マッチョと私とエトセトラ

作者 緒方あきら

168

59人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルからして気になる作品ではないだろうか。
だって『マッチョ』です。それに戀愛が絡んでくるというではないか!?
マッチョをレンタルしてくれるお店に吸い寄せられるように行き着いた主人公が三日間、無料レンタルしたらどうなるか。
キレッキレの筋肉に負けないくらいキレッキレの面白さ!
ここのところつらいことがあって、うつむいている日々を送っている方にぜひともお勧めしたい!
これを読めば笑えます。笑えば悩みも吹き飛んでしまうでしょう。
マッチョ好きな方だけでなく、そうでない方にもぜひともお手に取ってもらいたい作品。
読んで損は絶対にさせません!
騙されたと思って冒頭だけでも、いえ、一話目だけでも読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

こんな風に筋肉を絡ませてくる発想がさすがだなと思います。
ヒロインが偶然出会った筋肉モリモリの肉山くん、彼のおかげで生活が変わり始めて…
犬とか猫とかで「生活が変わり始めて…」は山ほどあるけれど、筋肉との交流で変化があるのは唯一無二。他にはない作品です!

★★★ Excellent!!!

人生に疲れたOLが筋肉モリモリマッチョマンをレンタルすることで人生が一変!
新しい自分を発見してハッピーになっちゃいます。

しかし、どうやら大切なのは筋肉の量ばかりではないようで…。
男性読者諸兄は何故にこの非常識な超兄貴がモテるのかをよく考えなくてはならないでしょう。

偉大なマッチョマンが兄貴と親しまれるのは単に外見がナイスガイだからではないのでした。寒い時期にこそ読みたい、とっても暑苦しいお邪魔妖精の物語。
ほのぼのとした笑いをお探しの貴方へ、おススメです。

★★★ Excellent!!!

マッチョブーム。筋肉ブームの中の昨今。求めていたような短編でした。お話は、愛すべきマッチョと出会って、疲れたOLが少しずつ変わっていくというもの。

コミカルでテンポがよく、お話の中にすっと入っていけます。マッチョの肉山くんのやさしいこと。守ってくれている感、半端なし。初めは抵抗のあったヒロインもだんだんとマッチョの良さを感じっていって――。

面白いので読んで下さい。
短編なので、するっと読めて読後感がいいですよ!

★★★ Excellent!!!

とかくその奇妙な生態ばかりが取り沙汰されるボディービルやフィジークの選手たち。しかし彼らは己を限界まで高め、未知への挑戦をし続けているだけなのである。

ここに現代社会に疲れたひとりの女性がいる。
彼女は仕事に疲れ、人間関係に疲れ、都会に疲れている。

笑顔を忘れた彼女を救うのは誰か?

イケメン? それともIT関係の社長?

いや違う、マッチョである!

これは暑苦しいまでにパンプアップされた、愛情の物語。
力感を一万文字に収めた汗の結晶である。

さあ、そこのあなたも読むがいい。

あしたからみんなでスクワットだ!

★★★ Excellent!!!

タイトルを見た時、短編特有の出オチかと思いきや、
最近ではレンタル彼氏(彼女)とか、マッチョとかに一定層の需要があることから、
時代を上手く切り取ってるなあと感心する一方で、
マッチョあるあるや、マッチョらしいちょっと視点のズレた会話がおかしくて笑い、
終盤では主人公の中でのマッチョの存在の変化に、
人間の温かさというか、人間らしさのようなものを感じて、
「いい作品読んだなあ」とほっこりしました。
おすすめです!
サンキューベリーマッチョ!

★★★ Excellent!!!

いや、もうね、びっくりしましたよ。
こんなに感動すると思ってなかったから。

『レンタルマッチョ』。
素敵なマッスルフェアリーを、3日間お試しレンタルするOLさんのお話。
のっけから筋肉全開で、こういう出オチなのかと思いきや。

そうくるか……!!

バルク肉山くんの言う通り、心と身体のバランスは大切ですね。
私もマッスルサークルで守られたいです♡

★★★ Excellent!!!

これはいいマッチョ。
一言に濃縮するとその感想に尽きるのですが、非常に素敵な作品です。

主人公は、疲れ果てたOLの小山。
ふらりと立ち寄ったお店で出会ったのは、レンタルマッチョのバルク肉山くんでした。

筋肉の城塞のビジュアル的なインパクトもさることながら、ボディビル特有の語彙豊かな声援が面白さに拍車をかけています。
鍛え上げられた筋肉がもたらすのは、コミカルな情景だけではありません。優しく、ときにアツく、疲れた小山を安心とともに包み込んでくれるのです。

読み終えたときには、あなたの心にも筋肉の温もりが宿っていることでしょう。
久しぶりに、筋トレしようかな。
そんな前向きな気持ちにさせてくれる作品でした。

★★★ Excellent!!!

 私自身、短編賞に応募しているのですが……正直、塩どころか砂糖と味噌も送りたいのです。
 短編賞はコミック化するのでしょう? ぜひ、これは漫画で見たい!


 第1話。通勤電車で読んでいた私は、笑いをこらえるために腹筋がヒクヒクと引きつった。なんせ、1フレーズごとに笑いのポイントが来る。
 驚異のテンポとノリのよさと、文章の気持ちよさだ!
 キャラも立ちまくっている!

 かくして、腹筋が鍛えられる事になった。マッスル!


 第2話。一発ネタではない。これは……物語りだ。さざなみが起きる。


 最終話。なんだ、これ。クライマックス付近で、はからずとも涙が出た。


 見事に、綺麗に、ドラマなのだ。キャラたちの絵と声が聞こえるのだ。


 いいものを魅せてもらいました……サンキューベリーマッスル!

★★★ Excellent!!!

辛いことや上手くいかないこと。生きていれば色々なことがあります。そんな時は思わず下を向いて、ため息ばかりついてしまいます。

この作品の主人公もそんな気持ちを抱えてる1人。
迷える子羊である彼女は、なんとなしに矢印の赴くまま、ある店の前に辿り着く。
『レンタルマッチョ ~筋肉妖精~』

そして彼と出会う……。


えっとまずですね、私はマッチョが好きです。
ん?なぜかって?
なぜならマッチョは人に寄り添う優しさを持っているからです。
マッチョになるため、そしてマッチョを維持するためには人並みならぬ努力が必要です。
ひたむきにコツコツと努力できる人間は、人の頑張っている姿にも気付けます。
そんなマッチョメンだからできることがある!
それをこの作品では感じました。

話は変わりますが、現実世界での私の推しマッチョは室伏広治さんと照英さんです。
室伏広治さんは、人類最強の呼び声も高いですが、何よりもあの高貴な振る舞い、器のデカさが笑顔に滲み出ているところがたまりません!
照英さんは、あの屈託のない笑顔がとても魅力!人情溢れる彼の人柄に惹かれる人は多いはず!

と、こいつ何の話してんの?
って思ったあなた!とりあえずこの作品を読んでみてください。
あなたのマッチョメンへの印象は必ず変わるはず。

前を向く勇気をくれる素敵な話です。どうぞお読みくださいマッスル!

お後がよろしいようで……。

★★★ Excellent!!!

冒頭から繰り広げられる筋肉と謎のテンション。対する主人公は冷静かつ的確にツッコミを入れていくので、読み手の心境と一致し爽快感があります。
筋肉濃いめのお話ですが、不思議なことに読み進めるうちに慣れてくる(?)もので、この後どんな掛け声がでるんだろう…とワクワクしている自分がいました。おそらく筋肉に惑わされたのだと思います。

主人公の悩みや取り巻く環境は日常のどこにでもある、誰でも抱えているものです。筋肉によって深刻になりすぎず描かれ、さらに筋肉で解決していく。コメディと現実の織り混ざってとても面白かったです。筋肉は裏切らない。

★★★ Excellent!!!

魔の三角地帯といわれるバミューダトライアングルの間に囚われて行方不明になる船や飛行機のように、この小説……いや、マッチョの魅力に囚われて戻ってこれなくなるのは、次はあなたかもしれない。

ごく普通の少し冴えないOL小山が出会ったのは、レンタルマッチョ店で働くバルク肉山。
ひょんなことから、彼を三日間レンタルすることになるのだが……。というところから物語は始まります。
コメディかと思って読み進めていくうちに、いつの間にか小山さんと一緒に肉山君の筋肉と優しさとマッチョに惹かれていくことになるとは思ってもみませんでした。マッチョだけではない切なさと優しさに溢れた素敵な作品でした!マッチョ好きな方にもそうでない方にもオススメしたい一作です!

★★★ Excellent!!!

みんな、筋肉は好きか?
私は大好きだ。

実はつい先ほどまではそこまでではなかった。しかし、この小説を読んで私は大好きになった。
それほどの衝撃を与えてくれる、それは筋肉とこの小説しかないだろう。

つらいとき、悲しいとき、そんな時こそこの小説と筋肉を頼るべきだ!

レッツ、マッスル!