テイクオフ

作者 日梨はつき

今すぐ読んで下さい! そうすればきっとあなたの人生がより深く美しく……

  • ★★★ Excellent!!!

……愛しさと慈しみに満ち溢れたものとなるでしょう―――

 まず私が初めに首を傾げたのは小説の序盤、愛だ恋だ好きだを登場人物達が連呼して、冒頭ではいきなり結婚というテーマを堂々と投げつけているにも関わらず「あれ?」と思って表紙に戻るとそこに書かれてあるジャンルは「恋愛」ではなく「現代ドラマ」ん?
 そして、夢中で読み進めていくうちに分かれ始める4つのサイドストーリー。ん?
 途中までは4つのサイドストーリーが時間軸に沿って展開されていく在り来りな展開だと思わせておいて……ん?
 違う。この小説は私なんかが読んで理解出来るようなそんなありふれた恋愛ドラマの短編集じゃない。そう気付かされたのは中盤を過ぎた頃。これは人生という長く大きな激流を生み出す川を命懸けで下る小舟に乗った人々の壮絶なドラマなのだ!と。
 その頃にはもう小説の中に入り込みすぎて私自身がこの激流から抜け出せなくなっていました。(たまたまだと思いますが、著者のうちださんがすごく早いペースで更新して下さって追いかけるように読むことが出来て本当に嬉しかったです!)
 読後、私はこの小説の登場人物たちと同じように「強く優しく」なれたような気がしました。そして、誰にでも困難や過去の過ちや後悔や哀しみを……それぞれみんな抱えているものは違うけれど持っていて、だからこそ、愛を分かち合える人と分かち合って生きていけることが幸せの定義なのかなと考えさせられました。
 レビューになっていないことは承知してますが、著者のうちださんにお礼が言いたいです。心にいつまでも残る小説を読ませて頂いて本当にありがとうございました。大切に仕舞っておきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

かもまるさんの他のおすすめレビュー 42