第34話 ~巨大迷宮、フロッカ峡谷で待つものは...~

 ―――

 

 マイマイでの旅路は、心地のよいものだった。


「やっぱりいいねぇ、マイマイって」

 すがすがしいほどに広がる荒野。そこを横切っていくのは、四匹のマイマイたちであった。ゆれるマイマイの上で、乾いた風がポメたちの鼻をくすぐる。

「こうやってのんびりした旅ってのも、オツだよなぁ」

 ポメとジェコ、二人は仰向けになってすっかり夢心地な気分だ。視界に広がる青空を見ているだけで、目が癒されていきそう。

「まったく……アンタたちももうちょっと、シャキっとしなさいよ」

 ふいに、ロココのじっとりした声が聞こえてきた。顔を上げると、冷たい目でポメたちを睨んでいた。

「ご、ごめん。つい、気持ちよくって」

 ふと、先頭に立つデデの方を見る。ちらりとこっちを見るデデと目が合うと、すぐに前を向いた。

「い、いい天気でよかったよね。もしこんな時に……雨に降られたらびしょ濡れだもん」

「雨避け用の屋根を張ればいいだろ」

「そ、そっか……」

 どうにも、デデと話すとばつが悪いや。ポメはふうと息をつくと、左右に広がる視界を見渡した。

 どこまでも続く、荒野の世界。草木はわずかにしかなくて、ブロックのような土の山が点々とあった。

 アルメリシアにいるだけじゃ、見られないような景色。写真とかでは視たことがあるけど、その中に自分がいると思うと、なんだか少し、不思議な気分だった。

 トン、トン、タカコン。

 そんな時、かろやか音が響く。ジェコが体中にぶら下げたなべやフライパンを、リズミカルに叩いていた。

「ふふ、僕も入ろっと」

 ポメもトランペットを手にとって、そのテンポに合わせて吹き始めた。とんとん足拍子を踏み鳴らし、マイマイの上は陽気な空気に包まれた。

 ロココのしっぽが、メトロノームのように揺れていた。それもたのしげな揺れ方。ポメたちの演奏に乗せて、ごきげんに鼻歌もうたっている。

 ポメはちらりとデデの方を見た。パッと見、とくに変わってないようだけど……。

『ふふ、でもデデもノってるね』

 ポメは見逃さなかった。手綱を持つ指が、とんとんとリズムを刻んでいるのを。

 ちょっとは、ごきげんになったかな。そう思い、ポメはトランペットをくるりと回して、訊ねた。

「ねぇデデ、次の町ってなんてとこなの?」

「あぁ……そうだな」デデは前を見すえながら答えた。「トリキリデって、確か授業で習ったよな」

「うん、最近の授業だよね」ポメは頭にあるノートをぺらぺらとめくっていく。

「えーっと確か、王国ができるずっと昔から栄えてるとこで……国で三番目に大きい街だよね!」

 ポメは指までパチンと鳴らして、得意げに答える。それを見て、デデはふんと鼻で笑った。

「それに、街の真ん中には巨大な樹が生えてる。トマリギよりもでっかいな」

 トマリギよりも、大きい樹。それは一体、どんなものなのか……想像してみても、ポメには思い浮かびそうにもなかった。

「ま、行けば分かるわよ」

 ロココはぼそっと呟くようにそう言った。

「ロココさんは、行ったことがあるの?」

「あったりまえでしょ。アタシは由緒正しい旅楽団、ヒナコリにいたんだもの」

 まるでポメに倣うかのように、ロココも指をパチンと鳴らして答えた。


 ―――

 

「見えてきたぜ」

 マイマイを止めて、デデはそう言った。ついに、トリキリデに着いたのだろうか……そう思ったけども、目の前に広がるのは、山々に囲まれてできた、深い谷底へと続く道だった。

「ここはフロッカ峡谷。なにも面白いもんもねぇ、ただの通り道さ」

「すごい……でっかい」首をぐいっと曲げて、ようやく山のてっぺんが見えるくらいだ。

「見とれてる場合じゃないぜ。ほら、見ろよ」

 デデは道の先を指さした。道は峡谷の前で、二手に分かれている。

「お前なら、どっちへ行く?」

 一つは、そのまままっすぐ、峡谷へと進んでいく道。もう一つは、横に曲がってそのまま、峡谷を沿ってぐるりと迂回する道だ。

「迂回する道って……遠回りなの?」

「あぁ。途中でトマリギがあるけど、そこで一泊しなきゃいけないだろうな」

「まっすぐ行けば?」

「今日中に、ギリギリ辿りつけるハズだぜ」

「…………」

 ポメはもう一度、峡谷に目をやった。道はまるでヘビのようにうねっていて、いくつも分かれているようだ。本当に、こんなとこを行って早く着けるのか、不安になってきた。

「大丈夫、道しるべはちゃんとあるからよ」

「それなら……どうしてわざわざ迂回する道なんてあるの?」

「……昔、ここに盗賊が棲みついてたって話があるんだよ。ま、今はもうそんなのいないけどな」

「じゃあ今は、大丈夫なんだね……?」

 ポメはじっとデデの目を見る。デデは鼻をふんと鳴らして、にくたらしくほほ笑んだ。

 まるで怖がってる僕を、楽しんでるみたい。ポメはそう思うと、少しだけむっとした。

 ポメにとって、トリキリデには一日も早く着きたい。なんてったってこの旅は、ルーチ・タクトを……お母さんを探す旅なんだから。

 ポメは振り返った。ジェコとロココと、目が合う。

「オイラは、どっちでもいいよ」

「アンタは早くお母さんを見つけたいんでしょ?」

 二人の笑顔を見ていると、選ぶ気持ちが楽になった。

「それじゃあ、まっすぐ行こう!」

「よし来た」

 手綱をバチンと弾くと、マイマイはゆっくりと峡谷の中へと進んでいった。


 ―――


 峡谷の中は、まるで巨大な迷路だ。それに、空もとても遠くにある。

 どっちが北で、どっちが南か。どこをどう進んでいるのか、見当もつかなかった。

 きっと、目印がなかったらたちどころに迷ってしまうだろう。でもマイマイの進む道には、目印が立てられている。

 赤い布がくくられた杭が、道の所々に打ち付けられている。これを辿れば、峡谷を迷わずにいられるのだそうだ。

 でも、不安はあった。

「……思ったよりも、薄暗いね」

 道の途中には、光が差し込む場所がある。でもそれもほんのわずかで、通り過ぎてしまえばまた薄暗さに包まれた。

「まったく、いや~な感じね」

「はは、こういう時に昨日のへんな奴らが出てこないといいけど」

 ジェコは笑っているけど、その声は震えていた。いくら盗賊はもういないと言っても、盗賊以外の怖いものがいそうな……そんな雰囲気が漂っている。

「ったく、心配性だなぁ」デデは振り向くと、ため息混じりに言った「今はまだ真っ昼間なんだぜ? 大丈夫だろ」

「う、うん。そうだよね」ポメは明るく答える。でも体中にまとわりつく寒気は、ぬぐえなかった。

 こういう時は、音楽でもやってパーっと明るくしないと! そう思ってポメはもう一度トランペットを取り出す。

「ね、ジェコさんも一緒に」

「…………」

 何も答えないジェコに、ポメは首を傾げた。ただじっと、何もない方を見つめていた。

「どうしたの?」

 ジェコは指を持ち上げて「静かに」の合図をした。

 ……ごくり。ポメは唾をのみこんだ。空気がずんと、冷たくなる。ポメは辺りの音にじっと耳をこらす。

 聞こえてくるのは、岩の隙間を抜けていく風の音。それに舞ってサラサラと崩れる土の音。苔が僅かに擦れる音だって聞こえてくるくらい、静かだった。

「でも、何もへんな音はしないよ?」

「……いや、なんか妙な感じがする」

 マイマイを止めて、みんなぐるぐると周りを見る。でも何も見えない。暗闇にじっと目を凝らしても、誰もいやしない。

「ははは……気にしすぎじゃないか?」

 せせら笑って、デデが振り返る。その時、こつんと何かが頭に当たった。

 豆粒くらいの、小さな石。ふと、デデが上を見た。そして、思わず言葉を失った。

「あ、う……上だぁ!」

 デデの叫び声に、ポメたちも顔を上げた。真上にある、岩々の隙間に広がる暗闇。その向こうに、暗闇とは違ううごめく黒い影があった。

「ちょ、ちょっとウソでしょ!?」

 影は岩を伝いながら、どんどん下りてくる。とても、マイマイの速度では振り切れない速さだ。

「くそ、マイマイは捨てて逃げるぞ!」

 みんなはマイマイから飛び降りて、一斉に走り出した。

 今度は誰もはぐれないように、しっかりとみんなに目を配って。

 先頭を走るのは、デデだ。曲がりくねった道を駆け抜けて進んでいく。

 でも進む分かれ道の先には、目印となる杭がなかった。だからと言って、迷っている時間なんてない。デデは直感で進んでいく。

「ね、ねぇ。これって本当に正しい道なの?」

「今は逃げるのが先決だろ!」

 どっちが来た方角で、どっちが行くべき方角かも分からない。進めば進むほど、なんだか暗さが増していくようだった。

 でも、今度は絶対に、はぐれたりしない。その強い意志だけは持って、ポメたちは走り続けた。

「あぁ~もう! こんなんじゃらちが明かないわ!」

 するとロココはくるりと振り返った。黒くうごめくものは、まだ遠くにいる。それを見すえながら、ロココは懐から何かをばら撒いた。

「ロココさん、早く逃げないと!」

「ふん、いいから見てなさい」

 次に取り出したのは、チューバ。ぐるんぐるんとしっぽの上で回転させて、構えると同時に大きな音を鳴らした。

 ブウウゥン。

 重い音色が、岩に反響して何重もの音となって響き渡る。

 ロココの足元で、バチバチと光がまたたいた。まるで花火のように激しく光る球。それがポコポコと浮かびあがって、目の前に光の壁を作り出す。

「照明用の譜面石、持ってて正解ね」

 譜面石の光が消えないうちに、ポメたちは走り出した。

「でも、ここから出られるのかな……」

 不安は渦巻いている。でも今は、逃げるのが精いっぱい。

 オロオロさまに捕まったら、おしまいだ。明るいところを目指して、ポメたちは走り続けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る