第68話 ~アタシのほんとうの、お母さん~

 ―――


「……なんだか、ふしぎなぬくもりね」

 ロココの周りに広がるのは、光もなにもない、暗闇だった。

 ただただずっと、どこまでも続く暗闇。

 それでも、怖くはなかった。体を包む何かが、ロココの心を安心させていた。

「ずっと昔に……感じた気がする」

 そのぬくもりは、ロココの母親に包まれた時の、記憶にあるものだった。

 お母さんのことは、ロココ覚えていない。でも体は、忘れずにいてくれた。


 ―――


 アタシは物心ついた時から、母親がいなかった。

「両親は、お前を置いていったんだよ」

 そう教えてくれたのは、隣に住んでたっていうじっちゃんだった。

 実は別の理由で会えなくなってて、それを隠すためにウソをついていたかもしれない。あのじっちゃん、冗談を言うのが好きだし。

 ともかくアタシの所にもうお母さんが戻ってくることはないって、察してたわ。


 そしてアタシは、孤児院に預けられた。

 中々なじめなかった私を、マリエットさんは色々と優しくしてくれた。ちょっと過保護気味だけど、それだけアタシたちのことを思ってくれてるって、証拠よね。


 でもアタシがいつも見ていたのは、外の世界。

 門限を破ってでも他の街のものが売ってる通りをぶらぶらしたり、トリキリデを登ったりした。全ては、外に出るための特訓だって、自分に言い聞かせてね。

 でもマリエットさんへの、反抗期みたいなのもあったかもね。

 マリエットさんがいなくったって、一人でも生きていけるようにって、色んなことをした。じっちゃんのお店も手伝ったりして、お金を稼いだりね。

 そして自分の手でチューバを買って、孤児院を出てった。


 旅をしてて、色んなことがあった。楽しいこともあったけど、辛いこともたくさんあった。

 それでも、マリエットさんのとこに戻る気はなかった。

 生きてくために、チューバの腕もなんとか磨いて。年齢をごまかして、フライズさんの旅楽団の『ヒナコリ』にも入れた。


 でもね、マリエットさんに言いたいことは、忘れたことはゼッタイに、なかった。


 ―――


 おばけが与える、母親のぬくもり。まるでやわらかな羽毛に包まれたような心地だ。

「なんて、心地いいんだろう……」

 旅をしていても、絶対に満たされないものがあった。それがきっと、これだったんだ。

 旅なんて、忘れちゃいなさい。ふと、そんな風に語りかける声が聞こえた気がした。

「それも、いいかもね」

 ロココはどんどん、暗闇の底に、夢の底に、身をゆだねて沈んでいった。


 ふいに、ずんと、背中に重みを感じた。


「この、重み……」

 しっぽでいつも、背負い続けているもの。旅のなかで、ずっと一緒にやってきた、自分だけの相棒。その重みが、夢うつつの中でも感じられた。

 自分にはあまりにも不格好で、笑われたりもした。

 でもアタシの、憧れの楽器。だから、ここまで来れた。

「忘れてないわよ、アタシは……」

 そしていつか、もっともっと上手くなって、伝えたいことがあったんだ。言葉じゃ恥ずかしくって、言えないようなことをね。


 アタシの、ほんとうの“お母さん”に。


 ―――


 ポメの目の前に、白くて大きな手が差し伸べられている。鼻の先に、お母さんの匂いがした。

「ポメ、こっちへいらっしゃい」

 まるでほんとうの、お母さんの声だ。ポメはぶんぶんと頭を振る。

「ち、違う。これは、あのおばけが見せてる幻覚だ!」

 お母さんの声は、やまない。耳を塞いでも、そのぬくもりに満ちた声は、ポメの頭に直接響くようだった。

「だめだ、僕が……おばけが見える僕が、なんとかしないと!」

 何も聞いちゃいけない。何も見ちゃいけない。そうだと分かっていても、瞼を突き抜けるような光に、ポメは思わず目を開いてしまった。

「さぁポメ。こっちに来なさい」

 お母さんの姿は、まるで光のようだった。

 ニセモノだ。そう決まっている。そう思っても、わずかにある。

『もし、本物だったら……』そう思う心が。

その姿を見てしまったら、その心がどんどん広がっていく。どんどん、疑う心を飲み込んでいく。

「ほんとうの、お母さん……なんだよ、ね……?」

 ニセモノか、本物か。どうだっていい。ポメは、そのぬくもりを感じたかった。

 もっとそばで。抱きしめてほしかった。その誘惑に、抗えなかった。

「僕、やっと……」

 手を伸ばす。ゆっくりと近づく。突然、大きな音が耳を貫いた。

 目の前の景色が、霧が晴れるように消えていった。


 ―――


 轟くような音色が、墓地にこだまする。

「ナ、なにヨこの音おォぉ!!」

 チューバの音が、ポメたちを現実に引き戻した。

 我が子のようにカラットやロココを抱いていたおばけの手も、今は耳をふさいでいた。

「う、うぅ……アタシは吹くわ。吹き続けるわよぉ」

 ロココはまだ、夢の中にいるようだった。それでも、チューバは離さない。おぼつかない指先でバルブを押さえて、吹き続ける。

 本来は静寂に包まれた墓地は、大地を揺さぶるような音色に包まれていた。

「アタシの、お母さんに、聴かせるって……ずっと、それを夢見てたんだからぁ!」

「い、イイわモう……お母サんはもウ、満足ヨ」

 ロココは首を横にふる。

「違う、これを聴かせたい、お母さんは……アナタじゃないの!」

 音色に少し、ブレが起き始めていた。ポメにしか見えない、ロココとおばけの戦い。

「大丈夫かな、ロココさん……」

「とはいえヨ、あいつも半分寝てるようなもんだかラ、長期戦はヤバいんじゃないカ?」

 ポメたちは、見守ることしかできなかった。

 ドン、ドン。

 墓地の入口から、音がする。閉じられていた扉が、壊れ出していった。

「な、なんだなんだ!」

 ドカァン! 衝撃と共に扉は破裂するように壊れた。外の明かりが漏れる。最初に入ってきたのは、とっても大きな影だった。

「カラットくん!」

 その声を聞いて、ポメはすぐに分かった。マリエットだった。

 マリエットは真っ先にロココたちを捕らえていた木に走り出す。

「助けてあげるからね!」

 トゲトゲの葉に囲まれたロココとカラット。葉が手を傷つけても、二人の体をつかんだ。

 ちいさな二人の体は、マリエットの両腕に抱えられた。

「う、うぅ……マリエットさん?」

 ロココはゆっくりと、顔を上げる。

 しっぽはしっかりと、チューバを抱えていた。

「アタシの演奏……届いた、かしら……?」

 二人はマリエットのぬくもりに包まれ、また眠りについた。

 

「あ、アァ……」

 マリエットに抱えられながら、墓地を出ていくロココとカラットを、おばけは見つめていた。やがて神官たちもなだれ込んできて、他の眠っていた人たちを運んでいった。

 おばけは、ただただ茫然と、それを見ているだけだった。

「わタシは、たダ……あの子たちヲ愛しタかった、だけナのニ……」

 ぶつぶつ、呟きながらおばけは小さくなっていった。フォルが手を出すこともなく、おばけは消えていった。

「ポメ、その根っこのとコ、見てみロ」

 フォルが指さす。ポメはしゃがみこんだ。

「これって……」

 おばけの涙のような宝石と同じ色をしたペンダントがあった。根っこで持ち上げられて、地面から出てきたみたいだ。

「あのおばけの、憑りついてた宝石かな」

「だろうナ」

 顔を上げて、木に目をやった。悲しそうにしおれているようにも見えるし、ありがとうと、お辞儀をしているようにも見えた。

「あのおばけから解放させて、よかったんだよね?」

「なぁに疑問に持ってんだヨ。当然だロ」

「…………」

 ポメはうつむいた。確かにその通りだ。その通りだと、思うんだけど。

『でもあのおばけ、悪いことをしようと思って、しているようには見えなかったな』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

おばけ音楽団ポメ モチヅキ イチ @mochiduki_1

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ