51、フォモール族滅亡後日談(その一)

 フォモール族侵攻によって、ライアナ北部は相当の被害に遭った。

 建物に関してはほぼ建て直しの必要があり、瓦礫撤去も含めて短期での復旧は見込めそうもない。壊滅状態、そう表現するしかないほど酷い有様であった。


 また人的被害は更に大きく、ライアナ軍三十五万のうち残ったのは三万未満であり、住民の被害も死傷者五万人を越えた。フォモール族侵攻前は百五十万に届きそうだった人口が百二十万程度までおよそ二週間弱で減少したのである。孤児の数も一万人近くに上り、今回の件で生じた被害の大きさをうかがわせる。


 サロモン王国がちょうどフラキアおよびカリネリアの児童教育と児童福祉に力を注ごうとしていた時期でもあり、サロモン王国、フラキア、カリネリアの出資で、ライアナの孤児を受け入れ可能な規模の入寮施設を伴った大規模な学校がフラキアに建設されることになった。人間、亜人、魔族関係なく読み書きと計算を教える。


 ちなみに、この学校の校長にはフラキア自治領主三女カエラが若くして就任する予定であり、現在サロモン王国教育関係担当ブリジッタの下で研修中である。


 ”当分結婚はいいわ。それよりサラ様のような格好いい女性になりたい”とカエラは勉強中である。ファアルド領主と母のアリアにはカエラの将来に多少の心配はあったが、前向きで元気なカエラの様子を微笑ましく見守っている。


 これによりライアナの福祉関係への支出が大きく減り、ライアナ北部地区と軍備の再建に力を注ぐことができた。


 ライアナ国王オレジノは長女カリンをゼギアスの側室にどうだろうとフラキア領主ファアルドに相談したが、ミズラからゼギアスの様子を聞いて”今は多分受け入れられないだろう”と返答された。だが、サロモン王国およびその友好国とのパイプを深めたいオレジノは、先に長男ケネスを勉強目的でサロモン王国へ送り出した。


 ”こき使って下さい”と言われ預かったものの、一国の王子を安易にこき使うわけにもいかないので、どこで勉強させようかと悩んでいた。ゼギアスはふと、オルダーンのクラウディオから”オルダーンも人口が五万人近くになり財務関係で人が足りない”と言われていたことを思い出す。


 シモーナをオルダーンに戻すのが最も良いのだが、彼女に離れられるとサロモン王国が困る。現在のように複数の地区で復興を行ってるとラニエロの負担がとても大きく、建国当初から財務だけでなく経済関係の事務も手伝って、ラニエロの負担を減らしているシモーナは他には代えられない人材だ。


 そこでケネスをクラウディオに預け、一時的にクラウディオの負担を軽くしつつ、他の人材を育成しようと計画した。商業国のライアナで育ったケネスは数字に強く、クラウディオの助けになると考えたのだ。ゼギアスの目論見はうまく行き、クラウディオの負担は軽くなり、現場の人間から事務に向きそうな者……狐人族のアルクーニ……をケネスに預け教育もしてもらっている。


 オルダーンでケネスは、警備担当のアンヌに一目惚れする。

 アンヌの方が三歳ほど年上だが、その程度は問題ないのである。

 だが、アンヌはゼギアス一筋で来た女性で、ケネスの誘いになかなか頷いてはくれない。


 でもケネスって賢くて良い奴なのよ。特に素直で根性があるところが俺は気に入っている。


 だが実際のところ、アンヌはケネスのことを落ち着いて見られないほどとても忙しかった。


 ジラールの復興作業で人の往来が増え、更に、オルダーンの特産物……年々取扱種類も数も増えている。取り引きのため商人の出入りや商品の配送も頻繁であり、以前のサロモン王国の入り口役のオルダーンと異なり、オルダーン単独の用件での人の出入りが増えたのでアンヌの仕事も相当増えたのである。


 だが、ケネスがアンヌに一目惚れしたのも、その噂を聞いたゼギアスにはよく判る。


 もともとエキゾチックな野性味を感じさせる美女のアンヌは、サロモン王国で統一した制服を纏ってるのだが、これが抜群に似合うのだ。ちなみにデザインはゼギアスが地球から複製してきたコスプレ画像からエロ格好いいタイプのモノをゼギアスが強権発動して選んだ。黒が基調の中世騎士風で、ゼギアス曰く、”男はどうでもいいが、女はこれじゃなきゃダメ”と、誰からの反対も聞かずに女性用軍服と制服は決まった。


 うん、やっぱエロくなきゃダメだよね。


 男の方も”光沢のないシルバーのロングジャケットに似合えば中はさほど拘らない”というゼギアスの我儘に合わせた黒の軍服が決まったがマフィアにしか見えない。だが世間では……サロモン王国だけかもしれないが……意外と好評なので、こちらは反対意見は少ない。


 繰り返すが、このエロ格好いい制服が、アンヌにはとにかく似合うのだ。

 あの制服着たアンヌのブラウンの瞳に見つめられたらドキッとするよね。

 だからアンヌに惚れたケネスの気持ちもよく判るんだ。


 今のところ、アンヌ脈なしなんだがケネスを俺は応援する。


 アンヌの仕事量も減らしてやる!

 押せ押せケネス!

 頑張れケネス!

 俺は君の味方だ!!

 ……ただ今後も仕事はきっちりやってくれ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます