殿! そのどわあふはもんすたあではございませぬ!

作者 サカシキタスク

87

31人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ある小島に位置する小藩『角亀藩《かっきはん》』。その島が突如として異世界に転移され、現地の魔物と交戦。それから三百年を経て角亀藩が逆に化け物(爆)になってしまうという時代劇異世界ファンタジー。

異世界ファンタジーと武士という一見すれば相いれない要素なんですが、それがタスク氏の手によって上手く、それも違和感なく融合している。商業作品で近いのを挙げるとすると『戦国自衛隊』ではないかと思います。

時代劇ならではの武士達の泥臭い戦い方、それでオークなどの魔物を倒すというのが興奮します。しかも『れべる』が上がるのだから、もはや誰も武士達を止められないんではと思ってきます(笑)。

時代劇と異世界ファンタジー、どっちも好きって方にはぜひともおススメです!

★★★ Excellent!!!

 テレビゲームのRPGに、もはや定番とも言える職業として、サムライやニンジャが出てくる、そんな和製ファンタジー全盛期は今も続いている。でも、ちょっと待って、考えてみて。ゲームの中で、サムライやニンジャのバックボーン、語られてる?語る程存在する?触れてる作品は多々あれど、シナリオの本筋でないが故にはしょられることが多いんですよね。でも、古くはウィザードリィからサムライは存在する!ならば!この「異世界に過去から根付いた人種、職業、生き様としてのサムライが存在する」というのは、温故知新!今まで当たり前だったけど、スポットの当たっていなかった物語を掘り起こしてる作品だと思うのです。オススメです!