贋造探偵 ~ようこそ報復ミステリー倶楽部へ!~

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

2010年代最後の年に放たれた、絶妙な構成の「ゼロ年代」ミステリ!

  • ★★★ Excellent!!!

妹を殺された姉と、存在の希薄な文学部の少年。
2人はひょんなことから、協力して真相の究明に挑む。
なぜ、誰が、どうやって彼女を殺したのか。彼がそのヒントを「小説」にし、
彼女が「名探偵」として推理する。
それは偽物の、出鱈目の、NoGoodな、贋造の謎解きと裁判。

章ごとに異なる人物にスポットを当てながらも、終盤それが1つの結末に向かって収束していく様は本当に爽快。作者様の構成の巧みさが為せる技です。


そして何より、自分にとって本当に懐かしい「ゼロ年代」を思い出させます。
奇妙すぎる名前、持って回ったモノローグ、難解な言葉と奇天烈なワードを組み合わせた掛け合い。
目に映るすべてが懐かしく、そして若い読者からすれば斬新で新鮮でもあるでしょう。


新感覚ミステリ、ゼロ年代を知っている方もそうでない方も存分に楽しめます。
ぜひご堪能下さい!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

非常に屈折した子どもたちによるミステリーです。ある高校の、あるクラスにいじめがあって、いじめられっ子が死ぬことが物語の発端となります。

本編中ではひたすらに「ぼくは」「俺は」「私は」とこれでもかと… 続きを読む

六畳のえるさんの他のおすすめレビュー 201