贋造探偵 ~ようこそ報復ミステリー倶楽部へ!~

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

248

95人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

非常に屈折した子どもたちによるミステリーです。ある高校の、あるクラスにいじめがあって、いじめられっ子が死ぬことが物語の発端となります。

本編中ではひたすらに「ぼくは」「俺は」「私は」とこれでもかと高校生たちの自意識がバリバリ展開されていく。いじめられっ子の死に直面した同級生たちの語りは、生き生きとして、何かに目を背けていて、一読で闇雲でどこか息苦しかった学生時代の記憶が蘇ることでしょう。

主役として同級生たちを分析・推理する二人はその最たるものです。彼と彼女、ワトソンとホームズの持って回った・うざってえ・修辞を尽くした喋り方は、冷静でロジカルであろうという懸命な意志を感じさせ、その切実さがこのお話の提示するたくさんの謎を追うモチベーションとなりました。

いじめられっ子は死んだ。自殺? 事故? 殺された? どうして? どうやって? いじめられてた理由は? 原因は? いじめられる方にも責任があるのでは? なぜいじめの傍観者は何もしてないだけで同罪とされてしまうの?

殺されたいじめられっ子の為の復讐を試みる二人。そのやり方はあまりにまどろっこしい物語の捏造と推理というプロセスが繰り返し繰り返し行われます。そしてその営みの中でのみ、とんでもなく屈折した事実が明らかにされていく。その頃には我々もとっくに共犯者で、もう引き返すことはできません。

そう、この物語を読むことは、このまどろっこしくって理解しがたい子どもたちと同じ地に立ち、そして愛す為の工程に他なりません。

どうして彼らが愛おしい存在になるのか。あなたも読んで、その理由を考えてみてくれませんか?

★★★ Excellent!!!

妹を殺された姉と、存在の希薄な文学部の少年。
2人はひょんなことから、協力して真相の究明に挑む。
なぜ、誰が、どうやって彼女を殺したのか。彼がそのヒントを「小説」にし、
彼女が「名探偵」として推理する。
それは偽物の、出鱈目の、NoGoodな、贋造の謎解きと裁判。

章ごとに異なる人物にスポットを当てながらも、終盤それが1つの結末に向かって収束していく様は本当に爽快。作者様の構成の巧みさが為せる技です。


そして何より、自分にとって本当に懐かしい「ゼロ年代」を思い出させます。
奇妙すぎる名前、持って回ったモノローグ、難解な言葉と奇天烈なワードを組み合わせた掛け合い。
目に映るすべてが懐かしく、そして若い読者からすれば斬新で新鮮でもあるでしょう。


新感覚ミステリ、ゼロ年代を知っている方もそうでない方も存分に楽しめます。
ぜひご堪能下さい!

★★★ Excellent!!!

※グロテスク、痛みを伴う描写を多分に含みます。想像力がたくましい方、残酷な描写に耐性のない方、捏造されたセカイと現実の境界線が薄い方にはおススメできません。

妹を失った少女が文学部の少年と繰り広げる、審判という名の箱庭法廷。
状況証拠を元にトリックを逆算した模造の裁判で、二人は犯人を推理する――。

短編のような推理を連作で繰り広げ、最終話に向けて収束する手腕は見事の一言!
振り回す特異点の探偵と、狂言回しの無貌の助手。会話文が主体であるにも関わらず濃厚で直接的な描写に、絶望の展開に、その先の終幕に……ただ、熱に浮かされたような高揚感を覚えることでしょう。

作者の作品に共通する人間賛歌と、泥にまみれた灰色の世界でなお顔を上げて生きることを選ぶ"人間たち"の魅力は健在。私は、この作者を心より尊敬しております。

★★★ Excellent!!!

そこはかとなく懐かしさを覚える、でも新しいタイプの語り口です。
個性的なシャーロックとワトソンですが、とても愛らしくそしてちょっぴり歪。
小さな違和感は積もっていきますが、それは確信には至らず読み進めていくと「あ〜〜なるほど!!」なる瞬間が必ずあるはず。

あなたはどこで気付きますか?
私は最後まで気付きませんでした。

★★ Very Good!!

技巧、衒学、混乱、倫理、哲学、理論、文学、凝りに凝った台詞回し。
それら全てを複雑精妙に組み上げた、二転三転などという言葉では生ぬるい筋書きと推理は、正に最後の一行まで読者を心地良く振り回すジェットコースター。
数奇な運命にも奇妙な設定にも、それはこの「言葉」を言う為だったのだという確かな納得があり、そして、この作品は技巧だけではない確かな「言葉」がある。
理論と心が揃った、冒険的でありながら確かな芯のある作品だと思います。

★★★ Excellent!!!

人にはよるが、僕にとって一番のエンターテイメント小説は、最初の一文を読んでからずっと読者に「何があった!」と「これ絶対やばい!」という二つの感覚を味わわせられるもの。
そして、この小説はまさに二つの感覚を絶えることなく味わわせてくれた。

人物の心理については、作者の独特な描写でその心の歪み具合をきれいに表している。読んでいると、静かに狂っているキャラの思想がゆっくりと心に流れ込んでくるものだ。人間というものは黒く染まれば、どこまで黒くなれるのかを描く物語が好きな方には、ぜひオススメしたい作品。
また、静かで穏やかで透き通る黒の雰囲気の中、ゆっくりと進んでいく物語も読者を引きずり込む魔力がある。
ミステリーとしては、犯行の動機はキャラの独特な思想によるものが多く、もしキャラは至って「一般的」な人間なら、成立しないものが多いだろう。しかし、どのキャラの思想もきっとどこかがおかしいという物語の隠された前提条件こそが、この小説の最大の魅力だと思う。
物語の内容の密度よりも、雰囲気を重視する作品のように感じるのだ。

とにかく少しでも気になれば読んでほしい作品です。

★★★ Excellent!!!

校舎の片隅の空き教室。廃部寸前の文芸部。
そこでは決して他言できない二人だけの部活動が行われていた。きっかけはとある女生徒の死。その謎を解明することが「報復ミステリー倶楽部」の活動目的なのだ……というシナリオの学園ミステリー小説です。

濃い個性を持った登場人物たちと、退廃的な香りの漂う文体によって、どろりとした人間の情念が描き出されてゆく様がお見事。
ちょうど「メフィスト」あたりの空気感でしょうか。好きな方は多いはず。

★★★ Excellent!!!

ひとこと紹介は本文からの抜粋。


メフィスト賞、好きな人手を挙げて!

手を挙げたそこの君、この小説を読みましょう。

わざわざ書店にいかなくてもそのレベルのお話がここで読めます。

流石は雪車町さん、というべきミステリ作品。

彼は本物です。カクヨム初年度からずっと知っていました。

★★★ Excellent!!!

1人の少女の死から始まるストーリー
彼女は何故死んだのか?

好まれる設定を個性豊かに展開していく、汗握る、高揚感必須の作品

ゼロ時代の使い古され、愛されてきた原点のような手法により、暴かれていく何か
くどいが心地好い、中毒になる
序盤から何度も読み返し、進む度に確認し、読み返したくなる
きっと幕が閉じてもボクは、何度も何度も、納得しても読み返し続けるだろう
1度読んだだけではわからない至福の作品
(完結されたら編集します