてないんです笑
    けど前世記憶があることはずっとずっと決めていたことだったので、きっとこれがそうなんだろうとワタシも書きながら思いました(T_T)

    2019年10月10日 12:22

  • 9 2013年03月25日へのコメント

    撫子ちゃんにも記憶が、思いが泣
    すぅちゃんが頑張ったおかげですね、、、号泣

    作者からの返信

    にぎた 様
    うあ、うああぁ……(T_T)
    ありがとうございます(T_T)
    前で頑張ったし、もう甘やかしてもいいですよねと!(T_T)

    2019年10月10日 09:44

  • 9 2013年03月25日へのコメント

    良かった……良かったよぅ……(号泣)
    おめでとう、本ッッッ当におめでとう!
    あーもー、言葉が出ない……いや、余計な言葉は寧ろ無粋か。
    2人とも、本当におめでとう!!!

    作者からの返信

    雪月花 様
    長くお見守りいただきまして、本当にありがとうございました(T_T)!
    いやー、よかった。
    長年思い描いていたことがこうして具現化出来るなんて、本当に夢心地です。
    あと少し。
    あと二話三話かなぁ……(´ω`)

    2019年10月9日 12:30

  • 思い出しし希望へのコメント

    ふをををを!
    みんなの捜し物が徐々に明らかになりつつある…そわそわ、、!
    それにしても、セピアさんは夜さまの転生した姿の一つだったのかあ…!と妙に納得しました。口調とかそう言えば夜さま感あった…!
    続きも楽しみです!∩・ω・∩わくわく

    作者からの返信

    umekob.様
    ちょっとずつ明らかになりつつ爽やかなエンドにできたので、砂砦編は二度の改稿をして正解だった章になりました(*^^*)
    またおねがいします!

    2019年10月6日 11:45

  • サニー 4へのコメント

    日向太…
    サニー…
    …ハッ!!!!

    そういうことか!!!(遅

    作者からの返信

    えむ 様
    そういうことでした(´ω`)
    遅くはないですよ、これからもっとこういうのが……笑

    2019年10月5日 09:39

  • サニー 3へのコメント

    !!!!!?
    !!!!!!!?????

    作者からの返信

    えむ 様
    大混乱笑笑笑

    2019年10月5日 09:37

  • サニー 2へのコメント

    ほう…??
    しょうたろう先生関連で繋がりが…??

    作者からの返信

    えむ 様
    ほほう??笑
    謎がどこと繋がるのかがまだ不透明ですねぇ(´ω`)
    はてさて??

    2019年10月5日 01:25

  • 8 2013年03月24日 夜へのコメント

    いきなり新婚やってる……(笑)
    お互いに、たぶん、求め続けていた「からっぽ」が満たされた感じなんでしょうねぇ。身分にも立場にも縛られなくなった撫子さんが、幸せそうで(^^

    作者からの返信

    はとり 様
    「いきなり新婚~」に吹きました笑
    それなりに枷が外れた撫子が軽い心で過ごせているのがまた本当に涙が、うっ……

    2019年10月4日 22:08

  • 8 2013年03月24日 夜へのコメント

    あー……良き良き(*´∀`)
    すぅちゃんも撫子もかわいい(*´∀`)

    作者からの返信

    にぎた 様
    ありがとうございます(T_T)!
    旅の後だから幸せが一層際立ちますね笑

    2019年10月4日 14:24

  • 8 2013年03月24日 夜へのコメント

    あー!素敵です!!
    電車の中で読んでニマニマしちゃってます!w
    続きが!早く続きが読みたい!!(考察っぽい事を放り投げた上に語彙力崩壊)

    作者からの返信

    雪月花 様
    うおお、語彙崩壊ウェルカム☆

    セルフオマージュも兼ねている『再会編』ならではの展開かつ台詞まわしでした(*^^*)
    スゲェ好きだそうなので////グヘヘヘ

    2019年10月3日 09:59

  • 7 2013年03月24日 昼へのコメント

    辿り着いたー!?
    敬語ヒロインな彼女がなんとも新鮮ですね。この二人の恋物語だけで十万字書けそうな……!
    しかし、名前、思ってた以上にそのまんま(^^

    作者からの返信

    はとり 様
    辿り着きました!
    長い旅のようなあっという間(すぅちゃん体感)だったような(T_T)
    わあ確かに、スピンオフ的なアレで書けそうですね笑(腕が待機)

    ですね笑
    撫子の苗字は瞬く間に決まりました(´ω`*)

    2019年10月1日 14:58

  • 7 2013年03月24日 昼へのコメント

    すぅちゃんのサガシモノ!
    ようやく……本当にようやく出会えましたね泣

    作者からの返信

    にぎた 様
    ようやくでした、本当にお待たせしました!
    そしてワタシも待っていたシーンだったので嬉しくて……!(T_T)

    2019年9月30日 09:55

  • 7 2013年03月24日 昼へのコメント

    おお!遂に……!!
    そして地味に初めて出た気がする蘇芳くんの苗字。
    赤峯蘇芳。
    カッコいい名前ですね!
    さて、これからは大団円に向けて加速していくのでしょうか?
    楽しみにしてます!!

    作者からの返信

    雪月花 様
    ついにきましたよー!
    もう書いてるワタシが泣く(T_T)

    実はずっと名字を考えてまして、なかなか決まらないなかこの前ようやく決まった感じです……危なかった!笑

    2019年9月29日 10:23

  • 6 2011年12月へのコメント

    夜さまたちからしたら過去であり、くぅちゃんと先生からは未来であるこの時間を、蘇芳君を軸として追っていくのは、不思議な感じがしますね。どこへ至った時が、ぜんぶの終わり……旅の成功なのでしょう。
    それはともかく、六人って凄いな蘇芳君!?

    作者からの返信

    はとり 様
    軸が胡桃と枩太郎からすぅちゃんへと移りました。
    時間軸どおりに『直す』と、なかなかすぅちゃんの成長が見てとれまして、嬉しくなりました(*^^*)

    六人はですね、すぅちゃんのモデルにした男のリアルな数字とリアルな期間です……
    ホントに一ヶ月付き合ったか?みたいなのが二年間で六回……ハァ、やれやれです(´д`|||)笑

    2019年9月27日 17:47

  • 6 2011年12月へのコメント

    誰かのためにという言葉も、すぅちゃんに大きな影響を与えたのですね。

    そして今度はすぅちゃんのサガシモノ!この色男めっ!

    作者からの返信

    にぎた 様
    卵が先か雛が先かみたいな状況ですが、いい影響を与え合えていて書いていて二人が羨ましい時があります笑

    色男めに笑いました!笑
    ホントすぅちゃんはデリカシーなし男です、かわいいやつめ。

    2019年9月26日 09:48

  • 6 2011年12月へのコメント

    やっぱり、記憶回帰が始まって……?
    メタ的な読み方をするならば"鍵"を持つ夜さまとの再会フラグとも読めますが、はてさて。

    作者からの返信

    雪月花 様
    ふおお、ふむふむ(´ω`*)
    その辺の種明かしは実はもう終わってます……笑
    伏せてるけど伏せきれてない!でも一見わからない!みたいな微妙な感じで張ってあります。
    今後の展開できちんとバラしますが……フフフ笑

    2019年9月26日 09:07

  • 5 2011年11月へのコメント

    繋がった!
    と申しますか、ついに追い越しましたね!
    記憶が無くとも、身につけた物や傷痕、そして皆の想いは、ちゃんと残っているのですね。

    作者からの返信

    にぎた 様
    繋がりました、そして時間はすぐに抜き去りました(T_T)

    すぅちゃんだけがわからない、というド頭の状況と何ら変わらないのに、みんなのまなざしや想いは全く違いますからね(^^)
    それがもう少しだけ、繋がっていきます。

    2019年9月24日 09:36

  • 5 2011年11月へのコメント

    ついにこのシーンにつながった……!
    先生とも高校生になった今でも、つながっているのですね。魔法の残滓は呼び水になるうるのかな?
    記憶はなくても、跡は残っているんですもんね。

    作者からの返信

    はとり 様
    旅の全てが「──」←これだけに収めなければいけないのが切なかったですが(笑、すぅちゃん的には本当にああなんだよなと再認識で(T_T)
    どさくさ紛れに、夜さまが完全にはラグエルの矢傷を治せなかったことをここで見せることができて、ようやっと解放された心地です笑

    すぅちゃんと枩太郎の二人は、お互いに兄弟みたいなものだと思ってるでしょうね(*^^*)

    2019年9月24日 01:23 編集済

  • 5 2011年11月へのコメント

    かの魔法の代償は記憶、しかしそれでも、時を越え、周り巡った想いは消えず。
    例え憶えていなくとも、確かに、あの旅路は彼の内に眠っているのだと。
    そんな風に思いました。
    はぁ、私もこんな旅がしてみたいw

    作者からの返信

    雪月花 様
    仰るとおりですね(*^^*)
    たった一行に収まった長い旅の記憶は、すぅちゃんの周りの人と読んでくださった皆さまがきちんと覚えていてくださるわけで。

    すぅちゃんの身体も覚えていることですし、それによる奇跡も、今後はポツリポツリあったり……(^^)

    2019年9月23日 12:27

  • 4 2008年12月へのコメント

    くぅちゃんは小さくても大きくても変わらないんですねぇ。それに比べて、先生の変容っぷりが……(笑)
    蘇芳君の中学校→高校に至る空白には何があったのかなぁと、思ってましたが、なるほどこういう関係性なのですね(^^

    作者からの返信

    はとり 様
    くぅのブレなさは清々しいです笑

    枩太郎は本当に別人のよう……笑
    大学時代で胡桃と一緒にいて癒されて、すぅちゃんに助けてもらったことを噛み締めまくった結果、がらりと変わった彼になったのかなと思いました(´ω`)
    自分のできるもので支えて助けるサイクルは、二人ならではなのかなと(^^)

    2019年9月20日 18:07

  • 4 2008年12月へのコメント

    くぅちゃん、テンション高いなぁ……
    今の蘇芳くんにしたら初めてだけど、くぅちゃんにしたら再び逢えたんだもの。ちょっと舞い上がっちゃうのは仕方ないよね。

    作者からの返信

    雪月花 様
    胡桃の舞い上がったテンションに任せていたらすぅちゃんがただのラッキースケベになってしまいました……笑
    相当嬉しかったと思います、枩太郎から話は聞いていたでしょうから、ずっとずっと会いたかった気持ちが爆発した感じですね(´ω`)

    2019年9月20日 12:21

  • 枩太郎 12へのコメント

    ようやくここまで・・・(つд;*)ウゥ
    頑張れあと少し!と声を皆に掛けてやりたい気分ですq(*・ω・*)pファイト!

    作者からの返信

    長門 様
    綱渡りだわボロボロだわでしたが、なんとか!!!(T_T)
    みんなーっ、長門さんからお声かかってますよーっ!

    くぅ「いつもありがとっ!」
    蘇芳「あんがと、頑張ってよかった」
    夜さま「あと少しじゃて」

    2019年9月18日 16:02

  • 3 2008年06月へのコメント

    先生と蘇芳君て全くタイプの違う二人だと思うんですが、それぞれの人生に大きな影響を与えていくんですもんね。
    どちらが先ともなく、互いが互いに恩を感じているという……。

    作者からの返信

    はとり 様
    ほんとそうですよね、真逆とまではいきませんが交わりにくい性格だと思います(´ω`)
    だからお互いのようになりたくて、憧れたお互いの姿を追いかけ続けて……こういう不思議な縁、本当に好きなのでちゃんと描けてよかった、なんて(^^)

    2019年9月18日 13:21

  • 3 2008年06月へのコメント

    前話に続いて、今度は先生の目線から見るからこそ、違った感情が沸いてきます。
    それに、根が真面目で優しいすぅちゃんだからこそ、ですね。

    作者からの返信

    にぎた 様
    『ドア』の向こうで出逢ったすぅちゃんを知っているから尚更、すぅちゃんが熱くて優しいことを枩太郎は忘れられないでしょうね(´ω`)
    さてさて、写真で出てきた彼女ですが……フフ
    次回お楽しみにフフ

    2019年9月17日 11:11

  • 2 2008年05月へのコメント

    ううう……
    すべてを知ったからこそ、2人のやりとりが心地よい。
    素直に泣けます笑

    作者からの返信

    にぎた 様
    うう、ありがとうございます(T_T)
    枩太郎もですが、読んでる側も全部知ってるので枩太郎と同じような気持ちになるといいな、と!

    2019年9月18日 02:15

  • 1 2004年12月24日へのコメント

    カップルに戻れた2人のイチャイチャにほっこり。
    でもすぅちゃんのこともちゃんと覚えていて、なんだな切ない……です。

    作者からの返信

    にぎた 様
    ほっこりありがとうございます(*^^*)
    二人は胸に空いた穴を埋めることはできないと思いますが、補い合うことは出来るはず!
    笑って前を向く二人をまだまだお見せします(*^^*)

    2019年9月17日 11:13

  • 3 2008年06月へのコメント

    こうして、時はまた巡り行く。
    前にこの説教のシーンは蘇芳くんサイドでやっていたと思いますが、立場が変わるとこんなにも違って感じるんですね

    作者からの返信

    雪月花 様
    蓋を開けてみないと、思っていることはその表情や態度だけではわからない、ということをすぅちゃんも枩太郎もわかったのかなと思いました。

    こういう感じでまだまだ伏線を回収していきます(^^)

    2019年9月17日 11:10

  • 2 2008年05月へのコメント

    『ドア』の旅での経験が、身体は覚えていたのでしょうか?
    いや旅での経験があったからこそ、喧嘩は強かったのかな?
    まあ卵が先か鶏が先かのこの問題をあれこれ考えるのは後にして、枩太郎との再会は成ったのだから、次はみんなとの再会ですね!

    作者からの返信

    雪月花 様
    蘇芳はもともと身体的にちょっと優れていたのかと思います。
    きっとそれがスポーツであったなら、スポーツ選手として引っ張りだこだったかもしれません。
    たまたま喧嘩(暴力)として開花してしまったのは、不運でもあり欠かせなくもなったわけですが(・ω・`)
    順番に、そしてどんな順番で、どんな歳のすぅちゃんが再会するのか!
    待っててください(*^^*)

    P.S. 勘違いさせてしまって申し訳ありません!!
    説明不足につき最初の三行をやや修正いたしました。
    本当に申し訳ありません!!

    2019年9月14日 14:44

  • 2 2008年05月へのコメント

    記憶はなくても身体は覚えてる、みたいな因果で、喧嘩が強かったという……!?
    間違いなくこの『再会』に辿り着けたことが、あの旅の確かさを証しするのですね。なら次に待つのは、彼女との出会いかな(^^

    作者からの返信

    はとり 様
    頼りなかった枩太郎はちゃんと先生になって、中学校の教員になりました。
    『ドア』の向こうで出会った蘇芳よりも三歳若い蘇芳なので、かわいいなと思ってたことと思います笑
    みんなと再会できるのは、すぅちゃんだけなのです(^^)

    P.S. 勘違いさせてしまって申し訳ありません!!
    説明不足につき最初の三行をやや修正いたしました。
    本当に申し訳ありません!!

    2019年9月14日 14:42

  • 1 2004年12月24日へのコメント

    ドアでの旅は本当に、時間という意味でも記憶という意味でも狭間の体験だったのですねぇ。未来はここから間違いなく繋がっていく。蘇芳君はわからないとしても、くぅちゃんとの再会の未来も遠くはなさそうですね(^^
    そうか、世代の差はこんな感じで……。

    作者からの返信

    はとり 様
    ほんとにそうだと思います!(言われて気が付くポンコツぶり……笑)

    すぅちゃんだけがわからないという謎な関係がここから始まります。
    そういうの、ちょっとニヤニヤしちゃうんですよね笑

    2019年9月12日 16:10

  • 1 2004年12月24日へのコメント

    元の時代に戻ってきた枩太郎と胡桃。
    これからは、ずっと2人で歩んで行くのでしょうね。
    幸せになってね、2人とも。

    作者からの返信

    雪月花 様
    うあうあ、ありがとうございます!(T_T)
    次もすぐ上がります、ぼんやりーと眺めてあげてください(*^^*)

    2019年9月12日 11:34

  • そしてドアは閉じられるへのコメント

    やっぱり、そうなりますよねぇ。先をあれこれ勘繰りたい気持ちになりますが、素直に先を待ちたいと思います。
    次に会うのはそれぞれの『本当の姿』なのかな。

    作者からの返信

    はとり 様
    本当に初期の初期はこれでおしまいにする予定でした。
    なのでここまでで実は話自体はまあるくなってます。

    でも、洗い直してみると実はこの先を書かないと伏線回収が終わってないことに気が付いてしまって……笑
    緊迫感はもうないので、ちょっとだけ雰囲気が変わると思います(´ω`)
    よろしくです☆

    2019年9月10日 14:57