天才教授のストゥルトゥス! ~イツワリ姫は解けない暗号~

石川へるま

プロローグ

~一つの予習~

 戦場に、狂風が吹いていた。

 血なまぐさい風が、折れた矢と、突きたつ剣のあいだを吹きぬけ、金色に輝く髪をなびかせた。

 累々と重なる死体の上で、戦神は天を仰いで佇んでいた。

 〈破壊神の紅〉と呼ばれた瞳はいまだ燃えさかり、獲物を求めて戦神を突き動かそうとした。

 呪わしい衝動に抗うように、一条の涙が頬をながれおちる。


――ルキウス。余を殺して……


 神々の血につらなる凄絶な美貌の戦神は、そう呟くと落ちていた弓を拾いあげ、矢をつがえ、振り向きざまに彼を射た。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます