第46話

 彰夫は跳ね起きた。


「テルミ…お前いつから…」

「いったい誰にプロポーズしてるのよ?」

「…久しぶりだね…」

「なにが久しぶりだねよ。人に膝枕させて、いい気になってんじゃないわよ」


 興奮して言っているうちに、テルミの黒い瞳に大粒の涙が溢れ出した。


「お前泣いてるのか?」

「黙れ、ばかやろー。彰夫は何も解っていない」


 テルミは、立ち上がると家に向って足早に歩きだした。

 歩きながらも、人目もはばからず泣きじゃくる。なすすべもなく、彰夫は2メートルほど後ろをついて歩くしかなかった。

 マンションに着くと、テルミはそのまま自分の寝室に閉じこもってしまった。彰夫は彼女の寝室のドア越しに話しかけもしたが、中からの応答が無い。お酒でも飲まないかと誘ったが、ドアは開かなかった。

 彼女の寝室のドアのそばで腰を掛けて、辛抱強くテルミか好美が出て来るのを待っていたが、しばらくすると彰夫は床の上で眠ってしまった。


 彰夫は窓から差し込む日の出の眩しい光で眼を覚ました。

 テルミが入って行った部屋のドアが開いていた。覗きこむと中に好美やテルミの姿はなかった。部屋を一通り見回ったが、彰夫ひとりでは誰も居ない。携帯に電話をしても、電源が切られている。


 ふたりは彰夫の前から忽然と姿を消したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます