エピローグ

翌日。探偵事務所にて。


「ねぇー本当に良かったのー?カッコつけちゃってさー。ねぇ。実は!僕の正体は!とかさぁ、やらなくていいのー?ねえねえ。」


影一郎は淹れたての珈琲を手にしている。相手は黙々とパソコンに向かっている淳の背中にである。表情は勿論、ニヤニヤしている。


あっちゃんたらー♡♡」


「…うるせぇっ!」


おわり

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

探偵、電子版。〜アイドル似架編〜 吉川奈緒 / nao69net @nao69net

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ