神山写真館

作者 千里 望

64

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初に言わせて頂くと、こういう設定、大好物です。


底の見えないキャラに、どこか人間臭いキャラ、そしてじっとりとした読後感。
題材的にヒューマンドラマな側面もありますので、ホラーは苦手という方にもオススメ出来るかと。
勿論、ホラー好きも満足出来る作品ですので気になった方は是非。



短編連作でシリーズ化して欲しい……そんな良作でございました!

★★★ Excellent!!!

読了後のレビューです。

物語を拝読させて頂き、感じたことは過去となった想い出は、自身の心と想い方によって偽りにも虚空にもなってしまう。

どれだけ大切で、愛する想い出だとしても、それが真実と言い切れるのか……


自身の想い出の大切さと儚さ。形を変えてしまった想い出が呼ぶ恐ろしさを教えてくれる短編小説です。

★★★ Excellent!!!

死者の生前の思い出を写す写真館を舞台とした物語です。
死後の世界というオカルト要素はありながらも、物語事態は比較的穏やかに進んでいきます。

平和なまま物語は終盤へと向かうのかと思いきや、そこはやはりホラージャンル。

待ち受けるものはやはり恐怖です。

主人公の迎える顛末は、是非とも読者の皆様自身の目でお確かめください。