第30話 食事

 二次元と三次元。

 二次元でも文章と絵。


 これらは、同じものを表現するにしても使う道具も言葉も鑑賞者(読者、観客など)も全く違う。

 例えば、二次元の漫画的表現を現実世界で持ち込めば気味悪く感じる。

――汚く食べていて食欲が落ちる

――精神異常者ではないか?

 などなど。

(まあ、これに私も苦しめられるのですが)


 食事シーンが上手い俳優さんや作家を見ると「すごいなぁ」と思う。


 以前書いた『WONDERFUL WONDER WORLD』でも、飲食シーンが多かった。

 少し脱線するが、この話の中で『ザッハトルテ』(または、『ザッハートルテ』)が重要アイテムで登場する。

 最初のうちは「なんか、ウィーンってロマンチックな街だよね。そうだ、そこの名物お菓子を出しちゃえ」的な発想。

 が、図書館の洋菓子の本を見ても『ザッハトルテ』のレシピがない。

 すでに書き出した状態で、後戻りできない状態。

「何で? 何でないの!?」

 そこでウィキペディアで検索してわかったこと。

『ザッハトルテ』ってウィーンの名門ホテル『ザッハ』のオリジナルケーキ。

 どうも、門外不出らしく、今は『ザッハトルテ』は他の洋菓子屋さんでも見かけるが、これは正確には「チョコレートのトルテ」なんだそうだ。

(曖昧な記憶)

 だから、自分の中で「ビアンカ(ヒロインの一人)のお母さんはホテルザッハのパティシエ」などと無理やり納得させて書いた。


 調べ物をちゃんとしないと、後々大変な目に合う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます