テイクオフ

作者 日梨はつき

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 第10話 いいよなぁ -空谷-へのコメント

    すげえなぁ内田って感想です。

    考えさせられますね。
    自然に色々と切り替えて前に進んでいくのか、執着して努力して掴んでいくのか。
    前者は才能な気がしますけど。

    自分は努力して無理やり切り替えていくって感じで、迷走してますが。
    そんな感じで自分を照らして考えられる、リアリティのあるキャラクタ達です。
    凄い。

    作者からの返信

    ありがとうございます!わたしも内田は、書いていてすごく楽しくて、すごく好きなキャラクターでした。
    切り替えられるのは才能であると思います。あとは、ちょっとの気の持ちようでもあるのかなと。リアルさを大事にしているので本当に嬉しいですTT

    2019年10月25日 16:56

  • 第9話 夢のキャビンアテンダント -ひ…へのコメント

    賛否両論あるようなのですが、私はこのお話のように視点が変わる話が大好きです。
    今書いている小説もそういう構成にしているくらいです。

    このひかりの話は凄く好きですね。
    ひかりに自分を重ね合わせました。
    そして、お父さん。
    いいなぁ、こういう父親になりたいと。
    まずは自分が実践できるように、明日も明日で食らいついていかないとなって感じです。

    作者からの返信

    わたしは一人称しか書けないので、苦肉の策の上、このようなスタイルばかりになってしまっています。それでも偽田中さんは好きだと言ってくださったのでよかったです^^
    ひかりのお父さんは、本当に愛情深い人なのです。一緒にがんばりましょう^^

    2019年10月25日 16:57

  • 第8話 冷えた牛丼 -姫-へのコメント

    CAに関する記述が詳細で、読んでいて、ぐぬぬって感じになってます。
    仕事観に関する話も読んでいて、ぐぬぬって感じになります。

    教える側は、教える側の難しさがあるよなぁって思います。
    私は甘々なので、こういう厳しい人の裏側の気持ちに触れて、なるほどなぁってな感想を抱きました。

    牛肉の伏線回収されていて、にんまりとしました。
    牛丼食べたいです。

    作者からの返信

    CAの仕事は書くにあたってかなり調べました!もしかしたら関係者の方の目に触れることもあるかもしれないですし、ちゃんとしたものを書きたかったので。

    わたしも甘々タイプなのですが、姫を書きながら「なるほどこう思ってたのね……」と書いたのは自分なんですが、感じました。笑 

    この話の狙いは、みなさんが牛丼食べたくなることなので!大成功です!笑

    2019年10月25日 16:58

  • 第7話 一枚のデザイン画 -空谷-へのコメント

    内田の印象が前回と違い過ぎます。
    こういう表と裏のあるキャラクタを作ることが出来るのは、凄いなぁと素直に思います。

    恐らくこういう文章を書けるためには、人をちゃんと観察していないと書けないのだろうなぁと思いました。

    色々と分かっているから、書ける。
    そんな印象でした。

    作者からの返信

    実は内田の印象がここまで違って見えるのは、前回は語り手が姫で、今回は語り手が空谷だったからこその違いでもあるんです。同じ人でも、見る人によって感じ方も色々違うというところが出したかったので、印象が違うと感じていただけたらとても嬉しいです^^

    2019年10月25日 16:59

  • 第6話 内田嫌い -姫-へのコメント

    昇はいいヤツだなぁ。
    こんな懐広い人、友人に欲しいです。
    自分ではどんなに努力しても成れない気がします。

    最後に素直になる姫も魅力的です。

    このエピソード読むにあたってちょっと前の方のエピソード読み直したのですが、昇は良いヤツだなぁって感想ばかり抱きました。

    この後も、こんな感想ばかりだったらすみません。

    作者からの返信

    昇は単純で鈍くて、だからこそ懐が広いのではないかなと思います。昇本当いいやつなんです、すれてなくて、まっすぐで。そのまま歳を重ねた人です。ちょっと非現実的なキャラクターかもしれないですね。笑

    2019年10月25日 17:00

  • 第25話 がんばれ新人! -ひかり-へのコメント

    知ってるのに、知ってるからこそ号泣です。内田が大好きになったお話でした。

    作者からの返信

    嬉しいです!内田はわたしにとっても大切なキャラクターです。内田を大好きと言っていただけて嬉しいです。

    2019年10月6日 10:36

  • 最終話へのコメント

    テイクオフを読んだのは3回目ですが、またまた泣けました笑

    空谷さんや姫、内田に芹沢さん皆んなに

    感情移入してしまい本当に忙しい気持ちの変化が

    すごい楽しかったです!

    個人的には芹沢さんが最後に幸せになれそうな予感がして安心しましたー。

    親子の物語でもあると思うので、自分の事に重ねて涙が出たりもしました。

    やっぱりはつきさんの描く世界は、優しくて大好きです!

    応援してますね🌟

    作者からの返信

    ななまるさんありがとうございます!3回も読んでくださったこと、また色々な感情を持ってくださったこと、伝えてくださりほんとにありがとうございます!
    この話のコアテーマは父と娘、家族の愛だったので伝わってとても嬉しいです。これからもぜひぜひよろしくお願いします!!素敵なレビューも本当にありがとうございました!!嬉しかった😭❤️

    2019年10月6日 10:35

  • 最終話へのコメント

    やっと時間が出来たので、久しぶりに大好きなテイクオフ読ませていただきました。
    やっぱり空谷と姫が好きで、後半は以前と同じ所でボロボロ泣いてしまいました(笑)
    本当に素敵なお話です。
    新しい場所でも素敵なお話を楽しみにしていますので、無理の無いペースで頑張ってくださいね。

    作者からの返信

    たいままさん、ありがとうございます。こうして話の内容を知っているのにまた読んでくださって、こうして心を揺らしてくださって、それを伝えてくださって。本当に幸せです。これからもぜひ見守っていただけたら嬉しいです。本当にいつもありがとうございます!!

    2019年10月6日 10:34

  • 第35話 神様の操作 -ひかり-へのコメント

    2度目なのに

    子供泣きしました。

    すごい大人なのに。

    良かったね!内田!

    ほんと良かった😭

  • 第34話 季節外れのサンタクロース -…へのコメント

    サンタクロース内田、めちゃくちゃカッコいい😭😭😭

  • 第29話 明るい月夜に -空谷-へのコメント

    芹沢さんと一緒に泣きました😭

  • 第16話 涙の粒 -希-へのコメント

    空谷さんの気持ちもわかるし

    姫の気持ちも少しだけ笑 理解できる!

    芹沢さんの思いが素敵過ぎて泣ける😭😭

  • 第3話 フィッシュな彼 -姫-へのコメント

    最後のセリフにゾクって来ましたので、コメントさせて頂ければ。
    すごく、良かったです!
    ちょっと油断していたところに、ガツンと強烈なセリフが来る。

    今、執筆脳なので、文章読みながらも、「ああ、この文章は読みやすくて良いな」的な読み方をしてしまっていましたが、いきなり物語に引き込まれました。
    こういうセリフが書けるようになりたいです(執筆脳)

    作者からの返信

    偽田中一郎さま、こちらも読んでいただいているようで!ありがとうございます!大げさではなく感動してしまいました。実はあのエッセイの数という毒のエピソードで取り上げた作品が、こちらの作品だったのです。
    どうしても完結作品は動きが出ず、数で一喜一憂していたのですが、もう仕方ない、とここ数日はこのページも開いていなかったのですが、今日偽田中一郎さまが応援ハートとコメントをくださり、とっても嬉しかったですTT

    読みやすいと言っていただけるのはとても光栄です!その点をいつも意識して書いているので、ほっとしました^^わたしは自分の作品のキャラクターの言葉は、どちらかというとキャラクターが勝手にしゃべっているイメージなので、私が書いたという意識があまりないのですが、褒めていただけてとても嬉しかったです^^本当にありがとうございます。

    2019年9月27日 10:57

  • 第6話 内田嫌い -姫-へのコメント

     どんなに言葉が優しくたって、そこに棘が隠れていることもある。どんなに棘を含んでいるように見えたって、軸には願いや期待が隠されていることもある。
    強くうなづきました。

    作者からの返信

    これは自分の中で理不尽に感じたことを無理やりに納得させるために書いたものだったのですが、今思うとあながち間違ってはいないなぁと思います。笑

    2019年9月24日 10:50

  • 第1話 あいつが結婚!? -空谷-へのコメント

    もう一度読もうと思いまして。映画もそうですが、良いものは二度!二度目にはまた違った発見や感動があるかも。

    作者からの返信

    霧島さんいつもありがとうございます!繰り返し読んでいただけるというのは本当に光栄です!一度目にはなかった発見がありますように^^

    2019年9月24日 10:45

  • 最終話へのコメント

    はつきさんこんにちは!春です。
    テイクオフを読むのは2度目になります。リアルタイムで追っている時のドキドキハラハラ感とはまた違った感動を味わうことができました( ´ ▽ ` )
    結末を知っているのに空谷さんと姫さんの2人がこの先幸せになれますようにとか祈りながら読んでいました笑
    後、また泣いてしまいました!2回目なのに笑
    『テイクオフ』 は恋のお話というよりも、家族のお話と言った方がしっくりとくるような物語で、読み終えた後は心がほっこりとして自分の家族と話をしたくなります。そんな風にこのお話を読んだ自分をいつもより暖かい気持ちにさせてくれるはつきさんのお話に出会えたこと、またこの場でお話を読めること、全部に感謝しています!ありがとうございます^ ^大好きです!

    作者からの返信

    春ちゃん、ありがとう!とても嬉しいコメントで、読んでいて泣いてしまったTT
    読んでくれるのが二度目で、もうお話の流れも最後も分かっているのに、それでもまたきちんと読んでくれたこと、感謝でしかないです。本当にありがとう。テイクオフは空姫の恋愛を軸に物語は展開していくけれど、コアテーマは娘と父だったので、そうやって感じてくれたならば本当に嬉しいし、家族と話をしたくなると言ってもらえてしあわせな気持ちでいっぱいだよ。こちらこそ、本当にありがとう。これからもよろしくね!だいすきだよ~~!!!ラブアンドハグ!!

    2019年9月24日 10:44

  • 最終話へのコメント

    最後まで読ませていただきました!最後の手紙、とても泣けました。
    キャラクターそれぞれ感情移入できる、読むのが止まらない素敵なお話ありがとうございました。

    作者からの返信

    ホシノユカイさん、本当にありがとうございます!一気に読んでいただけて本当に嬉しかったです😭💓ありがとうございました!!

    2019年9月13日 10:10

  • 第35話 神様の操作 -ひかり-へのコメント

    そっかぁ、と涙が流れていました。
    ちょっと前、プレゼント辺りからわかっちゃいたんですが、声を感じ合う二人が切なくてでも幸せで美しかったです。

    作者からの返信

    やはり気付いてくださっていたんですね!なんとなく勘付いていただけるというのが嬉しいです😭💓ふたりはこれからも、偶然会っても親子だということには気付かないと思います。それでも、繋がっていられるというのが素敵だなと個人的には思います。

    2019年9月13日 10:09

  • 第21話 「俺と生きればいい」 -姫-へのコメント

    近いのに遠い……!!!

    作者からの返信

    ふたりとも気づかない。そんなことがこの世の中には割とあるんじゃないかなあと思って書いていました!

    2019年9月13日 10:06

  • 第20話 三人での焼肉 -希-へのコメント

    うおおお……リンクしてしまいますね笑
    姫どうする、空谷さんっ、希いいい……!!!(誰も悪くないってのがまたミソですね)

    作者からの返信

    佑佳さんありがとうございます!そうなんです、わたし根っからの悪者を書くのが苦手で。笑
    みんな悪くないからこそ、切ないし苦しくもあるんですよね😭

    2019年9月13日 10:06

  • 第18話 彼女の不在 -空谷-へのコメント

    痛みはない方がいいはずなのに、その痛みすら愛おしい。すごく深い一文ですね。

    作者からの返信

    昇の姫への想いは、痛みでさえも愛おしい。何も感じなくなることが昇にとっては一番の恐怖だったのかとしれません。

    2019年9月13日 10:04

  • 第17話 弱虫の強さ -空谷-へのコメント

    ほんとうに、この世界はすべてが優しさに包まれているなぁ。こどもが大好きなのに結婚を急かさないご両親も、そんな親に親孝行をしてあげたいと考え続けている昇も。こんなご両親だから昇が包容力に包まれたひとに育ったんだろうな。

    作者からの返信

    昇の両親は、絵に描いたような優しい両親です。だけどそのふたりにも色々な出来事や紆余曲折があっての今なのかなあと思います。そういうのもいつか書きたいなあ。

    2019年9月13日 10:04

  • 第9話 夢のキャビンアテンダント -ひ…へのコメント

    自分に厳しく接してくるひとって、どうしても避けがちになるしいい印象が芽生えにくくなるのに、それでも「小田桐さんのようなキャビンアテンダントになりたい」と言えるひかりちゃんの真っ直ぐさに、たくさん愛して貰えたんだろうなと胸が暖かくなりました。

    作者からの返信

    ひかりは少し複雑な家庭環境ながら、愛情には満たされていました。あとは、純粋に姫が本当に素敵なCAだということもあります!ひかりの弱いけれど強いところは、なんだかいいなと思いながら書いていました。

    2019年9月13日 10:01

  • 第6話 内田嫌い -姫-へのコメント

    自分がすきになれない自分のいやな部分を「姫のぶんもおれが好きだよ」と無条件に肯定してくれるやさしさ、昇自身がたくさんのことを経験して受け止めてきたからなんだろうなぁ。にぎにぎ、って二回手を握ってくれたとこにグッときた。

    作者からの返信

    わたしもそこがすきです!にぎにぎ、のところ!ぎゅっ、とかではなくて、にぎにぎ。そこに気付いてくれるのはさすがすぎます😎💓

    2019年9月13日 10:00

  • 第9話 夢のキャビンアテンダント -ひ…へのコメント

    うんうん、ひかりちゃん素敵ですね。
    挫折の件は前向きでひたむきで、いいなぁと。

    素敵なお声かけをくださるお父様育てられたからか、応援したくなりますね(´ω`)

    作者からの返信

    うわーあ!佑佳さんが!テイクオフを!読んでくださっている~~TTありがとうございます!嬉しいですTT
    ひかりのお父さんというのはキーワードとなっておりますので!どうぞよろしくお願いします!

    2019年9月10日 16:55

  • 最終話へのコメント

    テイクオフ好きです。登場人物みんなに感情移入してしまって。
    セリッチ応援したいけど、空谷さんも応援したいし、、みたいな(笑)
    内田ほんといい人。なんか肉食べたくなりましたꉂ(ˊᗜˋ*)

    テイクオフを読むのは2回目ですけど、1回目がだいぶ前だったので、新鮮な気持ちで読むことができて泣きっぱなしです( ´༎ຶㅂ༎ຶ`)

    作者からの返信

    わーはのさんありがとうございます!TT二回目読んでくれて本当に嬉しい……。こうやって空姫だけじゃなく芹沢や内田も心にとめてくれて本当に幸せです。

    今回テイクオフはかなり加筆修正を加えたので、そういう部分でも新たな気持ちを感じてもらえたならば嬉しいです!いつもありがとうございます♡

    2019年9月10日 10:58

  • 第16話 涙の粒 -希-へのコメント

    自分の代わりに怒ってくれて、泣いてくれるひとってほんとうに貴重ですよね。芹沢ちゃんの真っ直ぐなところが愛おしいです。

    作者からの返信

    芹沢が思ったよりもたくさんの方から応援されていて!わたしはびっくりした!笑 でも芹沢は本当に可愛い子なんです。愛おしいと言ってもらえてすごく嬉しい😭♥️

    2019年9月13日 09:59

  • 第13話 会いたい気持ち -姫-へのコメント

    この10年がカウントダウンだったという文章に姫の切実さが滲み出ていて、すごく苦しいです…覚悟はしていたはずなのに会いたくなってしまう、相反する気持ちがわかりすぎて胸が痛いです。

    作者からの返信

    10年間重ねていった昇と、引いていった姫。ふたりは同じ気持ちでいながらも時間の捉え方は対照的でした。わたしこういう反比例の関係みたいなものがとても好きです

    2019年9月13日 09:58

  • 第11話 ハート型のハンバーグ -姫-へのコメント

    柄じゃないなんて思いながら、こっそりハート型のハンバーグをつくってた姫が可愛いのに切ない回でうるうるしました。ほんとうにこういう描写上手いな…。

    作者からの返信

    姫はね、素直になりたいんです!本当は!だけどなかなかなれなくて、言葉では表せないからこそのハートのハンバーグ……昇はそれを食べたのかなぁ……(作者誰ですか)

    2019年9月13日 09:57

  • 第8話 冷えた牛丼 -姫-へのコメント

    大人になるとへんに謝るのも難しくなって、出来るのが当たり前だって考えが凝り固まってしまうけど、「はじめてなんだから上手くやれないのは当たり前だよ」って肯定してくれる、昇の実直さに姫は何度も救われて来たんだろうなと思いました。だから10年も一緒にいれたんだよね。

    作者からの返信

    昇は本当にまっすぐで、だからこそ姫は何度も救われ何度も辛い思いもしたんだろうなーと思います。10年って、言葉で言うより長いよね。

    2019年9月13日 09:56

  • 第5話 ピンクの埃 -姫-へのコメント

    結婚の雰囲気を日常に漂うピンクの埃、という表現には唸りました。確かに一度ラストまで読んで読み返してみると、姫がそう比喩したのもわかる気がします…切ない…🥺

    作者からの返信

    このタイトルは、ぱっと映像に浮かんでそのままタイトルにしました。お話のタイトルはよく考えるけど、エピソードタイトルって普段つけなかったのでなかなか難しくて💦(絵文字が使えるのを今知りましたありがとうございます💓)

    2019年9月13日 09:55

  • 第1話 あいつが結婚!? -空谷-へのコメント

    ここで宇井さん・カラノが気になった方はぜひ、内田さんの『カコイマミライ』も読んでみてください。オススメです。完結済。内田さんの長編は読むのが止まらなくなるので、次の日に予定がない、夜更かしをしていい日にぜひ見てください!

    作者からの返信

    わーんありがとうございます(ToT)カコイマミライの宣伝まで!本当嬉しい……ありがとうございます!

    2019年9月13日 09:54

  • 最終話へのコメント

    改めまして、愛果と申します。
    大人の素敵な恋物語、興味深く、夢中になって読ませて頂きました。

    勇気が出なくてコメントが残せていなかったのですが(ツイッターの方でも書かせて頂きましたが)CAの研修のシーンは、自分自身の新社会人時代を思い出して、グッとくるものがありました。

    新社会人時代、私と同期の指導係だった先輩が、かなり厳しい人だったんです。そして、テイクオフを読みながら、先輩は「教えるのが初めて」だったことを思い出しました。もしかして、姫と同じような感じだったのかなと、読みながら思っていました。

    そして、三角関係。

    もしかして空谷と姫は別れてそれぞれの違う恋人を見つけて幸せになるのだろうか、とハラハラしていたのですが、王道のハッピーエンドでよかったです。
    (しかし、綾兄が姫に持っている感情がどんなものなのかが気になりますね。空谷に意地悪してますし)

    そして、最終話のお母さんからの手紙。

    >お母さんはいつでもアスカの隣にいて、いつでもアスカを見守っています。いつでもアスカを愛しています。

    私も数年前に病気で母をなくしたので、この一文を読んだ瞬間、涙が止まらなくなって、しばらく読むのを中断していました。
    まるで母がこの作品に出会わせてくれたような気さえしました。

    改めて、素敵な作品ありがとうございました。

    作者からの返信

    お返事が遅くなってしまいごめんなさい!最後まで読んでいただき、そして素敵なレビューまで本当にありがとうございました。お仕事のこと、それからお母様のこと、お話してくださりありがとうございます。
    たかが創作ですが、わたしはいつもお話にメッセージと魂を込めて書いています。もしこの中のセリフが、愛果さんの心に少しでも何かを感じていただくきっかけになったのならば嬉しいです^^本当にありがとうございます。

    2019年9月7日 16:50

  • 第27話 「幸せだったよ」 -空谷-へのコメント

    切なすぎます……。

    作者からの返信

    わーんありがとうございますTTここはわたしも結構涙をこらえつつ書いていました~!!

    2019年9月7日 16:49

  • 最終話へのコメント

    テイクオフ、大好きなお話のひとつで読むのは二回目なのですが、変わらずあたたかくて切なくて
    "家族"とか"愛"のかたちは人それぞれで、どれが正解とか正しいなんて無くて、どれも大切なかけがえないものだなぁと思いました。
    不器用だけど優しくて、そして強いみんなに勇気をもらいました。はつきさんの子たちはいつもあったかくて素敵な人たちばかり。たとえ物語の中でも出会えてよかったなぁと思います。
    素敵なお話、ありがとうございました!

    作者からの返信

    にょんちゃん、ありがとうTT二回目なのに一気に読んでくれて本当に嬉しかったよ。
    愛にはいろいろな形があって、きっと正解も不正解もなくて、関係の形だけ愛の形もあるのかもしれないね^^こちらこそ!また読んでくれて本当にありがとう!!課題頑張ってね!

    2019年8月27日 11:27

  • 最終話へのコメント

    最後まで楽しませていただきました(^^
    軸になる二人も、二人を取り巻く人たちも、素敵で個性的なキャラで、温かい気持ちになりました。
    長い人生、時を重ねるほどに辛いことや上手くいかないことに直面するものですが、一人でがんばらなくていい、そう感じさせられる終わりでした。
    素敵な物語を、ありがとうございました!

    作者からの返信

    はとりさん、最後まで読んでいただきありがとうございました;;キャラクターたちをほめていただけて本当に嬉しいです。リアルさを大事にして書いていたので、メッセージをくみ取っていただけて本当に幸せです。ありがとうございました!

    2019年8月24日 16:17

  • 第45話 テイクオフ -空谷-へのコメント

    姫が前に踏み出せない理由を昇が知った時から、こういうことするだろうと期待してました。
    鎖が壊れた今なら、今度こそ幸せになれますよね!

    作者からの返信

    昇は、知ったことをそのままにしておくことは出来ない人なんです。やっと、本当の意味での幸せが見えてきたかなと思います。

    2019年8月24日 16:16

  • 第33話 パパのこえ -ひかり-へのコメント

    もしかして、と思ってましたが、やっぱりそうなのか……!
    運命的ですよね。
    あの出会い(再会)も、互いの気持ちがまだつながっていたことも。

    作者からの返信

    わーはとりさんありがとうございますTT
    そうなんです、やっぱりそうでした!二人はこれからも、お互いの正体が分からないままです。だけどそれでいいんじゃないかなと思います。それでもふたりは繋がっていられるので^^

    2019年8月24日 16:16

  • 第2話 うちの姫さま -空谷-へのコメント

    読み始めました、最後までゆっくり楽しませていただきます(^^
    牛丼が大盛り一杯3390円になってますので、ご確認を!

    作者からの返信

    はとりさぁーん(><)ありがとうございます!3390高い!笑
    すぐになおしました!本当にありがとうございます(;_;)

    2019年8月19日 15:26

  • 最終話へのコメント

    完結おめでとうございます! 素晴らしい作品ありがとうございます!
    最後の二話、涙が溢れて大変でした……。

    作者からの返信

    最後まで読んでいただきありがとうございました。譜田さんが読んでくださって、わたし自身とても励まされ救われました。本当にありがとうございます。これからもがんばります!!

    2019年8月24日 16:15

  • 第45話 テイクオフ -空谷-へのコメント

    しまった! ここでこんなシーンがくるとは予想してなかった……。涙が止まりません。

    作者からの返信

    お返事したつもりでいました!遅くなりましたごめんなさいTTこのシーンは絶対に書きたかったシーンだったので、汲み取っていただけて本当に嬉しいです^^譜田さんの涙、ちょうだいしました!笑

    2019年8月24日 16:14

  • 第44話 さよならわたしの恋心 -希-へのコメント

    あぁ、芹沢さん……。密かに応援してたのに。いつかいい人と巡り会って幸せになりますように!

    作者からの返信

    芹沢、結構人気があって嬉しいです。本当にいい子なので、これから幸せになってもらいたいです(T_T)

    2019年8月10日 18:30

  • 第43話 世界で一番 -姫-へのコメント

    こういう風に好きになって、こういう風に真正面からそう言えるようになって、
    紆余曲折はあろうとも、いつかきっとお互いの元に戻ってきて、愛を伝えることが出来る。なんてステキな話なんでしょう!
    このまま二人はきっと……。
    完結まで目が離せません!

    作者からの返信

    やっと戻ってきた場所、でも2人とも成長して巡り会ったので以前と同じ選択はしないだろうと思います。あと少しで完結です!よろしくお願いします!

    2019年8月10日 18:29

  • 第30話 もったいない -姫-へのコメント

    大変面白く拝読しております。アスカ次第、とな……! と、にやにやしてしまいました。

    作者からの返信

    坂水さま、コメントありがとうございます^^はじめまして日梨はつきといいます!応援のハートもいつも嬉しく受け取らせていただいております!
    そうなんです……多くは語らずとも、綾兄の気持ちはこうあるのか……と感じていただけたら嬉しいです^^これからもよろしくお願いします^^

    2019年8月3日 14:35

  • 第29話 明るい月夜に -空谷-へのコメント

    なんてこったーーーー(泣)

    作者からの返信

    番外編をご用意しておりますので!!!(2度目)笑

    2019年7月30日 16:02

  • 第27話 「幸せだったよ」 -空谷-へのコメント

    あ~、涙が止まりません。

    作者からの返信

    わ~~~~~わたしもここは、ずびずびと泣きながら書いていたことを思い出しました……。ちゃんとした別れもまたつらいものです……

    2019年7月30日 16:02

  • 第25話 がんばれ新人! -ひかり-へのコメント

    え、もしかして!

    作者からの返信

    譜田さん!!さすがでございます!!!!!!!

    2019年7月30日 16:01

  • 第24話 想いを伝える -希-へのコメント

    いいね-! 私的にはこの二人を応援したいです! 願わくば、うまくいきますように……。

    作者からの返信

    芹沢、わたしもかわいくてかわいくて……しあわせになってほしい……(番外編ございますのでご安心を!笑)

    2019年7月30日 16:01

  • 第22話 なんでもいいから肉を食え -…へのコメント

    ああ、なるほど、このセリフですね(笑)
    コレはコレで、このシーンでは最高のセリフですね!

    作者からの返信

    そうです!ここです!!笑 とりあえず内田と言えば肉なので……笑
    個人的にはとても気に入っているセリフです!!

    2019年7月30日 16:00

  • 第16話 涙の粒 -希-へのコメント

    もらい泣きしました。ありますよね、こういう理不尽。二人のやりとりが心打ちます。

    作者からの返信

    ありがとうございます;;社会って理不尽の連続ですよね。いつの間にか「仕方ない」って諦めることを覚えてしまいますが、芹沢のこの気持ちはずっと大切にしてほしいなと思います。

    2019年7月30日 16:00

  • 第13話 会いたい気持ち -姫-へのコメント

    切なすぎます!!!

    作者からの返信

    矛盾だらけなんですけどね……だからこそ、愛おしい気持ちなのかなと思います。姫と昇は正反対なので、伝わりそうで伝わらなくて、うまく表現できなくて、もがいていたのだと思います。わたしもここは切ないなぁと思いながら書いていましたTT

    2019年7月30日 15:59

  • 第11話 ハート型のハンバーグ -姫-へのコメント

    あ〜そんな辛い過去が…。

    作者からの返信

    そうなんですよ……やはり何事にも理由があって;;幼少期のトラウマから姫はどうしても逃げ切ることが出来ないんです……昇がんばって……と祈りながら書いていました。笑

    2019年7月30日 15:58

  • 第10話 いいよなぁ -空谷-へのコメント

    いつも最後の言葉になるほどなーと思い、感心します。

    作者からの返信

    そんな風に言っていただけると嬉しいです。割と、内田の名言が個人的にはいつも気に入っています!

    2019年7月30日 15:55

  • 第9話 夢のキャビンアテンダント -ひ…へのコメント

    いいお父さんやなぁ!

    作者からの返信

    そうなんです。ひかりは両親の愛情をたっぷりと受けて育った女の子です!

    2019年7月30日 15:54

  • 第8話 冷えた牛丼 -姫-へのコメント

    素晴らしいですね。昇は立派じゃないですか。私もそういう風にふるまいたい。

    作者からの返信

    譜田さんありがとうございます!昇は穏やかで少年のようで、だけどやっぱり色々なことを見てきた、しっかりとした大人なんですよね。わたしもこれほど大らかに穏やかでいられたらなぁ。。

    2019年7月30日 15:54

  • 第4話 一回目のプロポーズ -空谷-へのコメント

    これは、ちょっと、男には、つ、辛いw!

    作者からの返信

    譜田さんありがとうございます。そうなんですよねここまで準備して、でも最後までは言えず、なんとも不憫な空谷でした( ;∀;)

    2019年7月30日 09:48

  • 第3話 フィッシュな彼 -姫-へのコメント

    最後の一文が好きです。
    なるほど、ツンデレのツンはこれくらいツンなのですねw。

    作者からの返信

    譜田さん、読んでくださりありがとうございます!実はこの話は、ツンデレの極みのような女の子を書きたくて書き始めたものだったので、汲み取っていただけて嬉しいです!笑

    2019年7月30日 09:45

  • 第1話 あいつが結婚!? -空谷-へのコメント

    同期二人の仲の良い様子が伝わってきて微笑ましいです。二十代の二人かと思いきや……まあ、確かに、だいぶいい頃合いの年齢ですよね。

    作者からの返信

    仲咲香里さま

    はじめまして!コメントありがとうございます(^^)昨日仲咲さまのおはなしを1話読ませていただき、ゆっくり読ませていただきたいなあと思っていたところでしたので、コメントいただきびっくりしました。
    だいぶいい頃合いの年齢のおじさんが主人公のおはなしなのですが、なんとなくかわいらしくまっすぐなおじさんを書きたくて。笑 ありがとうございます!

    2019年1月18日 13:03