図書館暮らし。

作者 狐塚メゾン

色彩にあふれ、それでいて透明感のある童話

  • ★★★ Excellent!!!

矛盾しているようですが読めばわかります。
ホンノムシがお話の中心なのですがその正体は明かされぬまま。
ニンゲンでないことは確か。
でもそれでいいのです。
ファッションには興味ビシバシだが料理には全く関心がないミズウミは、ニンゲンっぽい。
ミズウミに振り回されうんざりするシイノキもニンゲンっぽい。

そしてラストは図書館の存在意義と、このお話を読むすべての人に希望と応援を送るようなシーン。

ぜひ、最終話まで読んでみてください。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

波里久さんの他のおすすめレビュー 276