第88話

 佑麻が目を覚ました時は、ドナはもう家に居なかった。


 佑麻は、今日彼女が朝早くから家を出ていくことは聞いていた。ジョンの依頼でテレビ局GMAの『Eat Bulaga/イート・ブラガ』に出演することになっているのだ。

 もちろん、自分の枕元でドナが夜を明かしていたことなど知るはずもない。彼は今日の飛行機で帰国する。ドナにどうしたらいいのか、どうして欲しいのか、考えがまとまらないまま今日がきてしまった。

 ミミの用意してくれた朝食を取っていると、家の電話が鳴った。麻貴からの電話だった。


「佑麻、帰国するんだって!」

「そうだよ」

「いつ帰るの?」

「今日の便」

「えーっ!あたし聞いてないわよ。ほんとに自分勝手なんだから。私がなぜここに来たのか忘れたの?」

「じゃあ、一緒に帰るか?」

「今日の今日じゃ無理に決まっているでしょ。それに…、ジョンのおじいさんがうるさくて…。エンジェル・トーカー チャリティーのお世話でジョンの手伝いもあるし…。もう少しこっちにいるわ。みんなによろしくね」

「ああ…、ところで、今日、ジョンはどこに行ってるんだっけ?」

「確か、テレビの仕事で、ケソン・シティのお店だったと思うけど…。そうだ、ドナも一緒のはずね…。そう言えば帰国したあとドナとはどうするの?」


 佑麻は何も答えなかった。


「ドナと何かあったの?」

「いや、べつに…。それじゃな!」

「ちょっと…!」 


 佑麻は麻貴のしつこい質問攻めにあう前に、電話を切った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます