君の鳥になりたい。~If I were a bird...~

作者 秋月 司

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

民族間の戦争に巻き込まれていく少年少女が描かれています。

故郷を思いながら、愛しい人たちを守るために戦争に赴く若者たち。人を駒としか考えていない君主。戦争だから仕方がない事だと自分に言い聞かせ、愛する人を送り出す人々。キャラクタ一人一人の感情が丁寧に描かれています。
戦時中に人々が感じるであろう沢山の感情がこの物語にあります。

不穏な情勢の今だからこそ、再度考えてみたいテーマを扱った小説です。

★★★ Excellent!!!

空軍パイロットであるひとりの少年が、愛する人、愛する自分の国を守るために、不条理に抗い、自らの意思をもって、戦地に赴く。

けして戻れないことを覚悟して。

戦争は色んなものを狂わせますね。
第二次世界大戦のときもこんな風だったんだろうな。
人間はやはり傲慢だ。
平和を感じられるのは、自分たちの身近にある世界でしか、感じることができないのかもしれませんね。

そんな風に思いながら読み進め、悲しかったけれど、最後には希望を感じることができました♪

この物語を読み、ひとりでも多くの人が、平和について考えてくださることを願いたい。
そんな気持ちにさせてくれる物語でした♪