殺人を正当化するために用いられるカルト用語

作者 雪村穂高

31

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

カルト的な思想に憑りつかれて殺人を犯した死刑囚とその刑務官が死刑の直前に短い対話をする話です。

最初は死刑囚がいかに異常な発想でたくさんの人間を死に至らしめたのかを嘲笑おうとする刑務官ですが、話をしているうちに自分の常識が揺らいでくるのです。

刑務官の意識や言動は、多少嗜虐的ではあるものの読者の代弁ともいえる社会的常識に立ったものなのですが、最後まで読むと気づかないうちにその常識を足元からすくわれていたような、ドキリとした終焉を迎えます。

短い文章量で重いテーマを描き切った見事な一編だと思います。