第84話

 ドナはラジオ局DZRH‐AMのインタビューを受けるために、局のスタジオへ来ていた。


 ロビーでミネラルウォーターを飲みながらインタビュー部分の台本の確認をしていると、突然佑麻がやってきた。


「忙しそうだね。ドナがここだって聞いてね。家でなかなか話す時間が取れないから来たんだけど、インタビューが終わった後、少し話しできるかな?」

「ええ、これが終わったら、次の出番まで時間があるから大丈夫よ。ロビーの奥のスターバックスで待っててくれる」


 ドナが局のスタッフに呼ばれ、スタジオに入っていった。

 彼女は、佑麻がどんな話を切り出してくるのか気になって、インタビューが上の空になり何度か番組のパーソナリティに質問の回答を促されることになる。


 佑麻は、ラジオを通じて流れてくるドナの声に耳を澄ました。早口のタガログ語で何を言っているのかわからなかったが、いつも親しんでいるペールトーンの優しい声とちがった、はきはきしたビビットな彼女の明るい声は、それはそれで洗練されていて美しい声だと感じていた。

 話している声で、ドナの顔の表情が浮かんだ。それができるようになるほど、ドナを身近に感じていた数か月だった。


「話って何?」


 スタジオから戻ってきたドナが、佑麻のテーブルに腰掛け言った。今までラジオを通して聞いていた声の主が、実際目の前に現れるとなんだか不思議な感じがした。


「実は…」


 佑麻が頭の後ろで腕を組んだ。言いにくいことがある時の彼の癖だ。ドナは今では彼のそんなひとつひとつの仕草で、彼の心のうちの一端がわかるようになっている。彼女は少し緊張した。しばらくして佑麻は言葉を口にした。


「そろそろ日本に帰ることにするよ、ドナ」


 スターバックスの紙コップをいじるドナの手が止まった。いよいよその時が来たのだ。ドナが一番恐れていた言葉だ。彼女は努めて平静を装いながら、ひとくちラ・テを飲んだ。


「『世界の都市から日本を考える』という課題はできたの?」

「あっ、いや…」


 佑麻は、ドナついた嘘を今まで忘れていた。


「まあ、なんとか…」

「そう…。課題をやっていた様子は見受けられなかったけどね」


 ドナの皮肉をかわしながら佑麻は続ける。


「それに、ドナのおかげでようやく将来自分が何をやりたいのか、見つけることができたんだ」

「そう、何になるの?」

「医師になる。それも病気を治すだけでなく、病気にさせない医師を目指す。今まで、医師の仕事は死にかけた人を治すことだと考えていた。だから、人の生死に直接かかわる勇気が出なかったんだよ。でも、ここでドナといろいろなことを経験させてもらって、人の病気を未然に防ぐ仕事もあるんだとわかったんだ。だから、日本に帰って医師になるための勉強をすることにした」


 ドナは、コップを置き佑麻の手を取り彼と向き直った。


「素敵じゃない!」

「これでようやく自分の未来を想像できるようになった。だから…。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます