『幸せ過ぎるのですが、ゲロ吐いちゃってもいいですか?』

作者 山田弁天斎

(物理的にも)甘酸っぱい青春ラブストーリー!

  • ★★★ Excellent!!!

主人公・井上瑠奈はあるヒミツを持っている。
それは、幸せの絶頂でも、不幸のどん底でも『吐いちゃう』、そんな哀しい運命を背負った多感な女の子。

多分それは、多感で純粋であるがゆえに架せられた呪いの十字架。気になる転校生にドキドキしても、ピンチに陥っても、等しくオロロロ…と襲いかかる吐き気。止められないし、止まらない。ああ、どうしよう……と悩む切ない乙女心がひしひしと伝わってきます。

けれど、瑠奈の周囲の仲間たちは優しいのです。とっても。

そこが読んでいて、凄くほわんとした気分にさせられる、そんな素敵な作品です。その優しさが作者の人格をも表している、そんな印象を受けました。

まだまだ瑠奈の恋の行方はこれから?

はじまるの?
はじまらないの!?

うーん、続きが気になってしまいます!

ぜひご一読いただくことを自信をもってオススメしますよー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

虚仮橋陣屋(こけばしじんや)さんの他のおすすめレビュー 72