銀狼姫将軍はお義父さんと仲良くなりた過ぎて

作者 西紀貫之

戦後復興はついで!? 職権乱用上等の姫将軍の恋路やいかに!

  • ★★★ Excellent!!!

魔神軍との戦争。死線をともにした四天王と共に獣人国ケモフルールへ勝利を導いた、最強の銀狼姫将軍キャロライン。正に無双とも思える力を持つ苛烈な銀髪の美少女は、生き別れた育ての親に恋をしていた。

そして、ついにお父様と出会える――というところで、いつもの西紀ワールドが展開。感動の再開からスタートすると思いきや、まさか姫将軍が職権乱用の限りを尽くし、お父様とねんごろ(意味通り)の関係になろうと奮闘します。

国士無双の将軍という身分を隠し、ただただ一人の給仕として付き添いながら愛するお父様を何とかして手中に納めるべく、ラブコメに踵落としでもするかのような下ネタ混じりの奮闘劇を繰り広げます。


嬉ションとか何年ぶりかに見たぜ……どうなってんだ……


そんな事はつゆ知らず。錬金術師であるお父様は汚染された娘の国を救うため、身を粉にして戦後復興へと勤しみます。彼自身は真面目にやっているのにキャロライン含む他のキャラクターのコミカルなギャップがもうたまらない。

とにかくキャラクターが全員立っているのですぐに頭にイメージできて、その表情まで脳内再生余裕。さらにラブコメ主人公スキル全開のお父様は四天王(全員女性)を知らぬ間に落としているので修羅場必至。その過程も西紀節がストレートに頭をノックするので笑いが止まりませんでした。

その他を見てもこの作品はとにかく完成度が高い。世界背景もそのまま語れば重厚なファンタジーに置き換わるほどに緻密に作られています。だからこそ、キャラクターたちの奮闘が映えるのだなぁと思いました。

爆笑必至の「ラブコメに謝れ!」と叫びたくなる、しかしよくよく見るとしっかりと作られた王道ラブコメ。

これ、もしコミカライズされたらどうなっちまうんだろうか……と、心配する相変わらずの西紀貫之さん劇場でした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

三ツ葉亮佑さんの他のおすすめレビュー 55