灰燼、瓦礫の末に


 灰となって崩れ往くヒュドラを背に、宵虎は歩んで来る。


 その場にしゃがみ込んだアイシャは、そんな宵虎に声を掛けようと口を開き掛けたが―


「だんにゃ!どうしちゃったにゃ!なんか、普通にカッコ良かったにゃ!……本当にだんにゃなのかにゃ?」


 ―ネロが先に駆けて行ってしまった為に、タイミングを失った。

 ネロの言葉に、宵虎は何やら笑っている。


「フ……もっと言え」

「あ、だんにゃだったにゃ。残念なくらいだんにゃだったにゃ……」


 呆れた様子で呟いたネロに、一体、何を言ったのか気になりつつ、アイシャは笑う。

 と、そこでキルケーは宵虎に尋ねた。


「……殺したのですか?」


 どうも、吹っ切ったような事を言っていながらも、キルケーは気が気でないらしい。


 そんなキルケーに宵虎は首を傾げ、それからネロに通訳されて、一つ頷いた。


「いや……。心まで焼かれるかは、あいつら次第だ」

「にゃ?それ、どういう意味かにゃ?」


 宵虎が何を言ったのか、アイシャにはやはりわからない。……ただ、


「ああいう事なんじゃないの?」


 アイシャには見えていた。灰となるヒュドラの中心辺り―そこに、二つの人影が倒れている姿が。


 アイシャに指さされ、それを知った途端、キルケーは駆け出していく。


「あ、待つにゃマスター!」


 キルケーを追って、ネロもまた駆け出していく。

 その姿を見送った末に、宵虎はアイシャの元へと歩んで来る。


 仏教面の宵虎。その姿を見上げ、アイシャはちょっと、何を言おうか考えて―結局、どうでも良い言葉を選んだ。


「私、頑張ったでしょ?」

「格好良かったか?」


 お互いにお互いが、何を言っているのかわからない。


 だがそれは、言葉が通じないからと言うわけでは無く、ただ、お互いがまったく同じタイミングで口を開いた為に、お互いの声を掻き消しあってしまったからだ。


 二人、目を合わせ、タイミングを測る。言葉を届ける為の、酷く無駄な機先の制しあい―。


「……褒めても良いんだよ?」

「……格好良かっただろう?」


 結局、二人が口を開いたのはまた同時。

 やがて、二人は馬鹿らしくなって、笑みを溢した。


「まあ、いっか…」

「どうせ、何を言っているかわからんしな……」


 そうして、二人笑った末に、やがてアイシャは言った。


「私、疲れちゃった。お兄さん。……おんぶして?」


 そう言って、アイシャはどこか子供がねだるような風情で、両腕を広げて見せるのだった。


 *


 人魚と、人が、抱擁を―そして、言葉を交わしている。


 物陰からその様子を眺めたキルケーは、やがてその場に背を向けた。


 どんな言葉を交わしているにせよ―きっと、キルケーが聞いて幸福な台詞ではないだろうから。


「マスター。声、掛けないのかにゃ?」


 不思議そうに、ネロは首を傾げる。

 そんなネロへと、少し弱った微笑みを返し、キルケーは言った。


「ええ。…また、余計なことを言ってしまいそうなので……」


 そうして、キルケーは顔を上げる。その顔は、弱っていて……だが同時に、少しすっきりしたとでも言いたげだった。


「振り向かない男の事は忘れましょう…」


 そう言って、キルケーは歩み出す。


「まあ、マスターがそれで良いなら……」


 ネロはキルケーの後に続いて、宵虎達の元へと歩んでいく。

 と、キルケーが突然立ち止まった為に、ネロはその足に顔をぶつけてしまった。


「にゃ、……突然止まらないで欲しいにゃ。どうしたのかにゃ……マスター?」


 見上げたキルケーは、何やら苛立たし気な表情を浮かべている。

 その視線の先には、宵虎とアイシャの姿があった。


 何やら、宵虎がアイシャを肩に担いでいて、アイシャは『そう言う事じゃな~い!おんぶしてよ~!』と、じたばた喚いている。


「……イチャイチャしくさって…………あてつけですか」


 暗い声、暗い表情……怒りに震える様子のキルケーを、ネロは怯えながら見上げた。


「ま、マスター?」


「ネロ。……私は決めました」


 そう言って、キルケーはネロを見下ろす。その顔には笑顔が張り付いている―何やら、妙に凄みのある笑顔が。


「な、なにかにゃ?」

「……やけ酒にしましょう」

「お付き合いするにゃ……」


 ネロは深く溜息を吐く。どうにも、今日はまだまだ、疲れそうだと……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます