第10話 休日(4)

 晩飯を食べ終わり、風呂の時間になる。運動したからということで、俺が最初、松川が二番目、そして佳乃子が最後という順番になった。


「ふうー」


 お湯を張った浴槽に肩までつかり、深く息を吐く。特段取り上げるべきことではないが、風呂は俺にとって、日々の中の贅沢だった。

 まず、ひとりになれる。

 普段生きていると嫌でも人が目に入る。そうすると、まず、相手の視線を意識する。すれ違う人に対してさえも、だ。21年間で自意識だけは立派に成長したから、こればっかりは治らない。

 つまり、人が視界に入ると俺のパーソナルタイムは音を立てて崩れ去るのだ。

 別にいつもひとりでいたい、というわけではない。俺だって時々は人と話したい。というか、俺はコミュニケーション自体を嫌悪しているわけではない。ただ、いつもそうやって対人関係に気を張るのが嫌いなだけである。わがままだが、ひとりの時間も欲しいし、人と一緒の時間も欲しい。佳乃子はそのあたりの俺の要望をよく分かってくれているらしく、ちょっかいかけてくる頻度もさほど高くない。ありがたい。

 次に、考えごとに集中できる。

 その日一日あったことを振り返って、あれはどうだ、これはこうだ、といったことを考えることができる。そうして得られた何かを、明日からの人生に生かす。無論、実際に生かせたことは一度もない。

 今日一日あったこと……。


「松川、ちゃんと馴染めるかな……」


 俺が言えた義理ではないが、やはり松川は人づきあいが少々下手らしい。過度に干渉されると、そのうち堪忍袋の緒が切れる……気がする。それに対してどうこういう権利はもちろん俺にはないが、それでもやはり、サークルに誘った人間としては、相手がきちんと馴染めるか、馴染めなかったとしても深く傷つかないか、こればかりは気になる。


「まあ大丈夫だろう」


 根拠もなく言ってみる。閉ざされた密室の中で、言葉は反響して水へ溶けていった。

 浴槽を出る。

 扉を開ける。


 そこに、松川がいた。


「あ……」

「……」

 固まる二人。どちらも、今起こった出来事に対して脳の処理が追い付いていないようだ。

 最初に動いたのは俺だった。あられもない姿をさらけ出した息子を手で隠す。情けないもの見せてすみませんでした。でも、小さいんです、俺の……。


「す、すみません……」

「こちらこそ……」


 再び変な沈黙が流れる。


「……あのさ、出てってくれないか?」

「え?」


 え? じゃなくて。流石に出ていってくれないと俺が身動き取れないし。


「そ、そうですね! 失礼します!」


 なぜか頭を下げて出ていった。

 なんだったんだ、今のクソイベ……。ラッキースケベなら普通逆の立場だろうが。初めて女の子に裸を見られてしまった。

 ボーっとしていると湯冷めをするので、早めに頭を拭いてドライヤーで乾かしてから部屋に戻った。

 松川と佳乃子は隣の部屋でガールズトーク?に花を咲かせているらしい。佳乃子のテンションも上がっているのか、普段よりも少しだけ声がやかましい。読書とネットサーフィンの支障になるからできれば音量を下げてほしいが、大学に入ってできた友達と遊んでいるのだから、声がデカくなるのも無理はない。そこまで無理強いする理由も権利は俺にない。

 そんなこんなで、漫画を読んだりSNSを眺めていたりして時間を過ごす。『だらけきった生活! 日本の大学生はなぜ堕落するのか?』と新聞記事にでもなりそうだが、俺の場合普段講義やらで神経が張り詰めているのだから、家での時間くらい思いっきりだらけたい。ほめられたことではないかもしれないが、この時間は俺にとってのゴールデンタイムなのだ。


「もう10時か……」


 そろそろ歯を磨こうか。などとベッドから立ち上がった時、隣室の扉が開いて、その間から、松川が顔を見せた。心なしか気まずそうな表情を浮かべている。


「あ、あの……少しお邪魔してよろしいですか?」

「ん? ああ」

「失礼します」


 松川はおずおずと部屋に入ると、カーペットの敷かれた床に座った。絨毯があるといってもフローリングなので脚が痛くなるだろう。


「ベッド、座っていいぞ」

「いや、でも……」


 俺と並んで座るのが嫌なのかな? なんか泣きそうになってきた。

 松川は遠慮していたが、結局隣に座った。よかった、嫌われてないっぽくて。


「さっきは、その、すみませんでした」


 開口一番、謝罪の言葉が発せられる。


「いや、別に謝ることでもないだろ。見られたら死ぬもんでもないし」

「でも、逆の立場だったら私、すごく怒ってたと思います」

「まあなあ……」


 俺は女ではないので分からないが、男と女だったら、貞操観念が固いのは女性の方だろう。男なんて真冬でもふんどし一丁で神輿担いでるし。見られたらいけないものが少ない分、心理的な抵抗はない。


「そりゃ女の子だからな」

「……あの、私、そういう『男だから』とか『女だから』とかいうの、あまり好きじゃないです」


 ジェンダーレス、いわゆるフェミニストというやつだろうか。が、日本においてフェミニストは幾分蔑称の意味合いが強いし、目の前のけなげな女の子にその汚名を着せるのは酷だ。


「悪かった」

「いえ。わがまま言ってすみません」

「別に。俺だってそんなことにこだわる理由がないからな」

「うふふ」


 松川が笑った。

 控えめだったが、確かに笑ったらしい。松川らしい控えめな微笑みである。

 それを隠すそぶりもなく、目をニヤつかせたまま


「先輩って、ちょっと変わってますよね」

「……よく言われる」

「別に、悪い意味じゃないです。私も少し世間とズレてるところがありましたけど、先輩はそれ以上ですよね」

「自分に忠実に生きているだけだよ」


 人脈が狭い俺は取り繕う必要もないからか、そう見えるのだろう。


「言ってみただけですよ」

「あっそ。で、話はそれだけか?」

「それは……その……」


 なぜか、松川がもじもじし始める。そんなに言いづらいことなのだろうか。

 ややあって、


「私、あまり友達が多くないんです。ちょっと仲良くなっても、すぐにぶつかり合って険悪になっちゃって……でも、先輩とお話ししていると、こっちが少し主張してもすぐに折れてくれるので、あの、自分勝手なんですけど、居心地がいいなあって思って。だから、これからももっと仲良くしていきたいです。以上です」

「おお……」


 なんか、漫画みたいな自己開示をされてしまった。それを受け入れるだけの度量は俺にないぞ? すぐ折れるのだって、ありていに言えば、面倒ごとが嫌いなだけだし。

 とりあえず松川の自己開示は横に置いておくとする。


「俺もぜひよろしく頼むよ。ついでに佳乃子とも」

「何言ってるんですか。佳乃子が本命で、先輩はおまけですよ」

「お前……」

「冗談です」


 小悪魔めいた微笑を浮かべる。こいつ、こんな顔もできたのか。なんだかこの松川彩音という存在について、俺も何かしら究明したくなってきたぞ。こんなに人に惹かれたのは初めてかもしれない。

 これからは、もっと生活に彩が生まれるのかもしれない。そう思うと、もう大学三年生ながら、新入生なみに心がときめいてしまう。いいことだ。心はいつだって若く保っておかないといけないのだ。


「じゃあ、私はそろそろ寝ますね」

「佳乃子が大人しく寝かせてくれるとは思わんが」

「じゃあ、その時は先輩の部屋で寝ます」

「俺が気まずいわ……」


 最近の女子のそういうところ、よくわからない。


「冗談です。では、おやすみなさい」

「おやすみ」


 扉が閉まる。時計を見ると、22時半になっていた。思いのほか話し込んでいたようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る