【秘】メイド長レポート 2

3.

【お義父さん】

「…………(そういやこの館、体重計ないよな)」




4.

【メイド長】

「お呼びでしょうかお嬢さま」


【キャロライン】

お母さまあのババアがいらっしゃってからこっち、お義父さまを取られやしないかと気が気でないのだ。それとなくお義父さまの女の好みを探ってきてはくれまいか」


【メイド長】

「どっちにしろ、時を止められていた十六歳の先代さまと、二十歳のお嬢さま、中身は違えど器が同じとくればオトコは若い方を取りますよ」


【キャロライン】

「と、年下の実母……だと………………ぉぅ」


【メイド長】

「お嬢さま? (…………し、死んでる)」




5.

【メイド長】

「今までなんとなく聞く機会がなかったのですが、術士どのは乳飲み子のキャロラインさんをどのように育てたのです?」


【お義父さん】

「亡くなったばかりのアセナさんの乳房に溜まっていた母乳を分析してね。最初は僕の血液を変換して小指の先から飲ませていたんだ」


【アセナ】

「わたしのおっぱいをさわったんですね!? きゃ♪ 責任取ってもらわないとっ」


【キャロライン】

「お、おおおお、お、おおおおおおお、お義父さまの先っちょから迸る白い体液を飲んで育ったのに覚えてないだとぉおッ!? ………………ぉぅ(吐血)」


【アセナ・メイド長】

「(…………し、死んでる)」


【お義父さん】

「ふたりともどこから出てきたんだ(心臓マッサージを施しながら)」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます