見かけは違うかもしれないけれど、本質的には恋をしていました。

作者 結城七

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全35話

更新

  1. プロローグ
  2. くらむほどに眩しい眩しい笑顔でした。
  3. 誕生日のメッセージ
  4. 第1話 プラネタリウムと酔っ払い
  5. 1 バーチャルとはつまりですね。
  6. 2 どう見てもプラネタリウムです
  7. 3 喋り過ぎちゃいました。
  8. 4 幽霊的に小さいってなんですか。
  9. 5 近くの幼稚園とかご紹介しますよ。
  10. 6 それはそれ、これはこれ。
  11. * 変な人1
  12. 第2話 水族館と触覚
  13. 1 友達いるんですか?
  14. 2 お黙りやがってください。
  15. 3 ほ?
  16. 4 いったい誰が否定できるでしょうか。
  17. 5 ひとりで?
  18. * 変な人2
  19. 第3話 だから、さようなら
  20. 1 おぁあ。
  21. 2 本当はいっぱいいっぱいだったのでしょう。
  22. 3 まだそんなことやってるんだ。
  23. 4 もう少し早くこうすべきだったのかもね。
  24. 5 なんでもないわよこのタコすけ。
  25. 6 それで、だから。
  26. 第4話 あと二日、あと二日だけ待ってほしかった
  27. 1 皆さんは既にわかっていたのでしょう?
  28. 2 残機が三ゲロあるから大丈夫。
  29. 3 あんたに良いことを教えてあげる。
  30. 4 応援しててください。
  31. 5 あとたった二日だったんです。
  32. 第5話 君は、後悔するんじゃないよ
  33. 1 いつかまた教えてね
  34. 2 あなただけのヒーローよ。
  35. 3 アキラくん。
  36. 4 最近タコばっかだな。
  37. 第6話 見かけと本質
  38. 1 私だって。
  39. 2 覚えていなくても、果たせる約束もあるんです。
  40. 3 ターコターコ。
  41. 4 思い出が思い出のままに見える場所で、憩いたいと願いました。
  42. エピローグ
  43. 見かけは違うかもしれないけれど、本質的には恋をしていました。