第二階層

作者 瀧本無知

23

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

無駄なものがなく、きれいにまとまった短編小説です。
そしてなにより、この分量でも満足できる深い内容。

確かなトリックが2万文字の中に埋め込まれており、十分ミステリものとして完成されていると思います。

本当に作者さんが書きたいことをダラダラさせず、端的に描かれているため、読む側も気軽に読み通せました。

読もうか悩むなら、読んでしまっていいものですよ、これは。

★★★ Excellent!!!

この作品凄いですよ。ミステリ好きの私が言うのだから間違いありません。

世の中ミステリと言っても色々ありまして、特に短編、さらに殺人もの、そしてファンタジックな設定となると、とにかく駄作が増えるわけです。殺人を書きたいだけのミステリですね。

でもこれは違う。警察が死者の記憶世界に入り込むという特殊技能による捜査を可能にし、しかし殺人者達はそれに立ち向かう、さて警察はどのように殺人者を上回るか。

丁寧に描写され、丁寧に事件を解き明かし、トリックも生半可なものではない。この分量で。まあ驚かされます。

あとゴテゴテした飾りがないのも素晴らしいですね。イイ謎ときを、時が来たとあらば惜しげも無く明かしちゃう。決して謎の解明をもったいぶらない。贅沢です。

カクヨムにもこんな名作が眠っているんですね。もっと評価されますように。

★★ Very Good!!

世界観がしっかりと練られたミステリー小説です。作者さんの書きたいことがはっきりしており、安心して読み進められます。
また、頭脳戦、美しい異能力者、犯罪捜査……とスタイリッシュなテレビドラマをみているようで、ここからの展開を想像してしまい、続きが読みたくなりました。
短編ながら心理戦も本格的。
おもしろかったです。
ありがとうございました。