◎あなたのサークルは、世間知らず御曹司の隣に配置されました。

作者 友浦

33

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

コミケに参加したことない者にとってはコミケは異世界。
しかし、序盤からその世界にいつの間にか導かれていきます。

主人公の愛里はそこでたまたま御曹司の尚貴と知り合います。
そんな都合よく? と思うかもしれませんが尚貴は跡取りよりも表現者でいたい様子。
また尚貴はイケメンで金持ちですがイヤミが全くありません。

この先が楽しみです。

★★★ Excellent!!!

物語を拝読させて頂く中、コミケという場所に行ったことがある方々は、ものすごく共感されるでしょうし、コミケという戦場を知らない方々は『こんなに凄い所なの?』と、新鮮な驚きに包まれるのではないでしょうか?

この物語は、コミケの様子や出店されています方々の悲喜こもごもが、絶妙で確かな文章力で描き出されていることにまず驚かされます。


そして、物語の魅力はコミケという、天国とも戦場とも言える場所を克明に描いているだけではありません。
登場人物の個性や意外性。

主人公のお隣さんにやって来る、まさかの御曹司……そして?



作者様の物語紹介にて書かれています、大人のラブストーリーが今後、どのように……どうやって進んでいくのか、このレビューを書かせて頂いている時点では予想つきませんが、だからこその物語の展開を、追わせて頂く楽しみは大きなものです。


コミケという天国を知る方も、コミケという戦場を知らない方々も間違いなく楽しめる物語です。

★★★ Excellent!!!

コミケ参加者の気持ちを表したような作品で、登場人物のキャラも立っていて面白かった。
コミケには行ったことがありますが、出店はしたことが無いので出店者のみなさんがどのような気持ちかなど自分が行った時のことを思い出してみました。
この作者にも会いに行ってみたいです!

★★★ Excellent!!!

コミケ。

小さなミケではない。

寧ろ、ビッグな集まりだ。

大きなアマチュア展示即売会と言っていい。

何も知らずに、ぼんず(可愛がってボウズの意)、は大海に飛び出てしまった。

零冊だったら、どうしよう?

お隣さんの優しい眼差しを見て!

きっとらぶーんな展開かもかもかもー。

楽しんだり興奮しています。

ぜひ、ご一読ください。