第89話

 佑麻は帰国の荷物のチェックをし、マム、ミミ、ソフィアにお礼とともに別れの挨拶をした。


 ソフィアは泣きながら、佑麻にしがみついた手をなかなか解こうとしなかった。タクシーを拾いに通りへ出る道すがら、街の人々に声を掛けられ、それぞれに別れを惜しんだ。

 ドミニクは、佑麻を兄弟と呼び、硬く握手を交わした。このままドナに会わずに帰っていいのか。何度も自問自答するが、では会ってどうするのかわからない彼は、何も動けずただ帰国の便に間に合うように、空港に向かうしかない。


 タクシーに乗り込み、行き先を告げる。シートに落ち着いた彼は、パスポートを確認した。パスポートを開けると、メモがハラリと膝に落ちた。


『Thank you for everything, Donna.』


 あの時、成田空港でのメッセージと同じだ。


 自分はあの時、ドナを目の前にして何も言えず別れて腑抜けになり、結局ドナを追いかけてここまできたのではないか。このまま帰ってはあの時と何の変りもなく、また同じことになるのは目に見えている。

 ドナに会って何と言ったらいいかわからないが、とにかく顔を見て心に浮かぶ言葉を伝えよう。恐れずに、自分の心の決着を付けてから帰ろう。佑麻はドライバーに行き先の変更を告げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます