贋造探偵 ~ようこそ報復ミステリー倶楽部へ!~

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

すべてのエピソードへの応援コメント

  • 贋造規則 第七則の肯定へのコメント

    まさかの展開とは……やはりクラスメイト全員が敵だったという事に!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    誰も彼もが敵……!
    しかし、まだまだ波乱の展開が待ち受けております!

    2019年2月17日 18:44

  • ア・カペラ──救い主とともにへのコメント

    この語り手が前ページで言っていた水無月透子でしょうかね……(名前が女の子っぽいので、もし本当ならボクっ子?)
    徐々に謎が明かされていって、内心興奮しておりますわ……!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    謎の語り部ですよね、本当に誰なんでしょうか……
    ここから先はトップギア、ブレーキの壊れた車のように加速してまいりますので、お楽しみに!

    2019年2月2日 18:38

  • ようこそ、報復ミステリー倶楽部へ!へのコメント

    ミステリーを読んで思ったこと自分も書きたいと思うのですが
    タイトルは脱出ガールズアドベンチャー
    閉じ込められて脱出するために色んな物を見つけていたら何か気になる物を見つけてしまった。これはゆくゆく進んでいくうちに何か謎の組織が関わっているような話にしたいのですがタイトルがガールズついている時点で男は入れない方がいいですか。あと組織に関わる話だとしたらミステリーに入りますか。男はサブですかメインに入れてもダメですか。
    いきなりで訳の分からない内容ですみません😣💦⤵️

    作者からの返信

    はじめまして。
    創作について弁舌を振るえるほど、私は長じているわけではありません。
    それを踏まえたうえでですが、ミステリーとは秩序に向かう物語だと、私は定義します。

    散発的な謎があり、理解できないことがあり、不可思議があって。
    それを理解できるものへと解決するのが、ミステリーであるという考えです。

    ですから、その要点だけ押さえておけば、なにをしても自由だと考えます。

    たとえばガールズという題名であったとして、実は主人公が男性だったと最後に明かされるのも面白いでしょう。すなわち、これも一つの解決ですから。

    組織の如何は、それこそ作者様の裁量によると思います。
    出すべき必然性があるのならば出すべきでしょうし、特に意味がないのであれば、同じように削ってもいいでしょう。
    男性をメインに据えるかも同じように答えられます。
    それが必要であるか、必要であるならば謎であるか、解決すべきものか。最終的に理路整然に向かうのか。

    そういった視点で、物語を構築されたら良いと思われます。


    これ以上の踏み込んだ論議が必要であれば、ツイッターか近況ノートにどうぞ。
    URLを添付しておきます。

    オールさまの創作に、善き未来がありますことを、お祈りしております。

    https://twitter.com/sorimatizizou1
    https://kakuyomu.jp/users/aoi-ringo/news/1177354054887686834

    2019年1月19日 18:54

  • クォ・ヴァディス──諸人こぞりて、迎え…へのコメント

    お、恐ろしい語り部が来たもんだな……。
    これはカルトですわ……。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    非常に強い思想のものとに行動する何者かです!

    2019年1月18日 07:18

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    一がないと思ったらやっぱり
    最高のENDでした(*ˊᵕˋ*)

    作者からの返信

    これにて一巻の終わりでございます。
    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました……!

    2019年1月15日 08:16

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    面白かったです。ありがとうございました。

    作者からの返信

    お読みいただき、ありがとうございました……!

    2019年1月14日 20:05

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    ここで第一則に戻るとはね! ベリーグッドだ!

    完走、お疲れさまでした! 最新のゼロ年代、最初から痺れっぱなしでした!

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    これが現代のゼロ年代だと、もしもご記憶に残るようでしたら、無上の喜びです……!

    2019年1月14日 11:01

  • 贋造十規則 第十則の肯定へのコメント

    泣いた(端的)

    作者からの返信

    たったこれだけのことを伝えるために、ワトスン君は必死で物語を紡いできたんですね……
    ありがとうございます。

    2019年1月14日 11:00

  • 慟哭する獣──花咲祐人の私罰へのコメント

    うおおお、最後の謎解きが近づいている……!

    作者からの返信

    さあ、最後の謎を解き明かしましょう……!

    2019年1月14日 11:00

  • 贋造規則 第七則の肯定へのコメント

    おう、ここで全面戦争か!

    作者からの返信

    対立構造が、ここで明確になりますね。
    けれども……と言う含みは残しつつ!

    2019年1月14日 10:59

  • 荒唐なる愛玩牢獄──柿田陽菜の監禁へのコメント

    すごい、どんどん錯綜していく……!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    何が何だかわからない、眩惑的な物語になっております(笑)

    2019年1月14日 10:59

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    第一則がエピローグとは…

    作者からの返信

    救世主が語ったように、アルファでありオメガである──でも、それは一緒のものじゃないよ、という意味で、このような構成になりました。

    最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

    2019年1月14日 10:58

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    ベリーグッド出ました!
    カクヨムでなぜレビューは一回しかできないかという哲学問題を思考させる作品です。最初から最後まで、無駄は何一つなく、平穏なクライマックスに満ちた作品ですした!

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただき感謝のかぎりです!

    最後までトップギアで駆け抜けました。
    お楽しみ戴けたのなら、幸いです!

    2019年1月13日 22:36

  • 贋造探偵──限りある君に、限りない嘘をへのコメント

    最後の最後でメタフィクションまで絡めてくるとは!
    最後まで技巧に富んだ作品でした!

    作者からの返信

    最後までお付き合いいただきありがとうございます!

    これが最新最前線のゼロ年代ミステリーでした!

    2019年1月13日 22:35

  • ラブ・トゥ・デス──被害者のアウトライ…へのコメント

    これは歪むぜ……

    作者からの返信

    あまりにあんまりな過去を経て、彼女たちはあのような感じになりました……

    2019年1月13日 19:39

  • 証明できない事柄──藍井林吾のオカルトへのコメント

    博識にして饒舌、変人にしてロジカル、良いキャラだぜ!

    作者からの返信

    あからさまにひとりだけ場違いな人物、それが藍井林吾!
    ありがとうございます!

    2019年1月13日 19:39

  • 謎解きに熱血漢は向いてない──花咲祐人…へのコメント

    同じく人間椅子が浮かびました。。。

    祐人がいると、新たな角度から推理が入りますね!

    作者からの返信

    誰しも同じことを考えるわけじゃない、と。
    ワトスン君ならではの視点で語られております。

    花咲くんがいるだけで、とりあえず反証が出せるのは非常に便利です(笑)

    2019年1月13日 19:38

  • 楽しい工作──城ケ崎美馬の芸術評へのコメント

    一気に動き出した……!

    作者からの返信

    物語は、どんどん加速していきます……!

    2019年1月13日 19:37

  • 贋造規則 第五則の肯定へのコメント

    最高にワクワクする形で迷探偵が増えましたね。笑

    作者からの返信

    増えました。
    推理力はともかく、非常に大切なキーマンです!

    2019年1月13日 19:37

  • デートなホリデイ──弓削の休日へのコメント

    やっぱり彼女は普段の口調の方が似合ってますね。笑

    作者からの返信

    付き合わされているワトスン君が不憫で不憫で(笑)
    普通って大事です。

    2019年1月13日 19:36

  • 贋造規則 第四則の肯定へのコメント

    確かにこの事件にはまだ色々ピースが足りない気がする……さあ次を読むぞ!

    作者からの返信

    少しずつ少しずつ、ピースを集めていってください。
    きっと最後には、びっくりする一枚絵が出来上がりますので!

    2019年1月13日 19:35

  • イエスタデイ──弓削によるうんざりへのコメント

    JKローリングじゃねぇよwww 急にギャグ編がwww

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    普段からは想像もできないギャグ的落差。彼がいかに取り乱しているかお判りと思います(笑)

    2019年1月13日 19:34

  • 贋造十規則 第十則の肯定へのコメント

    人を救う為に執筆している……いい事言うじゃないですか、匂坂少年。私もまさにそういう思いで日々書いてますもの。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    創作とは死者ではなく生者のためであると、部長も言っていますからね(笑)

    2019年1月13日 19:33

  • 贋造十規則 第十則の肯定へのコメント

    心が歪んでて、お世辞でも正常とは言えない。しかし、そんな人が最後導き出したのは、温かい真実。きれいなままの人が述べた綺麗事じゃないからこそ、説得力がある。
    素敵な話、ありがとうございます!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    真っ当な人間ではない彼らが、それでも生きていいんだと理解する、そういう物語でした。

    明日はいよいよ最終回、エピローグです。
    もうちょっとだけ続くんじゃ!

    2019年1月12日 22:03

  • そそのかす日記──上宮雄吾の堕落へのコメント

    本編全然ないけど、「ロックロックこんにちは」で迸る大阪感が……笑

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    上宮君、どうにも上方芸人っぽいところがありますよね(笑)

    2019年1月11日 21:09

  • 互い違いの昼休み──ティーブレイクは第…へのコメント

    >「モラルが私に気を使うべきよ」
    このあたり、戦場ヶ原さんを浮かべながら読んだりしてました。笑

    作者からの返信

    実際弓削は、ツンデレというよりはツンドラな少女ですね(笑)

    2019年1月11日 08:17

  • 贋造十規則 第三則の肯定へのコメント

    なるほどね、吾妻のゼロ年代らしい丁寧な描写、それ自体にヒントが隠されていたか……! お見事! やられました!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    やけに細かく描写するなぁ、というポイントは読者の注意力が減るので伏線を仕込みなさいとミステリーで習いました(笑)
    楽しんでいただけていれば……!

    2019年1月11日 08:17

  • 証明できない事柄──藍井林吾のオカルトへのコメント

    もう本当、どうすればこんなあっさりといい考え方をしているキャラを書けるだろう。羨ましい限りです。
    さりげなく書かれた文章からも作者の博識がわかります。
    藍井の解釈はオカルトを話してるようで、その実は論理的なところも素晴らしいです!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    藍井林吾、別の作品のキャラクターのように、いきいきと熱弁をふるっておりました(笑)
    今後の活躍にもご期待ください!

    2019年1月8日 22:47

  • 贋造十規則 第九則の否定へのコメント

    正に!如何にも!ゼロ年代な名前だね!すばらしい!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ひと目見れば忘れない名前がついにお披露目と相成りました!

    2019年1月7日 21:05

  • 終わりの始まり──救世主との対峙へのコメント

    バトルの開幕ですなパタパタ_('~'*_)⌒)ノシ

    作者からの返信

    お互いに何が正しいか、なにを主張するのかという推理が披露されます!

    2018年12月29日 23:48

  • 贋造規則 第七則の肯定へのコメント

    逆もありかなーと考えてはいたんです◝( ˙ ꒳ ˙ )◜
    誰しも可能性がありすぎて……景色眺めてました

    作者からの返信

    すべての登場人物が疑わしい……そういう世界です(笑)

    2018年12月29日 23:48

  • 終わりの始まり──救世主との対峙へのコメント

    いよいよ謎解き!!
    楽しみです……!!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ついに最終シーズンです!
    ここからは、怒涛の展開が続きます!

    2018年12月29日 23:47

  • 荒唐なる愛玩牢獄──柿田陽菜の監禁へのコメント

    また新たな証言者が!
    違う角度から妹ちゃんを知れて楽しいですな

    妹ちゃんハーレムだなんて言わないですよ(*ˊᗜˋ)

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    弓削梦がなにものだったのか、というのは、この物語の一つの大きな謎なんです。

    2018年12月29日 23:47

  • 魔法のお薬──百円橋魁人の売買へのコメント

    ホント、ひとつの小世界
    何でもありですよね

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    明確なルールにのっとりさえすれば、何でもありですね。
    しかしきちんと、推理はできるようになっております!

    2018年12月28日 21:03

  • 贋造規則 第四則の肯定へのコメント

    何事も影響を受けやすい上宮らしい犯行ですな《密室殺人
    それと主人公がその犯行の欠点に対して何か気付いているようで……続きが気になるぞい!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    上宮雄吾は、自分の心の覗いてはいけない部分を覗いてしまったような感じですね。
    果たしてワトスンはなにを知っているのか……続きをお楽しみください!

    2018年12月28日 21:02

  • 悪逆と理性の狭間で──佐武敷景弘の回顧へのコメント

    佐武敷って名前がもうゼロ年代っぽい……(懐古)

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    佐武敷景弘は特にゼロ年代っぽいですね(笑)

    2018年12月27日 22:03

  • 魔法のお薬──百円橋魁人の売買へのコメント

    このエピソードが確実に真実なら(ルビを付けられるなら上に点を振るところだ)。
    要するに、麦角菌に浮かされた古典的な魔女狩りの正に再演という訳だね。
    ……なんで冒頭のような感想を抱いたかと言えば。
    売人が売り物に手を出すなんてのは末端ではちょくちょくある事で。
    叙述トリックが有り得る現代ミステリでは、極論、一人称の文体は全部完全な事実とは言い難いし、三人称でも誰かの主観に関する描写は信用出来ないからね。
    ……言ってしまえば、叙述トリックありの現代ミステリでは、9割推理が成立しないかも、という問題提起でもあるわけだけど。
    と、思わずゼロ年代めいた口調でアンチミステリしてしまうのであった。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    読者の興をそがないのは作者の使命でございますから、返答は一言で。

    読み終えたときすべては明らかになると思われます。

    2018年12月27日 18:27 編集済

  • ラブ・トゥ・デス──被害者のアウトライ…へのコメント

    心地好い歪み(((゚〰゚)))
    強い闇は繕い方もパない(ノシ*>Д<)ノシ
    ゾクゾクしますね
    見分けがあるけど、つかなくなるw

    作者からの返信

    この姉妹、境遇が同じだけに精神構造が近似しているんですよね。それでなお、方向性は違うという……

    2018年12月26日 20:24

  • 証明できない事柄──藍井林吾のオカルトへのコメント

    りんごぱいせーん! ᐠ( ᐛ )ᐟᐠ( ᐖ )ᐟ
    ついに、満を持して!
    パイセンの講義、素晴らしかったです( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
    潔さとか見解とか、愉しそうに語るパイセンスキ♡(´。•ㅅ•。`)

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    藍井林吾、ついに登場と相成りました。
    今後も活躍の機会があれば……いいですね(笑)

    2018年12月26日 20:22

  • 贋造規則 第四則の肯定へのコメント

    ようやく半分ぐらい読みました!
    最初はなんとなく不穏な感じがしましたし、あえて「・」をつけたところも胡散臭かったですけど、ことここにきて、不穏な空気が一気に加速しました。
    すごくよき、、、グッドです。
    これからの展開が気になります。最近じゃ電車での楽しみになってます。
    (ちなみに、第四規則を読み始めた最初は、上宮雄吾が主人公だと勘違いしました)

    作者からの返信

    お読みいただきりがとうございます!

    非常に胡乱で胡散臭い物語だと自任しております(笑)

    作中の登場人物が、誰が誰だか気を抜くとわからなくなる点は、実は意図したところでもあって、迷いながら見進めていただけると嬉しいです。
    (その混乱が、いつか答えになりますので)

    2018年12月25日 18:41

  • 証明できない事柄──藍井林吾のオカルトへのコメント

    呪(しゅ)ですねえ。
    そしてまあ、探偵小説というものもまた、一種の呪であり、オカルトです。
    最後の名探偵が最後に出した結論で犯人だと決定したヤツが犯人となります。呪あるいは託宣のように。その小説の中では、是非無くそれが真実となる。名探偵の権威を否定する設定が地の文や後書き等におけるより上位・作者よりの立場から否定されない限り。
    ……いわゆる後期クイーン問題というヤツですかね。
    そういう意味から考え最後の一文を思うと、実に興味深い回です。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    作中作と事実が交錯する物語ですから、そのあたりは非常に気を遣って書いております。
    最後に読み終えた瞬間、読者にとって何が真実になるか、どんな呪いがかかるのか……お楽しみいただければ幸いです。

    2018年12月25日 18:39

  • ア・カペラ──救い主とともにへのコメント

    おお、今日読んでよかったです
    まさにこの回も聖なる日に相応しいです
    最後の問いにゾクゾクしましたよ

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    なにものだなんこいつは……? という感じで読み進めていただければ幸いです(笑)

    2018年12月25日 18:37

  • 贋造十規則 第六則の肯定へのコメント

    恋愛対象が異性とは限らない
    そこを忘れていました
    恋愛か崇拝かは定かではないですが
    おデート回から、複雑さが増しましたね(´・ω・`)

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    何が何だかわからない、それが贋造探偵です(笑)
    どうしてそんな手法がとられているのかは、来週から明らかになっていきます!

    2018年12月23日 07:26

  • 破壊信仰──飼沼育の告白へのコメント

    あの危ない宗教論述べた彼の彼女?w
    人間、脳内なんてわからないもんですからねえ
    でも、女の子1人でやるには大掛かりな気もしますけど(。-`ω´-)ンー
    (クエスチョン入れ忘れてましたㅇㅁㅇ;;

  • 謎解きに熱血漢は向いてない──花咲祐人…へのコメント

    ある意味、いい助手が出来ましたね。
    当たり前を当たり前と言える、相手をそういう存在だと認められる、それを主観でありながら客観に無意識に見られるとは……。
    視点が増えて、見解の幅が広がってきました(๑•̀ㅂ•́)و✧

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ストーカーしていた彼ですが、実はすごく一般人です。
    なので、普通の善良性を持ち合わせているんです。

    2018年12月21日 00:42

  • ようこそ、報復ミステリー倶楽部へ!へのコメント

    ミステリー系は初めてです😅

    最初は少し緊張していましたが、すごく読みやすく、続きが気になって気になって……

    この先もストーリーを楽しみつつ、初心者なので、色々学ばせていただきながら読んでいこうと思います。

    応援してます!
    頑張ってください!!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    初めてで手に取っていただけて、大変うれしいです。
    精一杯頑張らせていただきます……!

    2018年12月20日 21:05

  • 楽しい工作──城ケ崎美馬の芸術評へのコメント

    全く違う展開ですねΣ(●д●)
    雲行きが……:(´◦ω◦`):

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    これまでの基礎を固める情報戦から一気に転調し、物語は加速します!
    ここからは、真に疑うべきは誰か?
    というターンです!

    2018年12月20日 17:52

  • ルディメンタリー・マイディア──弓削に…へのコメント

    最後のあれで鳥肌が立ちました。
    弓削の反応と言葉で、二回立ちました。
    これはやばい!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ミステリーや推理ものと言えば、やはりこのワクワク感だと思います。
    楽しんでいただけているのなら、とてもうれしいです!

    2018年12月19日 20:00

  • クォ・ヴァディス──諸人こぞりて、迎え…へのコメント

    更に凄い子出ちゃいましたね
    ボク、クリスチャンですが、これはヤバいw
    自供癖が増えましたけど、結局誰がどこまで真実を語っているのかわからなくなってきましたw

    作者からの返信

    ひと目で「あ、信仰心とかないひとなんですね……」とわかるヤバいやつです(笑)

    何が真実で、なにが虚構か、どうぞお見届け下さい!

    2018年12月18日 22:38

  • 贋造規則 第五則の肯定へのコメント

    やっぱりお姉ちゃん根に持ってたw

    普通過ぎると逆に怪しいですよねー(o´艸`)

    彼のステルス機能w

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    なんでしょうね、この奇妙な普通くんは(笑)

    2018年12月18日 22:37

  • 贋造規則 第五則の肯定へのコメント

    普通に考えたら、二人目のシャーロックで協力者なんだろうけど、油断できない。でもワクワクする。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    謎のストーカー花咲くん! 次回からはレギュラー入りです!(意味深長)

    2018年12月17日 22:15

  • 贋造規則 第五則の肯定へのコメント

    おー、協力者の登場。賑やかな子だし会話劇が面白くなりそうですね。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ようやくテンションの高い子が来ました(笑)
    これで倶楽部のメンツも増量です!

    2018年12月17日 22:14

  • もう一人の舞台役者──花崎祐人の憤慨へのコメント

    自分で表現したものが相手にまで伝わるとか、居心伝ry
    更にこき下ろされていましたなあ
    ストーカーに気がつかないストーカーさんお疲れ様です┏○))ペコリってしたくなりますね

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    このストーカー君も、いろいろ癖があるような感じです(笑)

    2018年12月17日 19:29

  • 贋造十規則 第二則の肯定へのコメント

    テンポよく読めますね

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    どんどん先が読めるように執筆しておりますので、そのお言葉は大変うれしいです!

    2018年12月17日 19:25

  • デートなホリデイ──弓削の休日へのコメント

    理論も何もない、ふと思ったなんとなくだけど。
    これ真犯人は、いるとしたら「ぼく」か「梦の姉」のどっちか(あるいは、ある意味では両方)なのではないでしょうか、もしかして?
    いや、外れてるとは思いますけど。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    はてさて、どうでしょうか。こればかりは作者の口からは……(笑)
    ただ、ある時点で真犯人の推理は可能なように、フェアな造りを意識しております。

    2018年12月15日 22:53

  • デートなホリデイ──弓削の休日へのコメント

    思想の矯正……すごく、他人事じゃない気がして、その部分が気になりました

    意味深な行動、意味深な発言、新たな……
    動き出した、そんな感じがしました

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    明らかに尋常ではない言葉ですよね。
    はい、ここから物語は、別の角度へと向かっていきます……!

    2018年12月15日 22:51

  • 罪を告げるもの──水無月透子の予言へのコメント

    専門的な単語の羅列で頭ぐるぐる๛(๑•́ו̀๑)
    中々トリッキーな回でしたw

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    非常にかたっ苦しい予言回となっております(笑)

    2018年12月15日 18:55

  • ある恋の歌──畔木恋歌による犯行へのコメント

    また読ませていただきます

    作者からの返信

    ありがとうございます!
    楽しんでいただけると、うれしいです!

    2018年12月14日 22:21

  • 贋造規則 第四則の肯定へのコメント

    すんなりストンと埋まっただけに、不思議な違和感が……
    あれ? 実験? 何となく最初から気になって気になってたことの鍵が嵌りそうで、でもそれはないはずヽ(´・ω・`三´・ω・`)ノ(混乱

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    分かるようでわからない、それがミステリーでございます。
    ちなみにこのあと、この章の一番最初に戻ります(笑)

    2018年12月14日 21:03

  • 贋造十規則 第三則の肯定へのコメント

    教師、妹さんはおろか他の生徒に手を出す外道だったとは……。
    さて、次の物語でどんな真実が明かされるのか気になる所!

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    そうなのです、どうやら外道だったのです。

    ここまでホワイダニット、フーダニットとやってきましたので、次は王道のハウダニットです!

    2018年12月13日 23:29

  • イエスタデイ──弓削によるうんざりへのコメント

    お、お茶目、回、だと?!
    たまにぶっ込む地蔵さま、大好きです:(´◦ω◦`):プルプル

    そのあとの、すんなり本題入っちゃうのもお見事っす_:(´ω`」 ∠):_ ...

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    緊張の連続だったので、ちょっとした日常回です!
    明日はホワイダニット解決編と相成ります!

    2018年12月12日 23:49

  • 密室はそこに──上宮雄吾の選択へのコメント

    取り憑かれたようですな
    またも決定的な部分が抜け落ちている
    お姉ちゃんはこれを言っていたわけですね
    秘密が増えたのはそんな理由が、ね
    1ヶ月したら元通り?
    上宮くんの謎の語彙力のせいで、どこまでが真実かわからないですねえw

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    非常に謎が多い上宮君の日記でした。
    しかしこの日記がやがて──おっと、ここからはまだ先のお話でした(笑)

    2018年12月12日 07:14

  • そそのかす日記──上宮雄吾の堕落へのコメント

    次の容疑者ですか
    ゆきちのちから(`・ω・´)ふぉおぉおお
    侵食、他人の思考だったのか、自分の内なる思考だったのか
    分からなくなるヤツですな
    新たなる真実が華を飾り始めましたな((o(。>ω<。)o))

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。

    恐らく新たな容疑者です。
    奇妙な日記をめぐって何が起きますかは、今日明日とご覧ください!

    2018年12月11日 15:31

  • 互い違いの昼休み──ティーブレイクは第…へのコメント

    いちごミルクのくだりで、∵:( °ω °)ブッ!?って、しちゃいましたよ
    描写で遊びましたねw
    何じっくり観察してるのとw

    でも、怖いもんですね
    日常の彼らには悪意が見えないんですから

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ワトスン君はいつだって名探偵の一挙手一投足に興味津々なんです(笑)

    そう、彼らはどこまでも普通の、ただのイイヤツにすぎないのです

    2018年12月10日 06:51

  • 贋造十規則 第三則の肯定へのコメント

    ああー……異様にムンムン(死語)描写はそういうw
    全部が全部、彼の思惑通りに踊らされておりますw
    一つ、また一つ謎と人物像が浮き彫りになって行くのはワクワクが止まりません(๑•̀ㅂ•́)و✧

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    闇の中から事実を探す、これはいわゆる砂金探しのような物語なのです!

    2018年12月9日 18:03

  • ナッシング──弓削による駄目だしへのコメント

    ……確かに
    恋歌ちゃんと同じことを言ってもおかしくない立場の人って限られますね
    言われるまでその違和感に気が付きませんでしたよ
    流石です
    あまりに自然すぎました
    彼に意識してしまって、またも周りをガヤにしてしまっていましたΣ(ノ∀`*)ペチッ
    いい感じに騙されました

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    『彼』については、ワトスン君が必死に捏造した結果ですので、とてもうれしいです。弓削は辛口評価でしたが(笑)
    次回、少しだけそのあたり、踏み込むかもしれません。

    2018年12月7日 23:18

  • 狂乱に沈んで──佐武敷景弘の画策へのコメント

    愛している、その言葉の最薄を感じました

    醜悪な愛情という名の色情
    何だかすごく鮮明に、克明に、でも当たり前感も感じて、昔の小説はこんなむき出しの感情描写が主流だったのを思い出した

    彼もまた、決定打に欠けるなって別の思考も働きました

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    悪意を理性的と言う一方で、彼は欲望のままに行動しました。
    それが推理にどう影響するかは、どうぞ本日の更新にして、ご確認ください。

    2018年12月7日 13:19

  • 悪逆と理性の狭間で──佐武敷景弘の回顧へのコメント

    ありましたよねー
    そういうネット掲示板のドラマ
    現実に関わったことは無いけど、いつもそういう内容ばかりで、楽しい話題じゃなかったですね
    本人たちは楽しいんでしょうけど
    他人を蔑むことで自我を保てる、人間て本当に強がりで弱い生き物ですよね
    良心的な人まで巻き込んで共犯者にする、悪意の連鎖は怖いですね

    作者からの返信

    本当に悪意の連鎖は恐ろしいものです。
    とくに悪気がない悪意というのが、一番怖いものです。
    今回の肝は、その部分になるでしょうか……

    2018年12月7日 13:20

  • 贋造十規則 第二則の肯定へのコメント

    指紋などの証拠を主人公たちがどういった経緯で入手したかを知りたいな、と思いました。
    警察が被害者の家族に説明した、とかそういう感じで。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ミステリーなので多くは語れませんが、文面から読み取れるものが全てです。
    主人公たちも、それだけを頼りに推理して、消去法で指紋があるはずだと考えたのです。

    2018年12月5日 12:33

  • 贋造十規則 第二則の肯定へのコメント

    「グッド」
    単純で端的に単語ですが、ああゼロ年代だ、と強烈なフラッシュバックがあります。笑

    作者からの返信

    よく目にしましたよね、こういう単語と言いますか、言い回し(笑)

    2018年12月5日 12:32

  • ルディメンタリー・マイディア──弓削に…へのコメント

    お見事&お見事!

    騙された! やられた! それが心地いい!

    作者からの返信

    そのリアクションは最高のご褒美です!
    次の謎も、頑張ってまいります!

    2018年12月5日 12:32

  • ある恋の歌──畔木恋歌による犯行へのコメント

    虚構と真実が入り混じってる、かな? あるいは全てが虚構か、はたまた全てが真実か。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます。
    いわゆる、謎が謎を呼ぶという展開でございます(笑)
    曰く、詭弁ですね!

    2018年12月5日 12:31

  • 贋造十規則 第二則の肯定へのコメント

    歪んだ愛情は時代さえも問わず
    社会的というあれですな
    捏造からいづれ……
    ゼロ時代から現在への挑戦状的な
    複雑な愛情の真実は本人さえ分からないかもしれない
    ゾクゾクしますね
    不条理で、それこそが醜くも美しい
    次は拡散ですか
    タノシミデス(∩´﹏`∩)ゾク…
    二つ前から何度か読み直ししてしまいました

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    お話が進み、読み返すたびに何かがわかる構造になっております(笑)
    現代への挑戦、続けてまいります!

    2018年12月5日 12:31

  • 三発のライフル弾──被害者のアウトライ…へのコメント

    詭弁と本論がないまぜになった会話劇、楽しい!

    作者からの返信

    一見なにを言ってるのかわからないけれど、読み返してみると……と言う感じに仕上げております(笑)

    2018年12月4日 20:36

  • ルディメンタリー・マイディア──弓削に…へのコメント

    読み返して来ました
    微妙に文章や会話に違和感を覚えながらも、惨状にばかり目がいって、わからなかったですよ
    読み返せば、ああ、これはこういう……って(ノ∀`)アチャー
    しっかり騙されてますね

    作者からの返信

    騙されていただけたのなら、これ以上はありません。
    本日更新分にて、答え合わせでございます!

    2018年12月4日 20:36

  • ようこそ、報復ミステリー倶楽部へ!へのコメント

    一瞥じゃ理解できないくらいのボキャブラリーと、持って回ったような言い回しが、呆れるほどにゼロ年代で、どうしようもないほどに懐古的で、僕は身震いか武者震いか分かりはしない揺れる手で、ページを捲ってやるんだ。

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    なんとしてでも、今この瞬間にしかできないゼロ年代にしてやろうと奮戦しております!
    どうかお楽しみあれ……!

    2018年12月4日 20:35

  • ある恋の歌──畔木恋歌による犯行へのコメント

    長いものに巻かれるどころじゃないです:(´◦ω◦`):プルプル
    確かに昔はこんなことされても許された、見ない振りされた
    ここまでがあったかはわからないけど、今よりメンタルダメージでかい時代でした
    どちらもは……
    リアルに想像しちゃいました
    どっちの想像力に:(´◦ω◦`):プルプルすれば……

    作者からの返信

    想像するだけで怖ろしい話ですが、そこは語り部くんの小説。きっとすべてが真実ではなく、しかしほとんどが事実なのでしょう。

    2018年12月4日 20:34

  • 三発のライフル弾──被害者のアウトライ…へのコメント

    英語はわからない

    主観、客観が平行線になったり交わったり
    逸れているようで、必要な説明が綺麗に弁論内に組み込まれていて、全く飽きないです
    そもそも何の話だったかなって悩まない、読みながら、ああ、ちょっと前そんな話してたなってタイミングよく入ってくるのが心地良いです(❁´ω`❁)

    作者からの返信

    この手の英語は雰囲気ということで(笑)
    楽しんでいただけているのなら、これに勝るものはありません。
    ありがとうございます!

    2018年12月4日 17:59

  • ようこそ、報復ミステリー倶楽部へ!へのコメント

    懐かしい言い回しにキラッキラしちゃいます*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
    こんなに楽しい長い前置きはないですな((o(。>ω<。)o))
    ずっと聞いてても飽きない、寧ろ、ずっと聞いていたい(๑•̀ㅂ•́)و✧

    作者からの返信

    お読みいただきありがとうございます!

    ゼロ年代の向う側へ、一歩でも迫ることができるのならと、頑張っております。
    どうかごゆるりと、お楽しみください!

    2018年12月4日 17:58

  • 三発のライフル弾──被害者のアウトライ…へのコメント

     登場人物の紹介が欲しいな、と思いました。

    作者からの返信

    ご意見ありがとうございます。
    ミステリーという作品上、ご満足いただける内容ではないかもしれませんが、登場人物の一覧を用意しましたので、ご活用ください。

    https://kakuyomu.jp/users/aoi-ringo/news/1177354054887686834

    2018年12月2日 18:36

  • ようこそ、報復ミステリー倶楽部へ!へのコメント

     コメント失礼します。
     キャラクターが途轍もなく怪しくて、これからの展開が楽しみですね。報復とは如何なることが起きるのか。一体、名探偵とは?
     謎も多く、これからのミステリーをドキドキしながら待っています!
     執筆頑張ってください!

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!
    大変ちからづけていただけるお言葉に、とても喜んでおります。
    まだまだ謎ばかりですが、ご期待に添えるよう頑張りますので、どうか楽しんでやってください!

    2018年12月2日 01:00